2018年8月31日金曜日

Greek Full Custom V-Type

@ greek.fcがシェアした投稿 -

先日のブログにて、チラっと「カリフォルニアへ行く」と書かせて頂きましたが、10月後半にお休みを頂き、カリフォルニアに行く予定でおります。航空会社のマイレージが、北米往復航空券ゲットまで残り1万数千マイルになったため、行ってしまうことに致しました。

とりあえず行く旨を伝えてあるのは、今のところダベンポート・サーフボードのアダムさんとグリーク・フルカスタムのニックさん。「向こうで使う板を何とかしなければ」と思い、アダムさんにはTatsuo specialをお願いし。ニックさんにはニックさんがテストしていたV-Typeを譲って頂くことにしたのです。

今回譲って頂くGreek Full Custom V-Typeのディメンションは、6'10" x 22 x 2 5/8。上に貼らせて頂いた写真でも分かるようにテイルエリアには強烈なVが施され、ノーズ側ボトムには激しいコンベックスボトムが形成されています。「Vボトム乗ったことあるのか?この板は、かなり激しくターンするぞ。大丈夫か?」と、ニックさんに心配されるほど強烈な板のため、一瞬「無理かも・・・」とも思ってしまいましたが、波のサイズが上がった場合には、覚悟を決めてカリフォルニアのリーフブレイクで使用してみたいと思っております。

2018年8月29日水曜日

昨日

Davenport surfboard The Thing

昨日は、南寄りの風が吹く予想となっていたため、真っ直ぐ茨城鹿嶋方面へ向かったのですが、鹿嶋に到着してみると北東風がビュービュー吹いており、面がガタガタの状況。「北東風であれば、千葉北へ行くしかない」と判断し、すぐに千葉北へ・・・。

千葉北でも、やはり北東風が吹いており、向かったポイントでは茨城とは逆のオフショア。面がザワついている位で、やってやれなくもない感じ。とりあえずダベンポート・The Thingを手に入水致しました。波のサイズは膝位。じーっと待っていると、膝サイズのセットが入ってきます。

上に貼らせて頂いた写真に写る板が、The Thingなのですが、スモールコンディションでも存分に楽しめるようにデザインされており、力のない膝波でもテイクオフの滑り出しが早く安定感もあり、グイグイ走ってくれました。

「小波専用なのか?」というと、小波だけではなくサイズのある波でも存分に楽しむことが出来てしまいます。

全体的に幅があり、特にテイル幅は10インチ位あります。「そんなんで曲がるのか?」とか「レイルの切り替えが出来るのか?」と思われる方が殆どかと思いますが、テイルボトムエリアに施された"Vee"によって、至って軽くレイルの切り替え、ターンが出来てしまうのです。

こちらの板は、試乗用となっておりますので、試乗会などで乗って頂くことが可能です。ぜひ、The Thingを体感して頂ければと思っております。

2018年8月27日月曜日

明日は定休日

明日は火曜日ということで、シースワローの定休日になります。「さて何処へ行きましょう」と思い、風予測などをチェックしてみたところ、南寄りの風が吹く予想となっており、南寄りの風でオフショアとなる、鹿嶋辺りを攻めてみようかと考えています。

スモールコンディションかと思われますので、自分で乗るために持っていく板は、ダベンポート・The Thingのみ。シースワローと関わりのある方達に会うため、10月にカリフォルニアへ行く予定でおりますので、いつも以上にリーシュに頼らず、板を流さない丁寧なサーフィンを心掛けたいと思っています。

カリフォルニアでサーフィンしたことがない方達には信じられないことかも知れませんが、カリフォルニアでは、トラディショナルロングボードに乗っておられる殆どの方が、どんなコンディションでもリーシュを付けません。リーシュを付ける為のリーシュバンプやブリッジなどが、最初から付いていなかったりします。

リーシュを付けなければ、当然ワイプアウトした際には板が流されてしまいますので、泳いだり、ボディーサーフィンで流された板を取りに行くサーファーの姿をよく見ることが出来ます。

現在、ダベンポート・サーフボードにオーダーしているTastuo specialの完成が間に合えば、ロサンゼルス到着後すぐにベンチュラに向かって板を引き取り、早速、ノーリーシュで使いたいと思っているのです。

2018年8月26日日曜日

AXXE Classic



今日も宇都宮は相変わらず最高気温が37℃にもなり、午前中、貸倉庫にて片付けを行っていたところ、わずか数十分でTシャツがビシャビシャになってしまいました・・・。

連日猛暑が続いているからか、アックスクラシック・オーダーキャンペーン中では御座いますが、今年は冬に向けたウェットスーツをオーダーされる方の出足が遅い気がしております。

キャンペーン第一弾は9月17日までで、今年から新たにラインナップに加わった新素材"プレミアムブラック"が数量限定となっておりますので「プレミアムブラック気になる!」といった方がいらっしゃいましたら、お得なキャンペーン期間中にオーダーをご検討されることをお勧め致します。

因みに納期は、10月下旬〜11月上旬位になります。

オンラインカタログは、こちら↓


プレミアムブラックは、生地が伸縮することによって熱を発する"伸張発熱効果"があり、動けば動くほどに暖かい新素材。サンプル、自分用にロングチェストジップのプレミアムブラックを既にオーダーしており、冬が楽しみな今日この頃で御座います。

2018年8月25日土曜日

2018年8月22日水曜日

昨日、一昨日

 一昨日


昨日

昨日、一昨日は定休日ということで、千葉方面に行ったついでに波乗りして参りました。

月曜日は、茨城辺りでは北東風が強目に入る予想だったため、北東風がオフショアとなる千葉北へ向かいました。向かったポイントでは台風からのウネリが入っており、波のサイズは頭前後。時折、ダブル近いお化けセットが入ってきていましたが、未だクローズしておらず、何とか出来る状況。

今回は、ロング2本とフィッシュ1本のリペアボードを車内に積んで行かなければならず、自分で使用するために積んだ板は、マレン・メダカフィッシュ1本のみ。そんな訳で、マレン・メダカフィッシュを手に入水致しました。

因みにデモ用、自分用で使用しているメダカフィッシュのディメンションは、5'8" x 20 1/2 x 2 1/2。全体的にボリュームがあり、長さの割にはパドルが苦にならず、それでいてオーバーフロー感もなく、しっかりとした乗り味。

セット間短く、なかなかアウトに出られそうもなかったので、慌てず焦らずじっくり観察し「今だ!」って時にパドルアウト。何回かドルフィンスルーしただけで、意外とハマることなくアウトに出ることが出来ました。

いつものラインナップよりも、かなりアウトで波が割れており、堤防に当たった波が横へシフトして波がヨレたり、バックウォッシュが入ったりなど、なかなかポジション定まらず、波を観察したり、入っているサーファーを観察したり等しばらく様子見していたところ、ベストポジションを発見。

一本目、レギュラーの大きめの波に乗ろうとして、板に手を着いたら右手が滑り、立ち上がることに失敗してしまったのですが、うつ伏せ状態のまますかさず波のフェイスにレイルを入れて、もう一度体勢を立て直し、なんとか立ち上がってからは、凄まじいスピードでメダカフィッシュが走ってくれました。

その後、3本ほど乗った後、一旦マーササーフボードさんへリペアボードを搬入してから、波のサイズが下がるポイントに移動。結局、午後6時くらいまで入水し、その日は近くの宿に宿泊。

今回は、いつも以上にメダカを振り回してみたのですが(振り回せていないかもですが・・・)、マニューバリティも凄く良く、現在、僕にとってのマジックボードとなっております。試乗会などで試乗可能ですので、ぜひ体感してみて下さいませ。

そして昨日は、朝のうち北西の風の予想だったため、いつものポイント茨城大貫4Beacheさんに向かい、朝のうちだけ入水して、ひたちなかのコストコに寄って帰路についた次第です。

コストコにはスポンジボード目当てで行ったのですが、夏だけの取り扱いのようで「すでに売り切れ」とのこと・・・。スクールに向けて、他メーカーのスポンジボードを2本ほど用意出来ればと思っております。

2018年8月19日日曜日

明日、明後日は定休日

今日の午前中、店から2kmほど離れた貸し倉庫を往復し、試乗用の板やイベントテント、サーフボード発送用ダンボールなどの移動、片付けを行っていたのですが、倉庫〜店を往復している最中に救急車2台に遭遇。その他にも頻繁に救急車のサイレンが聞こえたり、昨日は、事故現場に遭遇したりなど「皆さん遊び疲れているのかな?」なんて思ってしまいました。

夏季休暇最終日といった方も沢山いらっしゃるかと思いますが、お車の運転などお気を付け下さいませ。

皆さまが働き出す明日、シースワローでは月曜日、火曜日と定休日になります。定休日といっても、あちこち走り回らなければならず、明日は千葉方面を回り、明後日は茨城方面にて買い物を済ませたいと思っております。

「何を買うのか?」と申しますと、ひたちなかにあるコストコへ行き、スポンジボードを2本購入したいのです。
「何故に今更スポンジボード?」と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、先週の試乗会時に友人娘(高校生)にサーフィンを教えたところ、友人娘の同級生も「サーフィンやってみたい!」となったそうで、来月より高校生を対象にスクールを開催することにしたからなのです。

現在、色んなレーベルからスポンジボードが発売されており、シースワローでも取り寄せる事は可能なのですが、価格面ではコストコボードに敵わず、コストコの年会費を払って購入したとしても、かなり割安ですし、スクール用ということもあり「これで十分」と判断致しました。

ここ宇都宮からCT選手やオリンピック選手、ダクトテープに招待されるようなロガーなど排出できればと思っちゃたりしています。

2018年8月17日金曜日

Fin Box



本日は、ここのところリペアに持ち込まれる頻度が高い、フィンボックス関連についてで御座います。

全てマーサーフボードさんに持ち込み、リペアして頂いており「ボックス前部、ボックス後部のグラスにヒビが入ってしまった」とか「ボックスとフォームの間に隙間が空いた」、「フィンを動かすとボックスが動いている気がする」といった内容。

グラスにヒビが入っている位でしたら、ヒビが見えなくなるまでヒビ箇所を削ってから、ガラスクロス、レジンでリペア出来るのですが、フィンボックスとフォーム間やボックスとレジン間に隙間が空いてしまったり、フィンボックスが僅かに動いたりしてしまう場合には、フィンボックスの交換が必要になってしまいます。

「何故にこういったことが起きるのか?」というと、ビーチブレイクの場合、インサイドまで乗ってしまうことによって、フィンが砂に乗り上げ、フィンボックスに負荷が掛かるから。

たった一回乗り上げただけでも、衝撃の度合いによってはフィンボックスがフォームから剥がれてしまうこともありますので「フィンが底に擦ってしまうほど浅いインサイドまで乗らない」といったことがフィンボックストラブルの予防になるかと思います。

シースワローでは、ダベンポート・サーフボードをフィンボックス仕様でオーダーする際には、リーシュのためにフィンボックスに穴を開ける”ドリルスルー”ではなく、レジンブリッジ仕様にして頂いております。

重さのある板のフィンボックスをドリルスルーにしてリーシュを使用した場合、板を流す度にフィンボックスに負荷が掛かり、いずれフィンボックスがガタつくなどのトラブルの原因になるからなのです。

2018年8月15日水曜日

日曜〜火曜


 12日


 13日

14日

まだまだ夏季休暇中の方が殆どかと思われますが、シースワローは本日より通常営業しております。

12日は実店舗をお休みさせて頂き、午前8時から午後4時位まで大貫4Beacheさんにて試乗会&スクールを開催。
試乗会開始前に軽く入水した時には波のサイズ胸前後で、ほぼ無風。「試乗会にもってこいだ」なんて思っていたのですが、次第に北東風が強くなり、面がガタつく始末。それでも試乗頂いた方が、以前にも増して多くいらっしゃり、大変ありがたい気持ちになりました。

定休日の一昨日は、午前中に墓参りを済ませてから茨城大貫4Beacheさんへ向かい、陽が暮れるまで波乗り。
海水浴客、サーファー達が帰路についてからは、いつもの顔ぶれのみで貸切状態でした。

そして昨日は、再び茨城大貫4Beacheさんへ向かい、朝から日暮れまで波乗り。
セット間が長くなりましたが、セットの波は胸位のサイズをキープし、なかなかのコンディション。
朝のうちマレン・メダカフィッシュを使用し、午後〜日暮れまでダベンポート・エルカデオを使用。

朝から午後4時位まで、海水浴場ではない場所にも関わらず、インサイドには海水浴客が入水しており、それに加え、立って波を待っている初心者の方がビッシリいらっしゃり、かなり緊張を強いられる波乗りだったため、正直「楽しい」といった気持ちにはなれなかったのですが、海水浴客、初心者の方々がいなくなってからは、なかなか楽しめました。

夕方、人が少なくなる頃を見計らって入水したからか、ダベンポート・エルカデオで何本かの良い波に乗ることが出来たのです。

因みに日曜日は、朝一にマレン・メダカフィッシュを使用。月曜日は、ダベンポート・エルカデオとThe Pigを使用致しました。

次回の試乗会は、9月17日を予定しております。

2018年8月11日土曜日

明日から3連休



明日12日(日)は、いつもの茨城大貫4Beacheさんにて試乗会を開催致します。コンディション整ってくれそうな予感。

持っていく板は、ダベンポート・The Pig、The Thing、エルカデオ、マレン・メダカフィッシュ、エンジョイ・ハンドプレーン。

シースワローを立ち上げてから、ずっとお付き合いさせて頂いているレーベルのみ。原点回帰といった感じで御座います。

お気軽に乗りにいらして下さいませ。

2018年8月10日金曜日

首を傾げたことPart 2

明日は山の日ということで、明日からお盆休みに入られる方が殆どかと思います。シースワローでは、12日日曜日が試乗会のためお休み、13日、14日は通常通りの定休日となります。12日、13日、14日以外は、通常営業致しますので、お気軽にお立ち寄り下さいませ。

さて本日も昨日に引き続き、首を傾げてしまった出来事について書かせて頂きたいと思います。ピーター関連ネタは、気分を害される方もいらっしゃるかと思いますので、本日を持ちまして一切紹介しないことをお約束致します。

今年に入り、ピーター・サーフボードのオーダーが、なかなか入らなくなってしまっていたのですが、夏前、確か5月ごろだったかと思います。ピーターから「日本でサーフボードが売れる時期は何時だ?」との電話が突然有り「夏前が一番売れる時期です」と答えたところ「50's Pigを2本くらいストックしろ」、「今から作れば夏に間に合う」とのこと・・・。

お金をすぐに用意出来ないことと、デモ用の50's Pig2本を店内に展示し、お客様にお見せ出来る状態であることを話していた時「じゃあ、フィッシュは?」と横から奥様の声が聞こえ、その後に「フィッシュはマレンを扱っている」とピーターの声。

お取り扱いを始めるにあたり、話しを聞いた時には「俺は、一人一人に合わせたカスタムオーダーだけやる」と話していたにも関わらず「ストックを2本オーダーしろ」などの要求に首を傾げ「お金が入れば何でもいいのか?」なんて思ってしまい、ちょっと不信感を持ち始めたのがこの辺り。

確か、その電話の時だったと思います。
「今、マイクに贈るバルサピッグのための寄付をマイクの友人が募っている」、「1人20ドルの寄付で、ルアウの時にバルサピッグをマイクに渡したい」とも話しており、「喉から手が出るほど欲しくても、オーダー出来ない人が沢山いるけどね・・・」などど思いながら、再び首を傾げはしたものの、マイクさんがバルサピッグをどのように扱うのか興味を持ち、ピーターへ20ドルを送金しました。

そして数週間後、数名の波乗り仲間の方やお客様から「ピーターからDM来たのですが、何ですかこれ?」、「詐欺的なものですかね?」と、僕へ連絡が・・・。DMの内容を僕に転送してもらって確認したところ「マイクにバルサピッグを贈るために1人20ドルの寄付を募っている」といった内容。

関係者だけでなく、一般ユーザーの方からも寄付を募ることに更に首を傾げ、以前抱いた気持ちと全く同じ気持ちになってしまったのです。

結局、バルサピッグ代(定価)、送料+梱包料が集まり、ルアウが開催されたサンオノフレでマイクさんの仲間達によってマイクさんにバルサピッグが贈呈された訳ですが、多分、日本からも寄付があったことなど、マイクさん本人は全く知らないかと思います。

また、ピーターからも寄付受け取り、御礼などの連絡は何方にも無かったようで、僕も寄付をされた一般ユーザーの方も「何だったんだ・・・」と、首を傾げました。

他にも「え!?なんで?」といったことが沢山あったピーターとの取り引き。冷静になって考えてみると、取り扱いを辞めることによって、余計な心配事が無くなり、僕としては結果オーライのような気がしております。

最後に、ここのところピッグ教による布教活動が盛んに行われているようで、シースワローのお客様より「信者による熾烈な勧誘活動が行われている」との情報をキャッチ致しました。中でもピッグ教から枝分かれしたピーター教の勧誘活動が激化しているようで御座います。(たぶんピーターから信者への指示)

興味本位で近づくと酷い目に合うかも知れませんので、お気を付け下さいませ。

シースワローを通じてピーター・サーフボードをオーダー頂いた方々には、心から感謝しております。本当にありがとう御座いました。

2018年8月9日木曜日

首を傾げたことPart 1

今日、台風13号が太平洋沿岸を通過しているようですが、ここ宇都宮では、風が強い位で大して雨も降らず、あまり影響が無かったようで御座います。今の所、大きな災害も発生していないようで一安心。明後日の土曜日辺りには、コンディション整うのではないでしょうか?

さて本日は、昨日に続き再びピーター・サーフボード関連で御座います。もう扱っておりませんが、多分、来月10日以降にはピーターが気になる方が、更に出てくるかと思われますので、お取引き中に僕やサーフアピッグジャパンの方々、シースワローのお客様などが、首を傾げてしまった出来事を少々紹介させて頂きます。

多分、皆様がピーター・サーフボードを知ったのは、シースワロー・ブログやインスタグラムの他、Vivaさんのブログやインスタグラムからが殆どかと思われます。そのVivaさんとは元々波乗り仲間で、シースワローをご利用頂いたり、色々とアドバイスを頂いたりなど、大変お世話になっております。

Vivaさんと親交のあるサーフアピッグのマイク・ブラック氏が、ピーター・50's Pigに乗るようになり、当然Vivaさんも興味を持たれた訳ですが、突然ピーターから連絡が有り「これは、お前の50's Pigのブランクだ」とのメッセージと共にブランクの写真が送られてきたそうです。

オーダーした覚えは無く「お前はピーター・サーフボードのライダーだ」とのことで「もしかしたら、無償提供してくれるのか」と思っていたら、出来上がってから発送の段階で、しっかり定価にエクストラチャージも含めて請求される事に・・・。「マイクが使っている板だから」と自分を納得させ、全額支払いを済ませて日本に入ってきたのがVivaさんの50's Pigなのです。

製作段階からVivaさんからお話を伺っており「こんなんでいいのか?」と首を傾げたのが昨年の春。

その後、代理店としてお客様からオーダーを承り、お客様のオーダーでは首を傾げる事は無かったのですが、冬に再びピーターから「これは、お前のバルサブランクだ」、「これから作るバルサピッグ1号は、お前の板だ」とのことでVivaさんに写真付きのメッセージが・・・。

このバルサも勿論オーダーした覚えは無く、再び定価での請求。「カリフォルニアのバルサボードよりは安い」と自分を納得させ、Vivaさんが全額支払いを済ませた後、僕がボランティアで輸入のお手伝い。再び「なんだこれ?」と首を傾げてしまいましたが、板を渡した時の嬉しそうな表情を見て「問題ないのかも」と僕も自分自信を納得させました。

明日は、首を傾げたことPart 2を紹介させて頂きたいと思います。更にエグいです。

2018年8月8日水曜日

昨日

昨日は定休日ということで、波乗りやらマーサーフボードさんへ行って参りました。

波乗りに向かったのは、オフショアになりそうな千葉北。
台風からのウネリをかわし、波のサイズはセットで肩位。
風は、クロスオフが強く吹いておりました。

朝6時30分位にマレン・メダカフィッシュにて入水したのですが、波乗り出来るポイントが限られてしまっているからか、既に混雑してしまっており、ラインナップでは、かなりの割合で知っている方々にお会いする事に・・・。

あまりの混雑具合に早々に海から上がり、久しぶりに再会した方達や、いつもシースワローをご利用頂いている方々と談笑。その後、海に入る事なくマーサーフボードさんへ向かい、リペア依頼していた板をシースワロー号に満載して帰路についた次第です。

話は少々変わります。既にご存知の方も沢山いらっしゃることと思いますが、急遽、ピーター・サーフボードのお取り扱いを辞める事に致しました。すでに過去のブログなども削除し、シースワロー・オンラインストアからも削除しております。

先日、usedピーター・50's ピッグを紹介させて頂いたブログ(既に削除してしまっております)に書かせて頂きましたが、何故に辞めたのかと申しますと、昨年、50’sピッグで怪我をしてから「使用するコンディションが、かなり限られてしまう50's ピッグを販売するのは如何なものか」といった想いを持っていたのと、ピーター自ら日本語で直接オーダーを取り始まったからなのです。

何本も板を持っておられる方や比較的コンディションが整うポイントに行かれる方の場合には、一本持っていても損はないかと思いますが「ほぼロッカーの無い板でオールラウンドに波乗りを楽しめるのか?」となると、楽しめる波は限られてしまいます。(オーダーを頂いた際には、刺さり易い旨をお話しさせて頂いておりました)

僕が50'sピッグで怪我をしたのは、オンショアによって面がガタついてしまっていた時で、ノーズを上げることを意識しながらテイクオフしたのですが、ガタガタな面にノーズが潜ってしまってワイプアウトした後、ノーズが沈んだ反動で板が飛び、その板が頭に落ちて目の前が真っ赤になったのです。

「日本からも問い合わせが沢山ある」とピーターは話していますが、話題性だけで飛びついて「さっぱり使う機会が無い」、「乗れない」なんて事にならないよう、もし気になっている方がいらっしゃいましたら、十分ご検討下さいませ。

2018年8月6日月曜日

Congrats!


今朝、カリフォルニア・ハンティントンビーチで開催されていたUSオープンが気になり、WSLウェブをチェックしてみたところ、偶然、ファイナルが始まったばかりで、ファイナルが終わるまでライブ映像を観てしまいました。

既にご存知の方も沢山いらっしゃることと思いますが、昨年に続き、今年もカノア・五十嵐選手が優勝したのです。

波数が少なく、難しいコンディションの中、ポイントをリードされていたにも関わらず、ヒート残り数分に入ってきた波に乗り、見事逆転。インサイドでエアーが決まった時には、全身に鳥肌が立ってしまいました。

ここのところ、東京オリンピックを控え、日本のサーフシーンが益々盛り上がってきている予感がしております。実際、シースワロー辺りでも「何やら盛り上がってきているのでは?」といったことが感じられる今日この頃。若い方々の来店や、サーフィンを始める方が、徐々に増えている状況です。

話は変わりますが、明日は火曜日ということで千葉方面にて用を足して参ります。波乗り出来る状況であれば、少しだけでも入水してきたいと思っております。

2018年8月4日土曜日

今更では御座いますが・・・


今日と明日、宇都宮では”ふるさと宮まつり”が開催されます。

シースワロー周辺道路は、午後4時ごろより混雑が予想されます。

お車でお越しの際は、覚悟の上お気を付けていらして下さいませ。

2018年8月3日金曜日

完売御礼

Tatsuo Special


Stepdeck

昨日紹介させて頂いたピーター・50's Pig2本は、オンラインストアへアップする前に、あっさり売れてしまいましたので、昨日からデモボード兼自分用の板の選定に入りました。候補は、上に貼らせて頂いたダベンポートの2モデル。

そして先ほど、オーダーする板が決定。
やはり、あの乗り味が忘れられないので、今回はクラシックウェイトブランクにトップ8oz + 6oz、ボトム8ozのボランクロスをラミネートして頂き、ノーズコンケイブ無しの若干軽い9'6" Tatsuo Specialをオーダーすることに致しました。

「何?Tatsuo Specialって?」と思われた方もいらっしゃることと思いますが、Tatsuo Specialはフォトグラファー竹井 達男氏のシグネチャーモデルです。

竹井 達男氏は、ダベンポートチームと親交が有り、ダベンポート・サーフボードのテストパイロットでもあるので御座います。もちろん普段乗っておられるサーフボードは、ダベンポート・サーフボードなのです。

2018年8月1日水曜日

昨日



昨日は定休日ということで、日が沈むまで茨城大貫4Beacheさんにて、のんびりしておりました。

朝のうち、風が弱そうな気がしたため、午前3時に起床して海へ・・・。5時30分くらいには既に入水していたかと思います。

「昨日よりサイズ落ちているだろうな」なんて思っていたので、ダベンポート・The Thingも積んでいったのですが、逆にサイズ上がったようで、肩〜頭くらい。たまに切れ目のある波もあり、なかなかのコンディション。マレン・メダカフィッシュにて入水致しました。

朝のうち、セット間隔があまり長くなく、まあまあ波数があり、沖に出るだけで少々息切れ・・・。また、他ができないからなのか、ショートボーダーの方達が多く、熾烈な波取り合戦に加わらなければ、波に乗れないような状況・・・。一番苦手な状況です。

こういった状況では、皆さんセットの最初の波にフォーカスして乗っていくので、セットの後の方の良さげな波に狙いを定め、細かくポジション調整を行い、何本か良い波に乗ることが出来ました。

昼前と夕方にもマレン・メダカフィッシュにて入水したのですが、南東の風が強めに吹いてしまい、面ガタガタ。流れも入り、なかなかポジションキープできず、ちょっと難しかったです。

そして昨日、熾烈な波取り合戦の最中、ふと思ったことが・・・。
「こんな状況の時には、ミッドレングスの方が楽しめる」と思ってしまったのです。

シースワローでは、よくミッドレングスをお勧めしておりますが、本当にどんな状況でも楽しめると思うのです。(アウトラインにもよります)パドルが楽で、テイクオフが早く、その上マニューバリティも優れ、取り回し易く扱い易いミッドレングス。最強だと思います。現在、ストック分としてオーダーしているドリフトウッドキャラバン・7'2" MR. STYLEが出来上がってきたら、デモ用に下ろしてしまおうかと思っている今日この頃です。