2020年12月28日月曜日

年末年始

 
7'4" x 21 1/2 x 2 7/8

昨日、年内納品しなければいけない板の作業が全て終わり、残る作業は店内清掃のみとなりました。(上に貼らせて頂いた板は,先日、納品させて頂いたカスタムオーダー7'4" Hawk 2)。

年末年始の営業は
12月29日が定休日
12月30日通常営業
12月31日から1月3日までお休み
1月4日から通常営業開始致します。

今年も残り少なくなって参りましたので、少々ご挨拶を・・・
昨年よりサーフボードの製作を本格的に再開し、今年に入ってからお客様よりカスタムオーダー頂けるようになって参りました。

毎月、お客様からカスタムオーダーを頂いていたことによって、昨年よりもクオリティーを上げることが出来、又より一層スキルを磨くことが出来たように思います。

まだまだ未熟なのにも関わらず、カスタムオーダー頂いた方々には心より感謝しております。
貴重な経験をさせて頂き、ありがとう御座いました。
現状に満足せず、来年は更なるクオリティ向上を目標に精進して参ります。

良いお年をお迎え下さいませ。

2020年12月20日日曜日

2020年12月18日金曜日

Surfing



先日の月曜日と火曜日両日、いつもの茨城大貫へ波乗りに行って参りました。

月曜日、波のサイズはコシ〜ハラ位。
風は、北風が強く、面が乱れている状況。
テストの為、自作6’6”シングルフィンセミガンにて入水です。
が、何本かの波にテイクオフするも、繋がり気味の波ばかりでろくに乗れないまま、一旦海から上がって自作6’1”スラスターに板を替え、再び入水。
あまりの寒さに結局1時間半ほどで海から上がりました。

そして火曜日は、前日からドライアイ悪化により充血していた左目の充血が更に酷くなり、日の出前に大貫に着いたものの、目薬をさして様子見。
10時前後くらいに充血が落ち着いてきたので、自作6'6"シングルフィンセミガンにて入水致しました。

波の方は、前日よりもサイズが下がってモモ〜コシ位で風が弱かったこともあり、なかなかのグッドコンディション。細く薄い板でも十分に板を走らせることが出来ました。

昼ごろ一旦海から上がり、午後からは自作6’1”スラスターにて入水です。
サーファーの数がだいぶ減って、ほぼ貸切状態だったのですが、小さく力のない波になかなか乗ることが出来ず、少々苦戦。
波が押してくれない為、立ち上がる際に前足が前に出ない・・・。
2時間ほど奮闘したのち、海から上がりました。

今まで、スモールコンディションの時にはロングボードしか使っていなかったので、短い板では立ち上がることすら出来なくなってしまっておりました。
しかし、ここのところ小波でも短い板のテストを行っており、以前に比べたら乗れるようにはなってきている気が致します。

全神経を足裏に集中させ、板を感じたいと思っております。

2020年12月9日水曜日

Test ride

 

昨日は定休日だった為、出来上がった板のテストに行って参りました。
テストした板は、完成したばかりの6'6" Single fin semi gunです。

いつもの茨城大貫に着いたのは日の出前。
少し明るくなるまで待機した後、入水致しました。
波のサイズは、腰あるかないかのスモールコンディションで、風が弱く面が整った状況。

朝のうち繋がり気味の波が多く、テイクオフしか出来ないような状態だったのですが、潮の変化と共に切れている波も現れ、レギュラー、グーフィー共テストライドすることが出来ました。

こちらの板は、ダブル前後の波での使用を想定して製作しており、幅が20 1/2インチ、厚みが2 3/8インチでテイルエリアは細く、全体的に無駄な贅肉を削ぎ落としています。
その為、長さが6'6"でも波待ちでは自分のヘソの上くらいに水面がある状態。

「果たして小波で乗れるのだろうか」と、思っていたのですが、全体的に細身の割りにテイクオフが早く、しっかり走ってくれて、動きも軽快。
サイズのある波での使用が楽しみで仕方なくなってしまいました。

波予測をチェックしてみたところ、来週の定休日にはもしかすると波のサイズが上がるかもしれませんので、再びテスト出来ればと思っております。

2020年12月6日日曜日

製作中

 
7'4" x 21 1/2" x 2 7/8

先週火曜日、茨城大貫へ波乗りへ行ってきたのですが、そろそろブーツの出番のようです。
茨城の海も水温が下がって参りました。
冬支度はお済みでしょうか? 
僕は、次の火曜日からフル装備で入水するつもりです。

そして先週は、お客様からカスタムオーダー頂いているミッドレングスの製作に取り掛かりました。
既にシェイプを終えており、一昨日からグラスワークに取り掛かっております。

今回は、お客様の希望によりシングルフィンではなく、2+1のフィンセットアップ。
「ロングボードしか乗ったことがない」、「楽しみでもあるけれど、短い板に乗れるかどうかといった不安もある」とのことで、全体的に若干ボリューム多めでシェイプしてみました。

話は変わりますが、11月23日、茨城大貫4Beacheさんにて試乗会を開催させて頂き、Rondine surfboardsに興味を持たれた方がいらっしゃるようで、デモボードの購入やカスタムオーダーを検討されておられる方がちらほら。

今のところ、近隣、近郊の方で、実際に見て触って頂いたり、乗ってみて頂いた方からのオーダーのみ承っておりますので、興味のある方がいらっしゃいましたら、お気軽にご来店頂き、板をチェックして頂ければと思っております。

また、海で見かけた際、お気軽に声をお掛け頂き、その場で板をお貸ししたり、見て触って頂くことも可能です。シースワロー号には、いつも2、3本板を積んでいます。

2020年11月29日日曜日

6'6" Hawk 2 Narrow

 

6'6" x 20 1/2" x 2 3/8"

昨日午前中、開店前にサンディングを済ませ、シングルフィンミッドレングス・セミガンが完成致しました。

Hawk 2のテンプレートを使用し、全体的にボリュームを落として製作。
大き目の波用に細く製作しております。

太平洋側を低気圧が通過して、冬型の気圧配置が強まった時に使用する予定。
真冬のサイズのある日には、貸し切り状態になることがしばしば。
テストライドには良い季節なのです。

2020年11月27日金曜日

完成

5'10" x 20 1/2" x 2 1/2"

サンディングしなければいけない製作途中の板が3本になってしまった為、昨日、まずは先月トップコートを終えてから放置してしまっていたフィッシュのサンディングを済ませました。

上に貼らせて頂いた写真がサンディングを終えた状態。
こちらのフィッシュは、デッキ側レイル部分にエッジを施したベベルレイル仕様。
幅を抑えた細身のアウトラインで、小波からサイズのある波までオールラウンドに使用出来るフィッシュとなっております。

既にオンラインストアへアップしておりますので、興味を持った方がいらっしゃいましたら、下記リンクをチェックしてみて下さいませ。


他には現在製作中の板は、先日、紹介させて頂いたシングルフィンセミガン以外では、店置き販売用の6'0"スラスターのみ。スラスターは、サンディング〜トップコート〜サンディングの3工程で完成。シングルフィンセミガンが完成してから、作業に取り掛かる予定です。

2020年11月26日木曜日

製作中

 


ここ最近では、店内にグラッシングスペースを作ったこともあり、営業前や営業時間中などにグラッシングすることが多く、ほぼ一日中手を動かしている状況となっております。

今月は、主にデモボードや店置きのサーフボードを製作。
そして現在製作中の板は、上に貼らせて頂いたミッドレングス。
ディメンションは、6'6" x 20 1/2" x 2 3/8"。
シングルフィンセミガンになります。

こちらの板は自分用に製作しており、低気圧が太平洋側を通過して冬型の気圧配置が強まった時に使用する考え。

真冬に波のサイズがある時は、ほぼ貸し切り状態になることがしばしば。
板のテストをするには、絶好の機会なのです。

話は変わりますが、現在、オリジナルサーフボードのカスタムオーダーを頂いており、ブランクスを今月初旬に発注したところ「急激にブランクスの需要が高まり、現在、国内に在庫ありません」とのこと、国内で需要があるという事は、国内のサーフボードレーベルやシェイパーに大量のオーダーが入っているということかと思われ「なぜ今???」と思ってしまいました。

自分であれやこれやと考えてみて、今年はコロナによって海外旅行やら国内旅行、娯楽などといったことがままならず、いい加減ストレスが溜まって「サーフボードオーダーしちゃうか」みたいな方が多くいらっしゃるとか、「コロナの影響によって海外からサーフボードの入荷が減っているのかな?」なんて結論に至りました。

早いとこ普通の生活、普通の世界に戻って欲しいと願うばかりです。

2020年11月25日水曜日

Demo Day

 




11月23日祝日、茨城大貫4Beacheさんに場所をお借りし、2回目となるRondine試乗会を開催致しました。

連休最終日ということもあり、祝日の割にはサーファーの数が少なく「試乗に来る人は少ないだろうな・・・」と思っていたのですが、4Beacheさんに呼びかけなどの下準備をして頂いたこともあり、10本持って行ったデモボードのうち、試乗されなかった板は1本のみ。
試乗して頂いた板の中で1本だけが不評で、フィッシュやノーズライダーなど概ね良好な評価を得られたように思います。

その不評だった1本は、昨年製作したハルのようなロングボード。
ボトム、デッキ共にフォイルしてレイルをナイフィーに仕上げ、ボトムはフルコンベックス。
試乗して頂いた方々は、普段、シングルフィンロングボードに乗っておられる方々で「ふらふらして安定感がなくて乗り難い」とか、「こんなの乗れないよ」、「難しい」といった感じの厳しいお言葉を頂戴致しました。

ハルやVボトムといった乗り難い板に慣れている人でなければ、とても扱い難い板なのです。
製作した僕自身も「少々やり過ぎたかな」と思ってはいたのですが、いざ乗ってみると凄く速くてグライド感が気持ち良く、これはこれで有り。スピードやグライド感を求め、乗り難いサーフボード でもクールに乗りこなす"ド変態仕様"なのです。

試乗会では「オーダー取ってやるぜ」とか、試乗した方々から個人情報を収集するとか「試乗したんだからオーダーしなければいけない」といった事は全くなく、ガツガツした感じでは御座いません。試乗して頂いた方々からインプレッションを聞くことが大きな目的になっていると共に、様々な形やボリュームの板に乗って頂く事によって、新たな発見をして頂ければと思っております。

次回開催は未定ですが、お気軽に試乗してみて下さいませ。
4Beacheさん、近隣のサーフショップ、試乗して頂いた皆様、ありがとう御座いました。

2020年11月14日土曜日

試乗会

 今週月曜日と火曜日の両日、茨城大貫に波乗りに行って参りました。
波乗り後、いつもお世話になっている4Beacheさんに試乗会について尋ねてみたところ許可を頂き、今年2回目の試乗会を開催することができる事に・・・。

コロナ禍ということで「当分無理だな・・・」なんて思っていた為、試乗会ができる事をとても嬉しく思うのですが、試乗会にいらして下さる方や4Beacheさん、4Beacheさんを利用される方々、近隣ショップなどにご迷惑をお掛けするような事は絶対あってはならないと思いますので、試乗会に来られる方に対して、いくつかのお約束を守って頂きたく思います。

ごく少数の方しか試乗会には来られないかとは思いますが、念の為のお知らせです。

当日朝、少しでも体調がおかしいと感じたら、試乗会、海には来ないで下さいませ。
4Beache内では屋外では御座いますが「新しい生活様式」を守って下さいませ。
何卒、宜しくお願い致します。

Rondine試乗ボードは
9'6" Noserider
9'6" ShoeBill
7'0" Hawk 2
6'6" Pelican
6'" Hummingbird
6'0" Hummingbird
6'1" Hummingbird
5'10" Swallow
5'8" Swallow
5'4" Swallow
の予定です。

2020年11月9日月曜日

2020年11月8日日曜日

used 入荷

 


極上usedが3本入荷致しました。

左からGreek Full Custom 7'1" Hull、Ki surfboard 6'10" Flying Carpet、Christenson 6'0" Asymmetrical Fish for Regular。

既にオンラインストアへアップしておりますので、気になる方がいらっしゃいましたら、下記リンクよりご覧になってみて下さい。

https://www.seaswallowsurfshop.com/surfboards

2020年11月4日水曜日

Test ride








先週は、木曜日にカスタムオーダー頂いたサーフボードの納品がてら茨城大貫で波乗り。土曜日には、茨城大貫にて既にRondine "The Pig"などに乗っておらる方達にNoseriderをお披露目。そして昨日11月3日(祝)は、Noseriderの試乗貸出や出来上がったばかりのスラスターをテストする為、再び茨城大貫へ行って参りました。

既に何人かの方にNoseriderを使って頂き、なかなかの手応えを得られております。
ブランドやシェイパーのネームバリュー、流行や見栄、周りの目などによってサーフボードをチョイスされる方が殆どの今日、ここ日本でネームバリューが殆ど無いような板を扱うシースローのお客様方は、そういったことを気にせず、自身の目で道具などをチョイスされる方が殆ど。シースワローでは、そんな自店のお客様を「1%fer」と勝手に呼び、称賛しております。

昨日は、朝6時前に茨城大貫に到着。
波のサイズが腰くらいとの予報でしたので、積んでいった板はスラスター2本と7'0" Hawk 2と試乗貸し出しのNoseriderの計4本。
見た目、腰以上のサイズがあったので、先ずは出来上がったばかりのスラスター(黄色)を使う事に致しました。

朝のうち、風はほぼ無風。レギュラー、グーフィー方向に切れていて久々のグッドコンディション。ボリュームを削ぎ落とした割には、テイクオフが早くパドルも苦にならず、板の動きも良かったのですが、潮が上げており厚めの波だった為、サイズがあって掘れる波でテストしたいと思いました。

11時位まで入水した後おにぎり2個を食べてから、今度は以前作ったスラスターを手に入水。
が、何本か乗ってすぐに海から上がり、フィン交換。2,000円でお釣りがくるフィンを付けて使用してみたところ、凄くルースな感じだったのと、板を踏み込むと失速するような感じだったので、FUTURE純正のフィンに交換して入水。

FUTURE 純正フィンに交換したら、板を踏み込むと加速し、安価なフィンで抜けられなかった速いセクションでも抜けることが出来「フィンのフレックスでこんなにも変わるのか!?」と改めて感心してしまいました。

そんなこんなで、結局、午後4時過ぎまで入水。朝の6時位から午後4時過ぎまでウェットスーツを着っぱなし・・・。
海から上がると、並べていた出来上がったばかりのスラスターが無い・・・。
どうやら波乗り仲間の方が出来上がったばかりのスラスターを手に入水したそうで、僕がコインシャワーを浴びている間に、今度は以前製作したスラスターと交換し、再び入水。
使ってみた感想を楽しみにしながら帰り支度をしていると、波乗り仲間の方が海から上がって参りました。

感想を聞いてみると「どっちも良い!!」、「でも、どっちかと言えば、こっち(グレーの方)が良い」とのこと。

ニヤニヤしながら帰路についた次第です。

2020年10月31日土曜日

2020年10月24日土曜日

2020年10月22日木曜日

2020年10月21日水曜日

Glassing

 


10月19日第3月曜日と20日火曜日は定休日だった為、月曜日だけ波乗りに行って参りました。
向かったのは、いつもの茨城大貫海の子です。
日の出と同時位に到着し、着替えながら波チェック。
自作スラスターを手に入水致しました。

波のサイズは頭前後。風は殆ど吹いてなく、面も良好。
ブレイクさえ良ければ、なかなかのコンディションなのですが、セットの大きめで切れていそうな波を狙って漕いでみるも、殆どの波がダンパー・・・。

6時から9時位まで入水して何本か乗ったうち、板を走らせることが出来たのは一本だけ。
その他の波は、速かったりダンパーだったっりで、すぐにプルアウトしたり、インパクトゾーンを避ける為にインサイドに向かって板を走らせたりなど。

3時間ほど入水してから一旦海から上がり、今度はつるかめ寄りで自作9'6" Noseriderにて入水。
つるかめ側は、かなり混雑していたこともあり、危険を感じて小一時間で海から上がりました。

その後、少し休憩してから、再びスラスターを手に海の子にて入水。
午後になり、朝よりもだいぶ人が減って、ラインナップには数人しかいない状況。
相変わらず波数があり、ラインナップに辿り着くまでにヘロヘロになってしまいましたが、ラインナップに着いてから呼吸を整え、1本目の波にドロップです。

「レギュラー方向に割れるはず・・・」と思いながらテイクオフしたところ、グワっと一気に掘れて下が無い状況・・・。「ヤバイ!?」と思い、すぐさま板を蹴っ飛ばして自分の身体だけ波の裏側へ逃げて事なきを得ました。

その後も、何本かテイクオフしてみるも繋がり気味の波ばかりで、ろくに波乗りらしい波乗りが出来ないまま、体力を消耗してしまい終了。「そんな状況でも、何かしら得られたものは有るはず」と思い、気を取り直した次第です。

話は変わりますが、ここのところ店置きのフィッシュ、カスタムオーダー頂いているミッドレングスを製作しております。
上に貼らせて頂いた写真が、フィッシュのラミネートを終えた状態。
未だサンディング〜トップコート〜サンディングの工程が残っていますので、今月中、若しくは来月初旬の完成予定となっており、先にカスタムオーダーミッドレングスを完成させてしまいます。

2020年10月11日日曜日

Skil 676

 

5'10"

6'6"


ブログに使用する文字を大きくすると、文字の大きさがバラバラになってしまう為、文字サイズを標準に致しました。文字が小さく見難いかと思われます。

先週は、製作を進めていた9'6" Noseriderを仕上げ、6'6" Single Fin、5'10" FISHのシェイプを行いました。シェイプに使用した電動プレーナーは、先月入手した"Skil 676 Type1"1954年製。今までは、マキタ のプレーナーを使用していたので、Skilのプレーナーを使用してシェイプしたのは初めてです。

1954年製の割にはあまり使用感がなく、少し磨いてあげれば新品時の輝きを取り戻せそうな気配。内部パーツも状態が良く、経年劣化によってヒビが入っていた電源コードとベルトのみを交換して使用してみました。

いざシェイプしてみると、刃が調整されていなかったようでフォームがズタズタに・・・。(刃の状態を点検しただけで、調整はしなかった)
刃を交換して調整したら、至って普通に削ることが出来ました。操作が、未だ未だぎこちない感じでは御座いますが、徐々に慣れることと思います。

少しは使い勝手が分かったような気が致しますので、明日から、カスタムオーダー頂いている7'10" Single Finの製作に取り掛かる予定。

6'6" Sigle Finと5'10" FISHは粗い箇所を整えたのち、店に持ち帰って店内でグラスワークします。6'6"が自分用、5'10" FISHは店頭販売用です。

2020年10月4日日曜日

土曜日




ここ数週間、定休日の火曜日には茨城辺りではオンショアとなってしまう北東風が吹いたり、スモールだったり、なかなかまともに波乗り出来ていない状況だった為、コンディション良さそうだった昨日午前中、波乗りに行って参りました。(午後から通常営業しました)。

朝5時ごろ茨城大貫に到着。日の出前で未だ薄暗かったものの、沖で割れる波をしっかり確認することが出来、既に数名のサーファーが入水していたので、すぐに準備してスラスターを手に入水です。

波のサイズは、セットで肩前後。風は殆ど吹いてなく面ツル。しかし、入水してからすぐに漁船が出港しだし、若干面がヨレてしまいました。オンショアでのガタガタな面に比べれば、全然快適に波乗り出来るレベル。

ヨレはすぐに収まり、久しぶりに見た面の整った波に少々テンションが上がってしまいました。

ついこの間まで手こずっていた久々のスラスターの扱いにも徐々に慣れ、至って普通に乗ることが出来。波に乗っているのを見ていたローカルの方が「掘れているところに当てこんでいたね〜」と言ってくれていたので、まあまあ扱えているのだと思います。午前9時30分くらいまで入水して帰路につきました。

もう少し全体的に幅を出して、初心者の方でも扱い易いように製作し、早速、ストックボードにする考えです。

2020年10月2日金曜日

Glass work

 






連日、サーフボード製作やら発送作業などにより、ブログを書く余裕がなく、またしてもブログを放置してしまっておりました。

現在製作中の板は、上に貼らせて頂いた写真の9'6" Noserider。
今週月曜日よりグラスワークに取り掛かっています。
既にデッキ、ボトム共にラミネートを終えており、今日午前中、デッキ側をサンディングコートして参りました。

残る工程は、ボトム側サンディングコート〜サンディング〜デッキ側トップコート〜ボトム側トップコート〜サンディング〜ポリッシュ。

店内作業部屋にてサンディング以降の作業を行いますので、来週木曜日からカスタムオーダー頂いている7'10"シングルフィンの製作に取り掛かる予定。

8フィート以下であれば、店内でグラス出来るので、その他店置きの為のミッドレングス、ショートボードなどもシェイプだけ済ませて、一気にグラスしてしまうつもりです。

サーフボードのシェイピングやグラスワークなど、興味のない方が殆どかと思いますが「サーフボードがどのように作られているのか」といったことを紹介していければと思っております。

2020年9月27日日曜日

7'10"

 

7'10" x 22 1/2" x 2 7/8"

先日、ロングボードしか乗ったことのない方より「少し短い板にもチャレンジしてみたい」とのことで、カスタムオーダーを頂いてしまいました。

「長さは7'10"で、小波で最強の板を作って欲しい」との要望に加え「動かせるようになりたい」とのことでしたので、新たにアウトラインをデザインしてテンプレートを製作。

全体的に幅を出してボリュームを確保しつつ、レイルやボトム形状でマニューバビリティを向上させられればと思っています。

現在製作中のデモ用9'6" Noseriderが完成次第、製作に取り掛かる予定です。

以前にも書かせて頂きましたように、今後、他ブランド(サーフボード&アパレル等)は、ウェットスーツ、小物、消耗品意外一切扱わず、自店オリジナルレーベルのみでやっていく考えでおります。

当店、当店が取り扱っていたサーフボードレーベルなどの状況が気になっている方がいらっしゃるようで、人を使って偵察に来られたりもしておりますが、周りを気にせず、流行などに囚われることなく、独自の世界観を発信していければと思っております。

2020年9月23日水曜日

完成

 

8'0" x 22" x 3 1/8"

月曜日にサンディングを終え、8'0" Hullが完成致しました。
昨日、大貫での波乗りついでにお客様と待ち合わせて無事納品。

「まだ乗らない」ということでしたので、昨日は違う板を乗られており、乗ってみた感想などは次回の波乗り時になるかと思われます。

こちらの板は、既に何本か製作している"Pelican"モデルのワイドバージョン。「全体的に幅が欲しい」との要望だった為、全体的に幅を増し、厚みを3 1/8とってデッキ、ボトム共にフォイルしてレイルに向かってボリュームを落としました。

そして昨日は波のサイズがモモ位で、物足りなかったものの朝のうち風が弱く、久しぶりに面の整った波に乗れたような気が致します。

朝一に使用した板は、6'6" Pelican。速いセクションで「置いていかれるかな?」と思いきや、速いセクションをスルスルと抜けて走ってくれました。自分が作ったミッドレングスの中で、一番速い板のような気が致します。

午前8時位には北寄りの風が強くなり、面がガタガタに・・・。
せっかくなので、今度はスラスターを手に入水。
板が軽いため風に煽られてしまい、まともに乗ることが出来ずに午前の部を終了。

午後にもスラスターを手に入水。常に横へパドルしていないとすぐに流される状況の中、何本かの波に乗ってみて「何をやっているのか分からなくなった」と思い、海から上がり帰路についた次第です。

2020年9月18日金曜日

Glass work




昨日、先日シェイプを終えた8'0"シングルフィンのボトム側をラミネート致しました。

カスタムオーダーの相談を頂いた際「クリアでラミネートした方がいいのでは」と、お客様にお話ししたものの、作業に掛かる前に改めて「色入れた方がいいですか?」と、確認させて頂いたところ「出来ればスモークで」とのことでしたので、スモークティントにてラミネートさせて頂きました。

ここのところ、暑さが和らいできましたが、グラスワークには未だ気温が高く、気が抜けない状況(グラス作業部屋には空調機器がありません)。昨日は、作業を始めた時には曇っていたので、作業部屋内の気温は26℃位。しかし、作業の途中で雲が切れたようで、作業部屋の気温が少し上がってしまい、作業を終えた時には31℃になっていました。

レジンが固まってしまう前にラミネートしなければならず、時間が限られている為、作業後半ではいつも慌ててしまっておりましたが、慌てて作業してもろくな事がないので、最近では決まった動きで作業するように心掛けております。

これからデッキ側のラミネート準備に取り掛かり、状況をみてラミネートまで進めたいと思います。

2020年9月16日水曜日

シェイプ完了

Noserider 9'6" x 23 x 3 for Demo

Hull 8'0" x 22 x 3 1/8 for Custom order

第2月曜日、毎週火曜日が定休日ということで、昨日、一昨日は波乗りに行って参りました。

月曜日には、大貫から戻ってから製作中のノーズライダー、お客様よりオーダー頂いている8'0" Hullのシェイプを終わらせ、明日よりグラスワークに取り掛かる予定となっております。

波乗りの方は、月曜日にスラスターを使い、テイルにヒビを入れてしまった為、昨日火曜日は、5'10"フィッシュを使用。

月曜日、波のサイズは肩前後。面はザワついている程度。
しかし、セットの大きめの波は、ほぼ繋がってしまっており、なかなか切れた波がない状況・・・。そんな中、なんとか切れ目を見つけて何本かショートライドすることが出来ました。

まだ、久しぶりに乗ったスラスターに慣れず、いつにも増してぎこちない動きだったのですが、板の動き、感触はなかなか良い感じだったように思います。

そして昨日は、波のサイズは腹〜胸位。朝のうち風が殆ど吹いてなく面が良かったものの、日が昇るにつれて北東風が強くなり、面がガタガタに・・・。

その為、面がガタガタになってからは、テイクオフ後、ターン中に不意に吹っ飛ばされることがしばしば。5'10"フィッシュは、ノーズロッカーを抑えていることもあり、ガッタガタな面に刺さってしまうのです。

ガタガタな面の強烈なショアブレイクにビビり、午前中3時間ほど波乗りして帰路につきました。

2020年9月12日土曜日

9'6" Noserider for Demo

 




上に貼らせて頂いた写真は、現在製作中の自分、デモ用9'6"ノーズライダー。

コロナの関係で、当分、試乗会出来そうもない状況では御座いますが、海で居合わせた方で「乗ってみたい」なんて方が現れるかも知れませんので、出来上がり次第使用してみたいと思っています。

ディメンションは、9'6" x 23 x 3。
ボトムを全体的にロールさせ、デッキ側もフォイルして薄めなレイルにローロッカー。ボトムノーズ側には浅めのコンケイブを入れています。

早ければ今月中、遅くとも来月初旬には完成させたいと思います。

2020年9月11日金曜日

2020年9月10日木曜日

Thruster

 





6'0" x 19 3/8 x 2 1/2

ほぼ毎日、何かしら作業していることもあり、ブログが疎かになってしまっております。先週は、スラスターを製作しておりました。

シェイプ〜グラスワーク〜サンディングまで、要した日数は4日。初めて、トライフィンのボックスを付けたのですが、ボックスの位置を間違えたり、ボックスにダミーフィンを仮止めした際、ボックスの中にレジンが流れ込み、フィンが取れなくなるといったミスを連発。

フィンのマーキングやフィンを取ろうとしてフォームを触ってしまったりしたので、クリアでラミネートするつもりが、汚れなどを隠すようにピグメントカラーにてラミネートしてみました。

一昨日の火曜日、早速使用してみたところ、久しぶりに乗るボリュームの無い板ということで、始めのうちはテイクオフすらままならない状況・・・。

しかし、徐々に慣れて、テイクオフは難なく出来るようになったのですが、サイドからの強風に加え、ほぼダンパーといったコンディションだったこともあり、ろくに板を走らせることが出来ないまま帰路につきました。
しばらく、このスラスターを使って、慣れたいと思います。

「なぜに今更スラスター」と思われた方もいらっしゃることと思いますので、説明させて頂きます。

ここのところ「これからサーフィン始めたいので、板を見に来た」というような10代〜20代前半の方が立て続けに来店され「ここって普通の板ってないんですか?」といったようなことを尋ねられ「扱ってないんです」と伝えると、皆さん残念そうに店を出ていくことがしばしば。

そんな訳で「普通の板も何本か置いておいた方がいいのかな」と思うようになったのです。

2020年9月4日金曜日

ほぼ完成

 


先月末より製作に取り掛かっていた9'7"がほぼ出来上がり、お客様にお渡しするまでに、出来る限り磨くのみとなりました。

先週からは、次に製作する板の下準備を始めており、9'6"ノーズライダー、6'6"ミッドレングスのアウトラインをブランクスから切り出したり、スラスターの製作に取り掛かっています。

シースワローでは、60's、70'sを意識したサーフボードしかお取り扱いしていないのですが「サーフィン始めたいんです」といったお客様が来店され「普通の板は、置いてないんですか?」と、尋ねられることがしばしば。

「ストックとして何本か置いておいた方がいいのかな」と考え、自分で何本か作って、ストックすることに致しました。せっかく来て頂いたのに、お客様の残念そうな表情を見て「なんか申し訳ないな」と思い、決断した次第です。

2020年8月27日木曜日

Glassing

 






今週は、製作中の9'7"をグラッシング。

残すところ、ボトム側サンディングコート〜サンディング〜デッキ側トップコート〜ボトム側トップコート〜サンディングの5工程。

来週中に完成の予定です。

2020年8月23日日曜日

2020年8月22日土曜日

6'10"


6'10" x 21 1/2 x 2 5/8

上に貼らせて頂いた写真は、製作中の6'10" シングルフィン "HAWK 2 "。トップコートが終わり、残る作業はサンディングのみ。今日午前中サンディングして、午後、手の空いている時にウェットサンディングするつもりでおります。

こちらの板は、完成後に一旦オンラインストアへアップし、様子を見てからデモボードにしてしまおうかと考えています。
既に店内にありますので「見てみたい」なんて方がいらっしゃいましたら、お気軽にお立ち寄り下さい。

2020年8月20日木曜日

9'7"

 




今月上旬に9'8"を納品した後、9'7"の製作に取り掛かっています。

先週末まで、ガレージシースワローが夏季休業だった為、休業前にアウトラインを切り出し、ロッカー、厚みの調整を済ませ、今週月曜日午前中と火曜日午後に分けてシェイプ。そして今日午前中、フィンボックスの取り付けを行って参りました。

ディメンションは、9'7" x 22 1/2 x 3 1/8。
厚みがあるように思われるかと思いますが、デッキ、ボトム共にフォイルして、薄めのレイルを形成していますので、全体的なボリュームとしては「厚め」といった訳では無く、一番厚い箇所で3 1/8の厚みとなっております。

グライド感、スピード重視のシェイプで、抵抗となってしまうノーズコンケイブは無く、やや強めのテイルキックとロールドボトム、ナローノーズによって、マニューバビリティを向上させています。

明日、ボトム側のラミネートに取り掛かる考えでいたのですが、気温が凄く高く、小屋の中では40度近くになってしまうこともあり、気温が少し下がる来週からグラスワークに取り掛かることに致しました。9月頭には納品出来る状態になるかと思います。

2020年8月19日水曜日

グラスルーム

 






先月末より、全くブログをアップしておりませんでした。
営業時間中、お客様の来店がない時には、店内に作業部屋を作っていた為、ブログを書いている時間が全くなかったのと、作業部屋が出来てからは、来店対応以外、ほぼ作業をしていおり、サーフボード製作、リペア作業を優先してしまっております。

上に貼らせて頂いた写真が、店内で初めてラミネートした6'10"。店内にはエアコンが設置されているのですが、作業部屋にはエアコンは無く、作業前に作業部屋の扉を開けて、なるべく内部の気温を下げてから、扉を閉めてラミネートしてみたところ、やはりラミネート中に気温が上がってしまい、硬化速度が早まってしまいました。

なんとかラミネート出来たものの、ほんの少し時間がかかってしまっていたら、どうにもならない状況になっていたことを考えると「空調機器を買った方が安上がりである」と思い、早速、ポータブルエアコンを発注。8フィートくらいまでなら、店内作業部屋でグラスワーク出来そうです。

2020年7月30日木曜日

続9'8"






ここのところ営業時間中も何かと作業しており、ブログまで手が回らない状況となっております。

ブログを休みがちとなってしまっておりますが、手が空いている時には、何かしらポストしていきたいと思います。

さて本日は、先週より製作が始まったカスタムオーダーロングボードの写真を貼り付けさせて頂きました。

既にデッキ側、ボトム側のラミネートが終わっており、本日午前中、ディケールとレジンリーシュブリッジを取り付けてから、デッキ側のサンディングコートまで作業を進めて参りました。

残る工程は、ボトム側のサンディングコート〜サンディング〜デッキ側トップコート〜ボトム側トップコート〜サンディングですので、5工程。幾つもの工程を経てサーフボードが完成します。

特に時間を要するのがグラスワーク。
昨年の水害によって、店内の商品点数が約半分に減ってしまったこともあり、売り場面積を縮小して、店内半分をグラスルームとして有効活用するべく、現在、シースワロー店内を自らの手で改装しております。

シェイプは、ガレージシースワローで行い、グラスワークをシースワロー店内で行えば、時間を気にせずグラスワーク出来るため、サーフボード製作の効率を上げると共にクオリティも上げることが出来ると思うのです。