2020年9月18日金曜日

Glass work




昨日、先日シェイプを終えた8'0"シングルフィンのボトム側をラミネート致しました。

カスタムオーダーの相談を頂いた際「クリアでラミネートした方がいいのでは」と、お客様にお話ししたものの、作業に掛かる前に改めて「色入れた方がいいですか?」と、確認させて頂いたところ「出来ればスモークで」とのことでしたので、スモークティントにてラミネートさせて頂きました。

ここのところ、暑さが和らいできましたが、グラスワークには未だ気温が高く、気が抜けない状況(グラス作業部屋には空調機器がありません)。昨日は、作業を始めた時には曇っていたので、作業部屋内の気温は26℃位。しかし、作業の途中で雲が切れたようで、作業部屋の気温が少し上がってしまい、作業を終えた時には31℃になっていました。

レジンが固まってしまう前にラミネートしなければならず、時間が限られている為、作業後半ではいつも慌ててしまっておりましたが、慌てて作業してもろくな事がないので、最近では決まった動きで作業するように心掛けております。

これからデッキ側のラミネート準備に取り掛かり、状況をみてラミネートまで進めたいと思います。

2020年9月16日水曜日

シェイプ完了

Noserider 9'6" x 23 x 3 for Demo

Hull 8'0" x 22 x 3 1/8 for Custom order

第2月曜日、毎週火曜日が定休日ということで、昨日、一昨日は波乗りに行って参りました。

月曜日には、大貫から戻ってから製作中のノーズライダー、お客様よりオーダー頂いている8'0" Hullのシェイプを終わらせ、明日よりグラスワークに取り掛かる予定となっております。

波乗りの方は、月曜日にスラスターを使い、テイルにヒビを入れてしまった為、昨日火曜日は、5'10"フィッシュを使用。

月曜日、波のサイズは肩前後。面はザワついている程度。
しかし、セットの大きめの波は、ほぼ繋がってしまっており、なかなか切れた波がない状況・・・。そんな中、なんとか切れ目を見つけて何本かショートライドすることが出来ました。

まだ、久しぶりに乗ったスラスターに慣れず、いつにも増してぎこちない動きだったのですが、板の動き、感触はなかなか良い感じだったように思います。

そして昨日は、波のサイズは腹〜胸位。朝のうち風が殆ど吹いてなく面が良かったものの、日が昇るにつれて北東風が強くなり、面がガタガタに・・・。

その為、面がガタガタになってからは、テイクオフ後、ターン中に不意に吹っ飛ばされることがしばしば。5'10"フィッシュは、ノーズロッカーを抑えていることもあり、ガッタガタな面に刺さってしまうのです。

ガタガタな面の強烈なショアブレイクにビビり、午前中3時間ほど波乗りして帰路につきました。

2020年9月12日土曜日

9'6" Noserider for Demo

 




上に貼らせて頂いた写真は、現在製作中の自分、デモ用9'6"ノーズライダー。

コロナの関係で、当分、試乗会出来そうもない状況では御座いますが、海で居合わせた方で「乗ってみたい」なんて方が現れるかも知れませんので、出来上がり次第使用してみたいと思っています。

ディメンションは、9'6" x 23 x 3。
ボトムを全体的にロールさせ、デッキ側もフォイルして薄めなレイルにローロッカー。ボトムノーズ側には浅めのコンケイブを入れています。

早ければ今月中、遅くとも来月初旬には完成させたいと思います。

2020年9月11日金曜日

2020年9月10日木曜日

Thruster

 





6'0" x 19 3/8 x 2 1/2

ほぼ毎日、何かしら作業していることもあり、ブログが疎かになってしまっております。先週は、スラスターを製作しておりました。

シェイプ〜グラスワーク〜サンディングまで、要した日数は4日。初めて、トライフィンのボックスを付けたのですが、ボックスの位置を間違えたり、ボックスにダミーフィンを仮止めした際、ボックスの中にレジンが流れ込み、フィンが取れなくなるといったミスを連発。

フィンのマーキングやフィンを取ろうとしてフォームを触ってしまったりしたので、クリアでラミネートするつもりが、汚れなどを隠すようにピグメントカラーにてラミネートしてみました。

一昨日の火曜日、早速使用してみたところ、久しぶりに乗るボリュームの無い板ということで、始めのうちはテイクオフすらままならない状況・・・。

しかし、徐々に慣れて、テイクオフは難なく出来るようになったのですが、サイドからの強風に加え、ほぼダンパーといったコンディションだったこともあり、ろくに板を走らせることが出来ないまま帰路につきました。
しばらく、このスラスターを使って、慣れたいと思います。

「なぜに今更スラスター」と思われた方もいらっしゃることと思いますので、説明させて頂きます。

ここのところ「これからサーフィン始めたいので、板を見に来た」というような10代〜20代前半の方が立て続けに来店され「ここって普通の板ってないんですか?」といったようなことを尋ねられ「扱ってないんです」と伝えると、皆さん残念そうに店を出ていくことがしばしば。

そんな訳で「普通の板も何本か置いておいた方がいいのかな」と思うようになったのです。

2020年9月4日金曜日

ほぼ完成

 


先月末より製作に取り掛かっていた9'7"がほぼ出来上がり、お客様にお渡しするまでに、出来る限り磨くのみとなりました。

先週からは、次に製作する板の下準備を始めており、9'6"ノーズライダー、6'6"ミッドレングスのアウトラインをブランクスから切り出したり、スラスターの製作に取り掛かっています。

シースワローでは、60's、70'sを意識したサーフボードしかお取り扱いしていないのですが「サーフィン始めたいんです」といったお客様が来店され「普通の板は、置いてないんですか?」と、尋ねられることがしばしば。

「ストックとして何本か置いておいた方がいいのかな」と考え、自分で何本か作って、ストックすることに致しました。せっかく来て頂いたのに、お客様の残念そうな表情を見て「なんか申し訳ないな」と思い、決断した次第です。

2020年8月27日木曜日

Glassing

 






今週は、製作中の9'7"をグラッシング。

残すところ、ボトム側サンディングコート〜サンディング〜デッキ側トップコート〜ボトム側トップコート〜サンディングの5工程。

来週中に完成の予定です。

2020年8月23日日曜日

2020年8月22日土曜日

6'10"


6'10" x 21 1/2 x 2 5/8

上に貼らせて頂いた写真は、製作中の6'10" シングルフィン "HAWK 2 "。トップコートが終わり、残る作業はサンディングのみ。今日午前中サンディングして、午後、手の空いている時にウェットサンディングするつもりでおります。

こちらの板は、完成後に一旦オンラインストアへアップし、様子を見てからデモボードにしてしまおうかと考えています。
既に店内にありますので「見てみたい」なんて方がいらっしゃいましたら、お気軽にお立ち寄り下さい。

2020年8月20日木曜日

9'7"

 




今月上旬に9'8"を納品した後、9'7"の製作に取り掛かっています。

先週末まで、ガレージシースワローが夏季休業だった為、休業前にアウトラインを切り出し、ロッカー、厚みの調整を済ませ、今週月曜日午前中と火曜日午後に分けてシェイプ。そして今日午前中、フィンボックスの取り付けを行って参りました。

ディメンションは、9'7" x 22 1/2 x 3 1/8。
厚みがあるように思われるかと思いますが、デッキ、ボトム共にフォイルして、薄めのレイルを形成していますので、全体的なボリュームとしては「厚め」といった訳では無く、一番厚い箇所で3 1/8の厚みとなっております。

グライド感、スピード重視のシェイプで、抵抗となってしまうノーズコンケイブは無く、やや強めのテイルキックとロールドボトム、ナローノーズによって、マニューバビリティを向上させています。

明日、ボトム側のラミネートに取り掛かる考えでいたのですが、気温が凄く高く、小屋の中では40度近くになってしまうこともあり、気温が少し下がる来週からグラスワークに取り掛かることに致しました。9月頭には納品出来る状態になるかと思います。

2020年8月19日水曜日

グラスルーム

 






先月末より、全くブログをアップしておりませんでした。
営業時間中、お客様の来店がない時には、店内に作業部屋を作っていた為、ブログを書いている時間が全くなかったのと、作業部屋が出来てからは、来店対応以外、ほぼ作業をしていおり、サーフボード製作、リペア作業を優先してしまっております。

上に貼らせて頂いた写真が、店内で初めてラミネートした6'10"。店内にはエアコンが設置されているのですが、作業部屋にはエアコンは無く、作業前に作業部屋の扉を開けて、なるべく内部の気温を下げてから、扉を閉めてラミネートしてみたところ、やはりラミネート中に気温が上がってしまい、硬化速度が早まってしまいました。

なんとかラミネート出来たものの、ほんの少し時間がかかってしまっていたら、どうにもならない状況になっていたことを考えると「空調機器を買った方が安上がりである」と思い、早速、ポータブルエアコンを発注。8フィートくらいまでなら、店内作業部屋でグラスワーク出来そうです。

2020年7月30日木曜日

続9'8"






ここのところ営業時間中も何かと作業しており、ブログまで手が回らない状況となっております。

ブログを休みがちとなってしまっておりますが、手が空いている時には、何かしらポストしていきたいと思います。

さて本日は、先週より製作が始まったカスタムオーダーロングボードの写真を貼り付けさせて頂きました。

既にデッキ側、ボトム側のラミネートが終わっており、本日午前中、ディケールとレジンリーシュブリッジを取り付けてから、デッキ側のサンディングコートまで作業を進めて参りました。

残る工程は、ボトム側のサンディングコート〜サンディング〜デッキ側トップコート〜ボトム側トップコート〜サンディングですので、5工程。幾つもの工程を経てサーフボードが完成します。

特に時間を要するのがグラスワーク。
昨年の水害によって、店内の商品点数が約半分に減ってしまったこともあり、売り場面積を縮小して、店内半分をグラスルームとして有効活用するべく、現在、シースワロー店内を自らの手で改装しております。

シェイプは、ガレージシースワローで行い、グラスワークをシースワロー店内で行えば、時間を気にせずグラスワーク出来るため、サーフボード製作の効率を上げると共にクオリティも上げることが出来ると思うのです。

2020年7月26日日曜日

2020年7月25日土曜日

2020年7月22日水曜日

9'8"




一昨日午前中、9'8"のシェイプに取り掛かり、昨日、波乗り後にシェイプを終えました。

一昨日は、7'0" Hawk 2のボトム側をホットコートし、硬化を確認してから、9'8"のシェイプに取り掛かり、厚み、ロッカーを調整。そして昨日、波乗りから戻ってから、デッキ、ボトムをフォイルしてレイルを形成し、シェイプ完了です。

デッキ、ボトム共にレイルに向かってボリュームを落とし、マイルドなピンチドレイルにしたかったので、センターの厚みは3 1/8。いい感じのロールドボトムを形成出来たと思います。

木曜日の午前中にフィンボックスを取り付け、来週から本格的にグラスワークに取り掛かる予定です。

波乗りの方は、昨日朝6時ごろ茨城のポイントに到着。自作9'6"ログを手に入水です。

「大して良くないだろう・・・」と、全く期待していなかったのですが、いざ入水してみると腰前後位のサイズだったものコンスタントに波があり、面もまずまず。ライト、レフト共にいいブレイクをしており、その上、サーファーの数も少なかったので、良い波を何本も乗ることが出来てしまいました。

2020年7月19日日曜日

あと少し




写真は7'0" Hawk 2サンディングコート時のもの。サンディングを既に済ませ、デッキ側のトップコートまで工程が進んでおりますので、明朝、ボトム側のトップコートを済ませたのち、午後からロングボードのシェイプに取り掛かれればと思っております

今回製作するロングボードは、以前、自分、デモ用に製作したロングボードよりも「テイル側の幅をワイドにしてピッグアウトラインにして欲しい」とのカスタムオーダーを受け、念のため新たにテンプレートを製作して対応することに致しました。

下に貼り付けさせて頂いたアウトラインが、新たに製作したテンプレートを使用して製作するサーフボードのイメージ。


既にボトムやレイル形状、ボリューム配分、ロッカーなど、しっかりイメージ出来ており、アウトラインはピッグでもクラシックな感じにはせず、モダン寄なテイストを入れられればと思っております。

製作工程ごとにブログやインスタグラムなどで紹介できればと思っておりますので、気になる方がいらっしゃいましたら、引き続きチェックしててみて下さいませ。

2020年7月18日土曜日

New outline


ここのところ、ほぼオリジナルサーフボードの紹介しかしていない気が致しますが、今後はオリジナルサーフボード、エンジョイハンドプレーンのみお取り扱いしていく考えでおりますので、オリジナルサーフボードに関する投稿が増えてくることと思います。

そんな訳で、本日はnewアウトラインの紹介です。
先月、サイズがある時に7'0" Hawk 2に乗ってみて「サイズある時は、こんなにボリュームいらないな」と思い、これからの台風シーズンに向け、新たにテンプレートを製作することに致しました。

現在使用している7'0" Hawk 2は、幅が21 1/2、厚みが2 3/4。
ボリュームがあるのでパドル、テイクオフが楽な反面、ドルフィンスルーが少々キツいこともあり、全体的に幅を絞ったアウトラインに厚みも抑えて製作するつもりでおります。

コロナの状況にもよりますが「今年中にもう一度、四国へ行って波乗りしたい」といった想いもあり、パワーのある四国の波にも対応できるようアレンジする考えです。

ディメンションは、6'6" x 20 1/2 x 2 1/2。
お客様から頂いている数本のカスタムオーダーが完成次第、製作に取り掛かりたいと思います。

2020年7月16日木曜日

Glassing



7月初旬より製作が始まった、カスタムオーダー・7'0" Hawk 2 のボトム&デッキのラミネートを先週終え、火曜日の午後と今日の午前中にサンディングコートを行いました。残すところ5工程ほどで完成する予定です。

他には現在、ロングボードのオーダーが2本入っておりますので、こちらの板が完成次第順次シェイプを行い、グラスワークに取り掛かれればと思っています。

話は変わります。
火曜日の定休日に、茨城大貫へ波乗りに行って参りました。波が小さく、風向きが合わないのも分かっていたのですが、ロングボードは積んで行かず、7'0" Hawk 2だけ積んで行きました。スモール&面が良くない状況で、使用してみたかったのです。

波のサイズは、モモあるかないか位。風は北寄りの強めでクロスオン。面はガタついていました。ライト、レフト共、何本か乗ることが出来、そんな状況でもしっかり機能してくれることを確認。ガタついてパワーのない波でも板が走ってくれて、長さの割りにマニューバビリティーもあり、なかなかの好感触でした。

スモールからそこそこサイズのある波まで、オールラウンドに乗ることが出来るモデルとなっております。

2020年7月15日水曜日

本州外へ

 7月11日 瀬戸大橋

 7月11日 高知県

 7月12日 明石海峡大橋

7月12日 淡路島

金曜夕方よりお休みを頂いておりました。
金曜夕方、店を閉めてから向かったのは高知県。
お世話になっているお客様に、オーダー頂いていたサーフボードを無事お渡しし、日曜日の夜、宇都宮に戻って参りました。

金曜夕方に宇都宮を出発。一気に愛知の手前位まで走ってから、夕飯を食べようと思いSAに入ってみると、時短営業のため飲食店は既に閉店。お土産しか売ってない状況だったので、持ってきたパンとバナナを食べてからすぐに本線へ・・・。

とりあえず走れるだけ走って、午前1時ごろ山陽道瀬戸PAにて仮眠。午前4時頃には走り出し、四国内に入ってからは、こまめに休憩を取りながら目的地へ・・・。

海を見たり、道の駅に寄ったりしながら、午後3時頃、目的地に到着。色々とお話しすることが出来たり、波乗り情報なども教えて頂き「無事、板を手渡し出来て本当に良かった」と、思いました。

お客様に納品してからは、高知市のビジネスホテルに宿泊。翌朝午前5時にホテルを出発し、何回か休憩を取りながら宇都宮へ・・・。宇都宮に到着したのは午後5時位だったように思います。総走行距離は2,000kmちょっと。

今回は、お客様への納品が目的だったこともあり、自分の波乗り道具は積んで行かなかったのですが、今度、四国へ行く時にはテストボードを積めるだけ積んで向かいたいと思います。

2020年7月8日水曜日

臨時休業のお知らせ


昨日、定休日ということで、朝のうちに波乗りしてから成田空港に貨物を取りに行く予定だったのですが、茨城大貫通過時点で南寄りの風が凄まじく強く、波乗りせずにそのまま車を走らせ、鹿島方面にて再び波チェック。結局、波乗りせずに成田空港へ向かいました。

成田空港へは午前9時ごろ到着。運送会社にて輸入申告書類を受け取り、貨物地区内の税関にて通関、納税。その後、航空会社の倉庫にて貨物を受け取り、その場で梱包を解体している最中に呆然としてしまいました・・・。

板の色、フィンの色を指定してオーダーしたにも関わらず、どちらも全く違う色・・・。

すぐに写真を撮り、オーダー頂いているお客様へご連絡したかったのですが、成田でも風が強くて板から手を離せない状況だった為、板をハードケースに入れて中積みするのが精一杯。

成田から宇都宮に戻る途中で「フィンエリアだけでも撮影して、お客様に知らせたい」と思い、シースワロー号に載せた状態で撮影し、すぐにメールにて写真を送信したところ「それでも構わない」と、早々に返信を頂き、少しだけ緊張感が解れました。

1年以上、板の完成をお待たせしてしまっていたお客様が何名もおり、本当でしたら、何本か出来上がって送られてくるはずだったのですが、諸事情により送られてきた板は、この1本のみ。

「直接お会いして謝罪したい」と思い、今回出来上がってきた板を自らの手で、お客様の所へ届けることに致しました。
その為、急遽お休みを頂きます。
ご不便をお掛けいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

2020年7月4日土曜日

2020年7月2日木曜日

シェイプ完了



本日午前中、お客様からオーダー頂いている7'0" Hawk 2のシェイプを済ませて参りました。

明日からグラスワークに取り掛かりたい気持ちで一杯では御座いますが、気温が上がり、小屋の中の室温も軽く30℃を超えるようになってきてしまった為「室温と湿度を何とかしなければ」と思い、明日スポットエアコンを付けることに致しました。

自分の身体は耐えられるものの、高温、多湿はグラスワークには良くない環境ですので、少しでもクオリティーを上げるべく、スポットエアコン導入を決断した次第で御座います。

2020年7月1日水曜日

Surfing


昨日は定休日ということで、茨城大貫へ波乗りに行って参りました。「大して波無いだろう」と思っていたので、少し遅めに宇都宮を出発し、午前6時ごろ到着。

思っていたよりもサイズがあり、波のサイズは腰前後。
風は、ほとんど吹いてなく面も良い状態。
自作ロングボードを手に入水です。

小さめの波は途中で厚くなってしまい、ロングボードでも板を走らせるのに一苦労な感じでしたが、波を選べばロングライドできる波もあり、板を感じることが出来ました。

使用した板は、ピッグアウトラインにナイフィーレイル仕様。レイルに向かってデッキ、ボトムをフォイルし、ボトムを全体的にロールさせています。ハルのような凸面を持つロングボードといった感じ。因みにディメンションは、9'6" x 22 1/2 x 3 1/16

その為、厚めで力のないセクションではやや安定感が欠けるものの、スピードが乗れば板の安定感が増し、グライド感を存分に感じることが出来ると共に、ウォーキング時なども板の安定感を感じることが出来ます。またロッカーを抑えめにしていることもあり、テイクオフも早く、満足いく乗り味になっている気が致します。

3時間ほど入水後、1時間ほど7'0"ミッドレングスで入水し、波のサイズが落ちたのと、セット間が長くなってきたこともあり、帰路についた次第です。

2020年6月28日日曜日

Noserider



昨日、ノーズライダーのテンプレートを製作致しました。
写真上が、ベニヤ板をカットして製作したテンプレート。
在庫しているサーフボードなどからテンプレートをとった訳ではなく、独自デザインのアウトライン。

製作したテンプレートを使用してアウトラインをカットすると、写真下の形になります。やや細いノーズ〜パラレルライン〜テイルエリアでは緩やかなカーブを形成。

少し先になりますが、デモボードを製作する予定です。
既にイメージは出来上がっており、ディメンションは9'6" x 23" x 3"で、ローロッカーにあまり激しくない50/50ナイフィーレイル、緩いロールドボトム、浅目のノーズコンケイブなど。

ここのところ、お客様より「試乗会やらないんですか?」と尋ねられることが多くなっております。しかし、現状では試乗会の開催はなかなか厳しい感じ。コロナの脅威が無くなるまでは、出来ないような気がしております。乗ってみて頂くのが、一番わかり易いかと思うのですが・・・。

2020年6月27日土曜日

続6'10" Hawk 2



昨日午前中、6'10" Hawk 2のシェイプを済ませて参りました。まだグラスワークには取り掛からず、あと2本シェイプしてから、一気に3本グラスしてしまいたい考えです。

3本のうち2本は店置き販売向けの板で、1本はHull、あと1本はデモ用ノーズライダーを作る予定。急遽、お客様よりカスタムオーダーが入った場合には、お客様のオーダーを最優先する為、順番、予定が変わるかもしれませんが、臨機応変に対応出来ればと思います。

2020年6月25日木曜日

6'10" Hawk 2



今日から6'10"シングルフィン(Hawk 2)の製作に取り掛かりました。こちらの板は、店頭販売の予定です。

実店舗の開店に間に合わせるには、お昼頃にはガレージシースワローを出なければならず、どうしても中途半端な作業になってしまうのですが、今日はブランクスからアウトラインを切り出し、厚みの調整まで行い、きりの良いところまで作業してお店に戻って参りました。

製作中の6'10"は、幅が21 1/2、厚みが2 5/8で、前回製作した7'0"と幅は同じものの、厚みを若干落とし、ノーズ、テイル幅を1/4インチ広くしたアウトライン。

明日も午前中に作業を行い、デッキ側をフォイルしてから、ボトム側にコンケイブを入れ、レイルのシェイプまで進められればと思っております。

2020年6月24日水曜日

Surfing



昨日は定休日ということで、波乗りに行って参りました。
県境を超えて向かったのは、お隣の茨城県。

前日に低気圧が通過したこともあり「もしかしたらクローズかも」と思い、少しゆっくり目に宇都宮を出発し、午前6時ごろにポイントに到着。

ややハードなものの、全然出来るコンディションだった為、7'0" x 21 1/2 x 2 7/8ミッドレングスシングルフィン(写真上Hawk 2)を手に入水です。

波のサイズは頭前後で、風は強めのクロスオフ。
若干面がザワついていましたが、問題ない状況。
しかしテイクオフ時、水しぶきによって視界を遮られることがしばしばありました。

こちらの板を作ってから使用したのは2回目。
前回は腹〜胸くらいのサイズで使用。
今回は、前回よりも波のサイズがあり、波に乗る前から「サイズのある波ではどんな感じなのだろうか」と少々ドキドキしてしまっておりましたが、安定感のある早いテイクオフに長さ重さがある割によく動き、狙ったテイストになっていることを確認。安心してドロップすることが出来ました。

一点だけ不満があったのは、何度もドルフィンスルーすると段々沈められなくなってきたこと。
Hawk 2は、小波〜そこそこサイズのある波まで、オールラウンドに使用出来るよう、レイルにボリュームを持たせていることもあり、セット間隔が短いハードなコンディションでは、ドルフィンスルーが少々キツイかもです。

3時間ほどミッドレングスで入水後、今度は5'10" x 20 1/2 x 2 3/8のフィッシュ(写真下)に板を変えて入水。
こちらの板は、ハードなコンディションでもドルフィンスルーし易いように全体的にボリュームを落としており、かなり薄めなレイルにしています。

パドルがややキツいものの、ドルフィンスルーで戻されることが少なく、意外とすんなりラインナップへ・・・。
「ボリュームないとテイクオフ遅いのでは?」と思われる方もいらっしゃることと思いますが、ショートボードと同じ位のポジションからテイクオフ出来るので、特に問題ありませんでした。

また、テイルをやや絞って作っており、マニューバビリティーも全く問題なく、グライド感も良好。サイズがある時に頼りになるフィッシュだと感じました。色々な波でテストしたいと思います。