2017年1月31日火曜日

Surfing






本日は、波乗りに行って参りました。
向かったのは、いつものポイント茨城大貫です。
昨日の予想では、北寄りの風が強く吹くとの予想でしたが
午前7時半頃、ポイントに到着した時点では
風が強くなく、面が整っておりました。

波のサイズは、ヒザ~モモ位。
セット間隔は、やや長め。
9'0"のスポンジボードにて入水です。

しかし、昨日仕事中に背伸びした際
左肩が「グキッ!!」っとなり
ぎっくり腰の肩版をやらかしたようで
パドル中、テイクオフ時、顔を上に向けることが出来ず
かなり苦戦を強いられました・・・

首を左に回したり、顔を上げたりする度に
痛みを感じるため
テイクオフもままならない感じ!?
首を動かさないように立ち上がることで
何本か良い波に乗れた気が致します。

「何とか出来るのでは!?」
なんて思っていましたが
「身体の調子が悪い時には、無理してはいけない」
と思った次第で御座います。

2017年1月30日月曜日

明日

今日は、全国的に気温が高いようで
ここ宇都宮でも、最高気温が13℃とのこと。
春が待ち遠しい今日この頃。
明日は、火曜日ということで
波乗りに行く予定でおります。

波情報やら天気図などをチェックしてみたところ
今夜、前線を伴った低気圧が太平洋側を通過するものの
通過後は、冬型の気圧配置になり
茨城辺りでは北、北西の風が強く吹き
ウネリは抑えられてしまうようで御座います。

そんな訳で、小波でも対応出来るよう
ロングを積んで行きたい気がしますが
デモ用の板を販売してしまっていることもあり
ダベンポート・テストパイロットのニックさんが
使用していた"Tatsuo special"が届くまで
とりあえず、9フィートのスポンジボードを
使用するしかありません。

波乗り出来るサイズがあれば
いつものポイントにて
黄緑色のスポンジボードを使い
変な動きをしていることと思います。

2017年1月28日土曜日

used 8'6" Mandala Pintail Stubby




本日は、昨日入荷したused
マンダラ・ピンテイルスタビー
の紹介で御座います。

ディメンション:8'6" x 22 x 3

フィン:グラスオンプライウッドクアッド

カラー:クリア

フィニッシュ:ウェットサンデッドグロス

こちらの板は、もともとマニーさんの
パーソナルボードだったそうで
マンダラのホームページにも載っております。
気になる方は、チェックしてみて下さいませ。

マニーさんから購入した方は
ほとんど使っていなかったそうで
持っていても勿体ないから、売りに出すことを
決心されたようで御座います。

「フットマークのほとんどは、マニーさんのフットマーク」
とのこと、多少のフットマークが見られますが
デッキノーズ寄り右側に幅1㎝位、長さ10cm位の線状の凹み
ボトムに1カ所直径2㎝程の凹みと
レイルに数か所、クモの巣状のヒビ
グラス作業中に付いたと思われる汚れが
ボトムノーズ付近に有る位で
かなり程度の良いusedとなっております。

リペア痕、リペア必要箇所など無く
板の黄ばみも、ほぼ御座いません。

本日中にオンラインストアへアップ出来るよう
作業を進めて参りますので
こちらの板が、気になる方が、いらっしゃいましたら
こちらを↓チェックしててみて下さいませ。

2017年1月27日金曜日

MAR surfboards

昨春、実店舗をオープンしてから
お付き合いが始まったメーカーやら
ショップが御座います。
その中でも特にお世話になっているのが
MAR surfboardsの石井さん。

シェイプからフィニッシュまで自らの手でこなし
リペアの腕前も抜群。
国内トップクラスと言っても過言ではないかと思います。

オンラインストアのみで営業していた際には
実店舗が無かったこともあり
100%県外のお客様にご利用頂いていたため
サーフボードリペアの需要など全く無かったのですが
実店舗をオープンしてから、地元の方や近県の方に
リペアを持ち込んで頂けるようになり
石井さんに助けて頂いております。

そんな石井さんが、昨日、奥様と共に
シースワローに来店され
なんと、リペアを依頼していた板
ロング3本とフィッシュ1本、計4本も
届けて頂きました。

冬場は、波乗りをお休みされておられる方も
いらっしゃることと思いますが
2017シーズンに向け、今のうちに
サーフボードをリフレッシュするのも良いかと思います。

ぜひ、Mar surfboardsさんに依頼してみて下さいませ。
満足して頂けること間違いなしで御座います。

2017年1月26日木曜日

カスタムオーダーの流れ

本日は、カスタムオーダーの際の
流れについて
紹介させて頂きます。

下記の文は、以前にも書かせて頂いたものを
貼り付けさせて頂きました。
文字が小さくなってしまっておりますが
お許し下さいませ。

カスタムオーダーの流れとしましては
まずは、お見積りを出させて頂くために
オーダーしたい板の仕様を伺います。
(ブランクス、ストリンガー、フィンセットアップ
リーシュ、カラー、フィニッシュ等)

仕様が決まりましたら、お見積りを出させて頂き
ご連絡後、オーダーを確定されましたら、板の代金の半額を
御入金頂きます。

その後、板が完成して日本に到着してから
板の残金、送料を御入金頂き、発送といった
流れになります。

ダベンポート・サーフボードを例にしますと

ブランクスがクラシックウェイトとライトウェイトが選択可
勿論、ストリンガーの種類も選ぶことが出来ます。

クロスは、ボランクロス、トップ10oz+6oz、ボトム10ozか
トップ8oz+6oz、ボトム8ozが選択可

フィンは、オンフィンかボックスでオンフィンの場合
フィンタイプ、在庫の有るカラーから選択可。

リーシュは、ボックスの場合ドリルドかリーシュバンプ
オンフィンの場合、リーシュバンプ、リーシュ無も可。

カラーは、パントーンカラーチャートから指定可ですが
見本となる画像があれば、送って頂く方が間違い御座いません。

フィニッシュは、グロス&ポリッシュ、サンデッドグロス、サンデッド

(デカールの位置は、オーダーシートをメールにてお送りし
位置を記入頂き返信して頂いております。)

これらの事項を選択頂き、御連絡頂くことで
お見積を出すことが可能で御座います。

もし、カスタムオーダーをお考えの際には
お気軽にお電話かメールを頂けますと幸いで御座います。
どうぞ宜しくお願い致します。

2017年1月25日水曜日

Maren surfboard/マレン・サーフボード



Mini Medaka Fish


Round Tail Twin

Photo from Maren's Tumblr & Instagram

毎日寒く、早く春が来てほしいと思う今日この頃。
まだ14℃位ある茨城の海水温が
来月、再来月辺りには、一気に下がりそうな予感です。

ドルフィンスルーの度に
かき氷を頬張った時のような頭痛に襲われ
何発も食らった時には、吐き気を催す程の冷たさ・・・
サーファーズイヤー予防のためにも
冬の茨城では、ヘッドキャップを着用することを
お勧め致します。

さて、本日は、マレン・サーフボードの
エイドリアン・ノット氏から
「もう少しで発送可能」とのことで連絡を頂きましたので
完成した板と製作中の板の写真を
貼り付けさせて頂きました。

イエローの板が、4'10"メダカフィッシュ
シェイプが完了したばかりのフォームが
5'10"ラウンドテイルツイン。
そして、ラウンドテイルツインは、現在グラス中。
ホワイトオペークのウェットサンドで仕上げられます。

日本に到着しましたら
ディメンションなどの情報を
こちらで紹介致しますので
気になる方が、いらっしゃいましたら
チェックしててみて下さいませ。

今日、エイドリアンは、イスラエルから
オーダーが入った板を削っているらしい・・・
地中海でも、稀に良い波が立つそうです。

マレン・サーフボードも随時
カスタムオーダーを承っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

こちら↓から各モデルの画像を見ることが出来ます。

お問い合わせは
028-666-4834
or
seaswallow.surfshop@gmail.com
まで、どうぞ宜しくお願い致します。

2017年1月24日火曜日

No surf....




本日は、マーサーフボードさんへ行くついでに
茨城で波乗りしようかと思っておりましたが
午前8時前位にいつものポイントに到着し
波チェックしてみたところ、スネ~ヒザ位しかなく
波乗りを断念致しました・・・

朝のうち、あまり吹いていなかった風が
マーさんへ向かう道中
車がグワングワン揺れる位強くなり
「入らなくて正解だった・・・」
思った次第で御座います。

グワングワン揺られながら千葉へ向かい
マーさんのところに着いたのが、お昼前位。
早朝より作業して頂き、あまり寝ていないにも関わらず
リペアをお願いしている板のうち
2本のロングをバッチリ仕上げて頂きました。
さすがの集中力。
感謝で御座います。

波乗り出来なかったこともあり
今日一日サーフボードの運搬ということで
経費削減のため、下道を使い
先程、宇都宮に戻って参りました。

次回は、来月初旬に成田空港へ行く際に
マーさんへ伺い、リペア依頼、引き取りを
行う予定でおります。

2017年1月23日月曜日

明日

冬型の気圧配置となり
雪が降り続いている地域も、あるかと思います。
普段、雪があまり積もらない地域でも
雪が積もっているようですので
お車の運転、歩行など、お気を付け下さいませ。

天気予報やスキー場情報などをチェックしてみると
明日は、ディープなやつを狙えるかと思われ
今週は「何も無ければ、スノーサーフかな」
なんて思っておりましたが
パウダーは、お預けで御座います・・・

先週、バタバタっとサーフボードリペアを入庫頂いたのと
Marさんにお願いしているリペアが
何本か出来上がってくる予定のため
リペアの依頼、引き取りに千葉へ向かうことに致しました。
皆様、遠方よりシースワローにお持ち頂き
大変有り難く思っております。

今週入荷したリペアも含めると
今年に入って、すでに10本のリペアを
お預かりしております!?
「冬は海に行かないから、冬のうちにリペアを」
といったことで、リペアに出されるお客様が多いような・・・
何本も持っておられる方は
順々にリペアに出されている気が致します。

そんな訳で、朝二位に茨城のいつものポイントで入水し
その後、千葉のMar surfboardsさんへ行って参ります。
そのため、戻りが遅くなるかと思われますので
ブログアップが遅くなるか、出来ない可能性が御座います。
ご了承のほど、どうぞ宜しくお願い致します。

Driftwood Caravan/ドリフトウッド・キャラバン

Photo from Driftwood Caravan

昨日、ドリフトウッドキャラバンのグラハムさんより
製作中のランドパン・モデルの写真を送って頂きました。
フィンのグラスも終わり、完成間近のようで御座います。
フィンのグラスにもティントカラーを使用し
美しいグラデーション。

下に貼らせて頂いた映像は
Fibre Glas Fin Co.のラリー・アリソン氏が、自らの手で
こちらの板のためのフィンを製作している映像。
施されたアートといい、グラスワーク、フィンなど
かなりスペシャルな仕様となっております。

こちらの板は、日本に到着後
青森のブレイブリーさんへ送られますので
東北方面の方で、気になる方がいらっしゃいましたら
ぜひ、見に行ってみて下さいませ。

アートにも力を入れている
ドリフトウッドキャラバンですが
3月にモラスク・サンフランシスコで開催される
アートボードの展示会に招待されたそうで
展示会に向け、スペシャルなアートボードの
製作に取りかかるとのこと。
どんな板が出来るのか、とても楽しみで御座います。

「展示会が終わってから販売可能」とのことですので
興味のある方が、いらっしゃいましたら
チェックしててみて下さいませ。

Larry Allison

2017年1月22日日曜日

Davenport surfboard/ダベンポート・サーフボード

Photo from Davenport's Tumblr

今朝、ダベンポート・サーフボードの
インスタグラムをチェックしてみたところ
ストック分の9'6"4065がアップされていたので
写真を拝借致しました。

美しいアウトラインに落ち着いたブラウンのカラー。
3インチのカットラップが、よりクラシックな雰囲気を醸し出し
とても素敵で御座います。

来月初旬に入荷予定となっております。
気になる方が、いらっしゃいましたら
ご予約といったことも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

seaswallow.surfshop@gmail.com
or
028-666-4834
まで
どうぞ宜しくお願い致します。

2017年1月20日金曜日

Adam Davenport/アダム・ダベンポート


昨日、今日、貼り付けさせて頂いた映像は
フォトグラファーの竹井 達男氏が撮影、編集し
インスタグラムにアップした映像を
シェアさせて頂いたもので御座います。

とても素晴らしい映像ですので
未だ、ご覧になられていない方がいらっしゃいましたら
ぜひ、ご覧になってみて下さいませ。
ダベンポート・サーフボード
アダム・ダベンポート氏のグラスワークを
観ることが出来ます。

因みに作業している板は
テストパイロット・ニックさん用の
"Tatsuo special"達男スペシャル。
竹井 達男氏のシグネチャーモデルです。
こちらの板は、すでに出来上がり
ニックさんが数回テストを行っております。

今回、ニックさんの要望によりフォイルされ
薄いレイルに仕上げられたTatsuo specialですが
身長190㎝オーバーで、90kg前後の体重がある
ニックさんには、ボリュームが足らなかったようで
一昨日、ニックさんから連絡があり
シースワローにて引き取ることに致しました。
何故なら「日本人成人男子の平均的な体型には
きっとマッチする」と思ったからで御座います。

テストパイロットと共にトライアンドエラーを繰り返し
作られるダベンポート・サーフボード。
益々進化を遂げること間違いなしです。

Shot and Edit by Tatsuo Takei

2017年1月18日水曜日

興味津々


Hydrofoil Surfing with Peter Trow from Ian Boyd on Vimeo.

次は、これが流行ったりして・・・

2017年1月17日火曜日

Surfing








昨晩じっくり考え、結局、今日は海に行って参りました。
向かったのは、いつもの茨城大貫で御座います。

午前7時過ぎにポイントに到着し、波チェックしてみると
昨日は、スネ~ヒザしかなかったのに
胸~肩位の波が割れておりました。

風は、ゆるいオフショアの割に
流れが入っているようで
若干ザワつき、更にヨレ気味だったように思います。

とっとと着替えて、まずはドリフトウッド・キャラバン
ダーティーブレードにて入水・・・
やはり流れが入っているようで
いまいちテイクオフポジションが掴めず
セット間隔も幾分短くなってきたため
何本か乗った後、SIMに板を換え、再度入水。

しかし、今度はサイドオフが強くなり
板が煽られて降り難い状況に・・・
遠くから見ている分には
「良い波じゃん」って思えるのですが
いざ海に入ってみると
つながり気味で、とても速く
ほぼ、テイクオフの練習みたいな感じに
なってしまっておりました。

修行が、まだまだ足らないようで御座います。
来週は、リーサルウェポンを使用したい考えです。

2017年1月16日月曜日

海か山




本日は、第3月曜日ということで
波乗りに行くつもりだったのですが
スモールの予想だったため
波乗り道具は持たずに海へ向かい
波チェックした後、茨城県内にて用事を済ませ
先程、宇都宮に戻って参りました。

今日の茨城大貫は、スネ~ヒザくらい。
北よりの風がかなり強く、車を停めた状態でも

グワングワン揺れるほど!?

明日は、冬型の気圧配置が若干緩み
今日、強烈に吹いていた風も若干収まるそうで
北よりのウネリが入リ易くなるとのこと。
しかし、コンディションによっては
スノーサーフに出かけようかと思っております。

と、言いますのも
やっとシースワロー号の修理が終わり、戻ってきたため
早速、スタッドレスに履き替えたので御座います。
海、山共、差ほど変わらない距離に位置する宇都宮。
コンディションの良い方を選択したい考えです。

2017年1月15日日曜日

グラデーション

Photo from Driftwood Caravan

寒波が襲来しているようで
雪が降り続いている地域もあるかと思います。
ここ宇都宮では、とても冷たい風が吹いているものの
雪は降ってなく、晴れております。

明日は、第3月曜日ということで
シースワローは、月、火と連休の定休日。
隣県の群馬、福島辺りでは雪が降っており
スキー場に行けば、間違いなくパウダー・・・

月曜にスノーサーフに行き
火曜に海に行ければ最高なのですが
年末にメーターが壊れたシースワロー号が
未だ修理から戻ってこないため
スタッドレスを履いていない代車では動きようが無く
少々がっかりしている今日この頃で御座います。

それでは、本日は
ドリフトウッド・キャラバンについて少々。
上に貼らせて頂いた写真は
ラミネートが完了したばかりの
ドリフトウッド・キャラバン・ランドパンモデル。
(ブルーとグリーンの板)

こちらの板は、アートプリントが施されたフォームを
レジンティントでラミネートすることにより
美しいグラデーションが現われております。
超有名レーベルのグラスワークも担当する
カリフォルニア・オーシャンサイドの
グラスファクトリーによるグラスワーク。

アーティストとのコラボにより作られる
ドリフトウッド・キャラバン x サーフィンウィズフレンズモデル
も、カスタムオーダーを承っております。
以前、紹介させて頂いた
サーフィンウィズフレンズモデル

気になる方が、いらっしゃいましたら
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

尚、上に貼らせて頂いた写真に写るランドパンは
青森のBRAVERYさんからオーダーを頂いた板です。

BRAVERYさんでもドリフトウッド・キャラバンを
お取扱い頂いておりますので
東北の方で「ドリフトウッド・キャラバン気になる!」
なんて方がいらっしゃいましたら
お気軽にお問い合わせしてみて下さいませ。

2017年1月14日土曜日

最終告知





Tyler surfboards
Noserider Craftsman
9'10 x 23 x 3 1/8






Tyler surfboards
Standard Limited Craftsman
9'9" x 22 1/2 x 3

今日、明日は、全国的に寒いようで
ここ宇都宮では、午後から雪が降り出しました。
積もらないことを願っております。

話は変わります。
先日、usedのタイラー・サーフボードを
委託販売させて頂いているお客様と、委託ボードの現況や
現在のタイラー・サーフボードの価格などについて
お話ししたところ
「だったら自分で所有していようかな・・・」
と、少々気持ちが揺らいだようで御座います。

ご存知の方も、おられるかと思いますが
タイラー・サーフボードは、一昨年より値上げしており
タイラー・ハジキアン氏がシェイプからフィニッシュまで行う
クラフトマン仕様では、何色かのカラーを使うとか
凝ったデザインでのオーダー等の場合
軽く40万円前後の金額になってしまうのです。

そういったお話もさせて頂き
「手放したら、そうそう買えないかも知れない・・・」
「だったら自分で所有していようかな・・・」
となった訳で御座います。

もともと「タイラーが売れたら
ダベンポート・サーフボードをオーダーしたい」
とのことで、委託販売させて頂いており
ダベンポートをオーダーしたい」といった気持ちも強く
色々と相談させて頂いた結果
「今月一杯様子を見ましょう」という事になりました。

お問い合わせを数件頂いていることもあり
直ぐに商品を下げる訳にもいきませんので
もし、他にもご購入を検討されている方が
いらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

2017年1月13日金曜日

2017年1月12日木曜日

猛プッシュ






今週末は、全国的に気温が低く
雪が降る地域も多いようで御座います。
お車の運転など、お気を付け下さいませ。

それでは本日も、気になって仕方がない人続出の
大注目レーベル、ダベンポート・サーフボード
についてで御座います。

トラディショナルログのみで
12モデル前後のラインナップを揃える
ダベンポート・サーフボードでは御座いますが
ここ日本で、ハイリーレコメンドな
3モデルをピックアップしてみました。

上に貼らせて頂いたカタログ画像が、その3本。
上から4065、ザ・シング、カリフォルニア・クラシックです。
各モデルごとに少々説明させて頂きます。

4065

ダベンポートを代表するスタンダードモデル。
リックUFOにインスパイアされ作られた
こちらのモデルは、オーソドッグスなノーズライダー
といったところ。

セミパラレルレイルに50/50
ノーズボトムにはノーズコンケイブが施され
ドルではフラット、テイルではロールといった感じ
ロッカーバランスもとても良く
ターンが非常に滑らかです。

また、ノーズライド時にテイルに施された
スクープの上を水が流れることにより
テイルをロックする効果があり
ノーズライドの安定感も抜群。

The Thing

ピッグをワイドにしたような
アウトラインを持つザ・シングは
小波で真価を発揮するノーズライダー。

最大の特徴は、10インチあるテイル幅で
テイルボトムエリアにはVeeが施され
幅広のテイルでもスムースなターンが可能。

ノーズボトムにはノーズコンケイブが施され
ミドルではフラット、テイルエリアではVee
といったコンビネーションで
デビッド・ヌイーバ・ノーズライダーロッカーを採用。

テイクオフが早く
膝波でも安定したノーズライドを可能にします。
勝手にネーミングするなら
湘南スペシャルといったところ。

California Classic

こちらは、説明不要のピンテイルノーズライダー。
グライド感に加え、キレのあるターンを求める
ピンテイルフリークを十分満足させる
ポテンシャルを持つモデル。

ざざっと紹介してみましたが
カタログ画像に目を向けてみると
全て長めの設定となっていることに
気が付かれた方も、いらっしゃることと思います。

長さについてアダムさんに相談したところ
「テンプレートを調整して短くも出来る」
との回答を得ておりますので
「自分には長い・・・」
なんて思われた方が、いらっしゃいましたら
お気軽に、長さについてお問い合わせ下さいませ。

ダベンポート試乗会
ダベンポートデモデーでも
これらの3本に乗って頂けるよう
準備をしております。

暖かくなってから開催する
ダベンポートデモデー2017にも
お気軽にお越し下さいませ。