2016年10月31日月曜日

カリフォルニア出張記最終回の巻


オーシャンサイド・ハーバー

オーシャンサイドで見た夕日

カリフォルニアを共に激走したプリウス


本日も、昨日に引き続き
カリフォルニア出張記を書かせて頂きます。
最終回で御座います。

ジーンさんやアダムさん、ニックさんと波乗りした後
ダベンポート・サーフボード納品のため
ベンチュラのショップへ・・・

ベンチュラのショップでは
「日本でダベンポートのディーラーやってます」
と話したところ、色々な板を見せて頂き
オリジナルのTシャツまで頂いてしまいました。

そこのショップでは
オリジナルのスポンジボードを展開していて
「カスタムオーダーが可能」とのこと
カリフォルニアのファクトリーで
ハンドシェイプで作られているそうで
フィンは、フューチャーフィンが付くらしく
かなりクオリティの高いスポンジボードでした。

ショップに訪問した後
皆で近くのメキシカンレストランにて昼食。
その後、ジーンさんとお別れし
アダムさん、ニックさんと共に
ダベンポートファクトリーへ・・・

ニックさんが、アダムさんに
「フィッシュをシェイプして欲しい」とのことで
ブランクスを持参してきており
アダムさんが、フィッシュをシェイプすることに!?
半分遊びみたいな感じだったので、ビールを片手に
「どんなフィッシュが出来るんだ」とワクワクしながら
シェイプを眺めておりました。

かかった時間は、1時間から1時間半位。
あっさり素敵なフィッシュをシェイプし終えた時には
「さすがだな・・・」と思いましたが
「自分は、ロングボードガイだから
ロングボード以外をシェイプするのは好きじゃない」
と言っていたので、短い板のオーダーは
お受けすることが出来ません。

ファクトリーからアダムさん宅に戻り
アダムさんと色々な話をしたのですが
アダムさんのお父さん、叔父さんは60'sからのサーファーで
当時、ウェーバーチームにいたそうで
かなりの腕前のサーファーだったようです。
「アダムさんが、何故ここまで60'sサーフシーンから
多大な影響を受けているのか」といったことが
十分理解でき、納得致しました。

翌朝、アダムさんとお別れし
移動途中にマリブに寄り、軽く波乗りしてから
ロサンゼルス空港近くのモーテルへ・・・

今回の出張では、色々な方々にお会いし
皆、サーフィンやサーフボードに並々ならぬ情熱を
注ぎ込んでいる人達ばかりで
その情熱を分けて頂いたような気がしております。

ここ日本で、彼らのプロダクトを広めるために
少しでも力になれればと強く思っている
今日この頃で御座います。

2016年10月27日木曜日

続カリフォルニア出張記


カーディフ

ここでクロスが積層されます

積層板

積層板からフィンを切り出すバンドソー

切り出したフィンのシェイプ

オフィスには貴重なフィンの数々

ファイバーグラスフィンCO
ラリー・アリソン氏

本日も、昨日に引き続き
カリフォルニア出張記を書かせて頂きます。

エンジョイ・ハンドプレーンを訪れた翌日
朝一からカーディフで4時間ほど波乗りした後
トーランスへ移動。

トーランスでは、ドリフトウッドのグラハムさんと
ファイバーグラスフィンCOのファクトリーで待ち合わせ
ラリー・アリソン氏を紹介して頂きました。

ドリフトウッド・キャラバンの板に付けられるフィンは
全て、ラリーさんとグラハムさんによるデザイン。
週に3回位ファクトリーを訪れ
ラリーさんとフィンについてディスカッションするそうで
グラハムさんは、フィンの知識も相当で御座います。

ファクトリーでは、フィンが製造される工程を
順に案内して頂き、貴重なフィンを見ることが出来たり
ラリーさんにファイバーグラスフィンCOの
ヒストリーなどをお聞きしたりなど、とても勉強になりました。
そして、なんと直接のお取引きが出来ることに!?
近々、ストック分のフィンをオーダーさせて頂く考えです。

ファイバーグラスフィンCOを訪れた後
グラハムさんとグラハムさんの友人の阿部さんと共に
台湾料理店にてラーメンを食べてからお別れし
ベンチュラへ向かいました。

つづく・・・

2016年10月26日水曜日

続カリフォルニア出張記

エドさんとキップさん

ニュープロダクトのコースター

回収したサーフボードの数々

シェイピングベイ

キップさんのワークベンチ

グラスルーム

ダストにまみれたシースワローステッカーが!?

ニューファクトリーと放し飼いのオロ君

ファクトリー敷地内の農園

本日は、先日のドリフトウッド・キャラバンに引き続き
カリフォルニアに行った際、訪れてきた
エンジョイ・ハンドプレーンファクトリーについて
紹介させて頂きます。

カリフォルニア3日目から、オーシャンサイドに滞在し
ちょうど、週末だったため、お取引先には訪問せず
サンオノフレ、サンクレメンテ、オーシャンサイド辺りを
ふらふらしておりました。

土日とも、サンオノフレの
オールドマンズというポイントで波乗り。
日曜日には、ドリフトウッドのグラハムさんと待ち合わせ
ドリフトウッドのサムというロングボードをお借りしたのですが
リーシュなど付けるところが無く、緊張のノーリーシュ。

波のサイズは頭前後あり
ノーリーシュに加え、ワックスがツルッツルの状態!?
「今日のところは、冒険はやめておこう・・・」と思い
ノーズなどは攻めたりせず
とりあえず、板のコントロールに徹しました。
板を流すことなく、その日は無事に波乗りを終え
月曜日には、いよいよエンジョイ・ハンドプレーンへ・・・

ファクトリーに到着し、鍵がかかり閉まっている扉を前に
オロオロしていると、中から「ユウイチ!!」との声
エドさんが出てきてくれました。
ファクトリー内を案内して頂き、1時間程滞在した後
午後1時にカーディフで待ち合わせて
ニューファクトリーへ連れて行ってくれることに。

午後1時まで、2時間程あったので
小一時間ほどカーディフで波乗り。
ドリフトウッドのダーティーブレードを使用です。
波のサイズは、軽くオーバーヘッド。
面ツルの綺麗な波で、パワーが凄く
波の上で体感したことのないスピードを体感。
ダーティーブレードの扱いにも徐々に慣れ
今年一番の波乗りが出来た気がします。

カーディフで波乗り後、エドさんに連絡したところ
「ミッチーズにいる」とのこと
ミッチーズに行き、エドさんと再会した後
ニューファクトリーへ・・・

ニューファクトリーへ行くまでは、峠道をグイグイ上り
着いた所は、かなりの山の中・・・
その中にポツンとファクトリーが!?
ファクトリーの周りには、農園が広がり
様々な果実が採れるそうで御座います。
農園も案内して頂いたのですが
とにかく広く、軽くトレッキングで御座います。

農園をやりながら、ハンドプレーンを作るそうで
ハンドプレーンのファクトリーで使う電力は
太陽光パネルにて賄うらしい・・・
大自然の中で、エコフレンドリーな
エンジョイハンドプレーンが作られることになります。

新たな製品の開発もしており
これからも、目が離せないエンジョイで御座います。

2016年10月25日火曜日

Surfing

本日は、火曜日ということで、再びお休みを頂き
MAR surfboardsさんへ行きがてら、波乗りをして参りました。
向かったのは、茨城鹿嶋で御座います。

朝8時位に鹿嶋のポイントに到着した時点では
ほぼ無風で、波のサイズはセット肩前後。
漁船の往来によるヨレが若干あるものの、まあまあ良い感じ。
ドリフトウッド・キャラバンの7'6"ダブルエンダ―にて
入水致しました。

やはり7'6"位長さがあると
パドル、テイクオフが早く、とても楽。
グライド感も気持ちよく、素敵な板で御座います。
贅沢を言うなら、ドルフィンスルーが
もう少し楽に出来れば最高。
ドルフィンスルーを連発すると、さすがに疲れます・・・

日が昇るにつれ東寄りの風が強くなってきたため
10時半位に海から上がり、MARさんへ・・・

MARさんでは、リペアを依頼していた板と
今日、持ち込ませて頂いたリペアを
ちゃちゃっと仕上げて頂き、すでに持ち帰っております。

仕事が早いからといって雑な仕上がりということは絶対に無く
リペアして頂いた箇所が分からない位
いつも綺麗に仕上げて頂き
大変感謝している次第で御座います。

2016年10月24日月曜日

帰国






昨夜、カリフォルニア出張より戻って参りました。
10日間もブログを更新しなかったため
ページビュー数が、かなり少なくなっております!?
数日間、カリフォルニア出張での出来事を
ご報告させて頂きます。

カリフォルニア到着初日は特に動かず
2日目の朝、オーダーしていたダーティーブレードを引き取りに
ドリフトウッド・キャラバンのグラハムさん宅へ・・・
奥様は仕事で留守でしたが、日本人だそうで
ちょっとビックリです。

ストックの板やらフィンなどをじっくり見せて頂いたり
グラハムさんは、もともとミュージシャンだったこともあり
壁に飾ってあるギターも見せて頂き
その後、グラハムさんと波乗りへ・・・
向かったのは、トレッスルズで御座います。

「まだ乗ったことない板で、いきなりトレッスルズか・・・」
と、少々ナーバスになりましたが、気持ちを切り替え
ダーティーブレードにて入水。

波のサイズはオーバーヘッド。
オンショア寄りの風で、若干面が乱れている状況。
一本目、ダーティーブレードの速さと
波のパワーに圧倒され、板を上手くコントロール出来ず
豪快にワイプアウト・・・

2本目は、レフト方向へ行ったものの
やはり、半端ないスピードと波のパワーに
思うような波乗りが出来ず、首を傾げる始末。
かなりのブレード具合なレイルに加え
かなりのコンベックスボトム。
「そう簡単にはコントロール出来ない」と確信し
スタンディングポジションやフィンの位置を
調整しながらの波乗り。

結局、その日は
ニューボードに慣れることが出来ないまま終了。
波乗り後にグラハムさんが使用している
ファクトリーに連れて行って頂きました。

ファクトリーは、オーシャンサイドに有り
数名のシェイパーと共同で使用しているそうで
レジェンドシェイパーがシェイプしたフォームが
シェイプルームに有ったり
グラス待ちの有名レーベルの板が
かなりの本数有りました。

そのファクトリーでは、グラスのクオリティも高く
かなり高度なグラスワークをこなします。
ぜひ、ドリフトウッド・キャバン・サーフボードを
シースワローに見にいらして下さいませ。
クオリティの高さを感じて頂けることと思います。

つづく・・・

2016年10月13日木曜日

ブログお休み中

カリフォルニア出張のため
只今、ブログをお休みしております。

オンラインストアが10月12~23日まで。
実店舗が10月13日~23日まで
臨時休業となっております。

カリフォルニア滞在中
毎日、インスタグラムに写真をアップして参りますので
気になる方が、いらっしゃいましたら
下記リンクから
シースワロー・インスタグラムへ
行ってみて下さいませ。

どうぞ宜しくお願い致します。





2016年10月12日水曜日

明日から出張

本日午前中に荷造りを
何とか終えることが出来ました。

明日10月13日~23日まで
10日間お店をお休みすることになり
ご不便をお掛け致しますが
どうぞ、宜しくお願い致します。
本日は、午後8時までの営業で御座います。

ダベンポート・サーフボードや
ドリフトウッド・キャラバン・サーフボード
エンジョイ・ハンドプレーンに伺い、親交を深め
より良い製品を日本の皆様に
供給できるよう動いて参ります。

もちろん、アダムやダベンポート・テストパイロット
ドリフトウッドのグラハムなどと
波乗りする予定ですので
写真や映像を撮影し、紹介出来ればと
思っております。

明日からは、こちらのブログのアップをお休みし
インスタグラムのみのアップになります。
気になる方が、いらっしゃいましたら
ぜひ、シースワロー・インスタグラムを
チェックしてみて下さいませ!!


それでは、行って参ります。

2016年10月11日火曜日

2日連続




本日も、成田ピックアップついでに海へ・・・
向かったのは、昨日、試乗会を開催した場所
茨城大貫で御座います。

ちょこっとミラクルを期待していたのですが
相変わらずの北東ビュービューで面ガタガタ。
とりあえず写真だけ撮って、今日も千葉北へ・・・

千葉へ向かう道中では
国道124号で渋滞が発生しており
「通勤ラッシュだろうから、少しの辛抱」
と思っていたら、ほとんど動かず
2日連続の渋滞遭遇!?
(首都圏では、日常的かもしれませんが)

通勤ラッシュでの渋滞ではなく
今日も、故障車が一車線を塞いでしまっており
車線規制されてしまい、そこに通勤ラッシュが重なって
渋滞が起きていたようで御座います。
昨日の状況と、ほぼ同じ!?

2日連続で車線を塞いでいる故障車を見るなんてことは
そうそう無いかと思います。
その後、慎重に運転し千葉へ向かいました。

そして、千葉のポイントに着いたのは10時半位。
1時間だけ入水し、すぐに成田へ向かい
過去最速で通関を済ませ
その後、いつもお世話になっている
波乗り仲間の方に会うため、つくばへ行き
先程、戻ってきた次第で御座います。

台風からのウネリらしきものが
じーっと待っていると、入ってきていたような気が致します。
明日には、もう少しサイズが上がるのではないでしょうか!?

では、そろそろオンラインストアのカート機能を停止致します。
ご不便をお掛け致しますが、どうぞ宜しくお願い致します。

2016年10月8日土曜日

素敵なフォイル具合



Photo from Driftwood Caravan Instagram

3連休初日、ここ宇都宮では
雨が降ったり止んだりの一日となっており
最高気温も、低くなっているようで
半袖では寒く、スウェットを引っ張り出しました。
季節の変わり目、風邪など引かぬよう
お気を付け下さいませ。

さて本日は、ドリフトウッドキャラバンのインスタグラムに
ダーティーブレードの写真がアップされていたので
ペタッと貼り付けさせて頂きました。
スティーブ・クラウスキー氏からインスパイアされ
作られたモデルで御座います。

こちらのダーティーブレード
デッキ、ボトムともフォイルされ
刃のように薄いレイルが形成されております。

カスタムオーダーでは
「ボードのセンターは厚めにして
レイルは、薄く仕上げて欲しい」
との要望をお客様より頂くことが御座います。
その際「では、しっかりフォイルしてもらって
薄いレイルに仕上げて頂きますね!」
なんてお答えするのですが
「フォイルって何???」ってことが、しばしば。

サーフボードの場合
ボードセンターからレイルへ向けて
ボリュームを落とす(薄くする)ことを
「フォイルする」と言うのですが、写真下の矢印の方向へ
向かうにつれ、ボリュームが落とされているのが
確認出来るかと思われます。

フォイルされて形成されるレイルの呼び方も
何種類かあり、テーパーレイルとか、ナイフィーレイルとか
ブレーデッドレイルといった感じ。
ドリフトウッドのダーティーブレードも
切れ味良さそうで御座います。

2016年10月7日金曜日

千葉北~営業

本日は、夜中に宇都宮を出発し千葉北へ・・・
千葉北のポイントにて、お客様と待ち合わせ
ダベンポート・サーフボードを引き渡してきたので御座います。
ついでに1時間30分ほど一緒に波乗りして
その後、ノンストップで走って
何とか営業開始時間までに戻って参りました。

そんな訳で、近県の海で待ち合わせ
板をお渡しするなんてことが
可能ですので「お店が遠くて行けない」とか
「送料節約したい」なんて場合には
朝一待ち合わせにはなってしまいますが
近県のポイントに出向くことが可能で御座います。
(距離にすると宇都宮から
160km圏内くらいのポイントであれば
何とかなるかと思います)

そして、今日の波は膝です・・・
シースワロー号に積んでいた板は
10'ダベンポート・カブと7'6"ドリフトウッド・ダブルエンダー。
迷うことなくハードケースからカブを取り出し
ちゃちゃっと準備して入水です。

風はクロスオフ強で、面ザワつき気味。
セット間隔が、すごーく長く
お客様と喋りながら波待ちし
たまーに来る膝波に無理くり乗る感じ!?

スモールコンディションでも
長さ、重さのあるカブは、余裕で波を捉え
グイグイ走ってくれるため
まあまあ楽しんでしまったのですが
お客様にも乗ってみてもらったところ
「今、使っている板より乗り易い!」
「この板、良いですね!!!」と言って頂き
帰りの道中は、嬉しさのあまり
ニヤニヤしながら運転しておりました。

やはり、違いの分かる男に褒めて頂けると
扱っているシースワローとしましても
大変嬉しいので御座います。

3連休最終日10月10日は、天気が良いようですので
ぜひ、違いを感じに試乗会へいらして下さいませ。

2016年10月6日木曜日

変更

今朝、いつもお世話になっている運送会社から連絡があり
本日到着予定の便に貨物を載せることが出来なかったようで
「明日夕方到着予定の便に変更になりました」とのこと
どうやら中国の連休"国慶節"が影響しているらしく
空の便など混雑しているようで御座います。

そして今日、成田に着くはずだった貨物は
ドリフトウッドキャラバン・デモ用5'10"ミニシモンズと
カスタムオーダー分の6'8"スーパースタビー。

10日の試乗会にて、ミニシモンズにも
乗って頂こうと思っていたのですが
明日夕方成田着では、最短で火曜日のピックアップ!?
残念ながら、10日の試乗会には間に合わないのです・・・

そのため、今回の試乗会で試乗できる板は
ダベンポートのカブ、キテン、4065、3本と
ドリフトウッドキャラバン・ダブルエンダーの計4本になります。
本数が少ないですが、お気軽にお越し下さいませ。

来週火曜日にはピックアップで成田。
木曜日には、出発のため成田。
ピックアップした板をシースワロー号に
積みっぱなしにする訳にもいきませんので
激走するしか御座いません・・・
安全運転で動いて参ります。

2016年10月4日火曜日

Surfing

本日は、火曜日ということで、波乗りへ行って参りました。
まずは茨城へ向かい、いつものポイントを軽くチェック。
とてもグラッシーな感じで、良さげだったのですが
サイズが小さかったため、サイズを求め、鹿嶋方面へ・・・
向かっている途中で、波乗り仲間より連絡があり
「こちらもサイズが小さく、意外と風がある」とのことで
鹿嶋もスルーして、千葉北へ向かいました。

今週は、千葉に行くつもりは無く「近場で済まそう」
なんて思っていたため、Mar surfboardsの石井さんには
「今度の火曜日は、行きません」と伝えてしまったのにも関わらず
結局、千葉北での入水となったので御座います。

波のサイズは、セットで胸前後。
風は、サイドオンが強めに吹き、面が若干乱れている感じ。
先日まで販売していた、真っ赤なドリフトウッド・キャラバン
ダブルエンダーにて入水。
(こちらの板をオーダーする時「デモとして使ってくれないか」
と言われており、デモとして使っていたスーパースタビーが
売れてしまったこともあり、下してしまうことにしたのです)
フィンは、グリーノウ4Aボラン9.0"を使用。

始めのうちは面の悪さに加え、潮が多いからか
割れにくい波に手こずり
乗り味といったことは感じられなかったのですが
徐々に風が弱まり、面が少しマシになってきてからは
乗り味をしっかり感じる事が出来ました。

長さがあるため、パドル、テイクオフは勿論早く
乗った感じは、ロングと短いシングルフィンの中間といった感じ。
ミッドレングスですので、当然のことなのですが・・・
「短い板じゃキツいけど、ロングに乗る気分じゃない」
なんて波や状況の時に、最高に気持ち良く波乗りできる板。

「ロングしか乗らないけど、もう少し動かせて
取り回しの軽いやつがいい」とか
ロングでは厳しいような波のサイズの時にも
頼りになる長さかと思います。

今月10日の試乗会で乗って頂くことが可能ですので
気になる方が、いらっしゃいましたら
ぜひ、試乗会に来てみて下さいませ。

2016年10月2日日曜日

Hayden shapes new model/ヘイデン・シェイプス







アンタイトル

本日は、ヘイデンシェイプスのニューモデルの紹介で御座います。
アンタイトルと言う名を持つ、ウイングスワローテイル。

"アンタイトル"はスピード、様々な波に対する柔軟性
そして楽しさを追求したモデルになります。

少し幅を持たせたアウトラインにウィング、スワローテール
ディープシングルコンケーブto Veeを組み合わせる事により
パドルが速くどのようなコンディションでも
ボードをトップスピードまで加速させてくれます。
テールのハイロッカーにより、ボードがよりコントロール出来
自由なサーフィンが可能。

現在このモデルはAUS製のカスタムオーダーのみで
オーダーを受け付けております。

2016年10月1日土曜日

サーフマット





Photo from Maren's Tumblr

先日、晴れたかと思えば
その後、ずっと曇りか雨が降っているここ宇都宮。
来週には、台風の影響が出てくるかと思われ
「前線を消し去って欲しい・・・」と思う
今日この頃で御座います。

話は変わります。
先日マレンのタンブラーをチェックしてみたところ
サーフマットの写真を発見致しました。
どうやら、シェイパー、アーティスト、デザイナーでもある
エイドリアンが、サーフマットを作ったようで御座います。

ここ日本でも、密かに注目されているサーフマット。
サーフマッター(サーフマットで波乗りする人)や
ハンドプレイニング(ハンドプレーンでのボディーサーフィン)
など、一般的に認識されているサーフィン以外のサーフィン
比較的簡単に楽しめる波乗りが
もっともっと一般の方達に認識され、人口が増えれば
それはそれで、海や環境などに
色々な変化が出てくると思うのです。

エイドリアンにサーフマットの詳細を聞いてみます。