2018年12月15日土曜日

2018年12月14日金曜日

年末年始のお休みについて

12月中旬ということで、いよいよ2018年も残り少なくなって参りました。そんな訳で、本日は年末年始のお休みについて少々書かせて頂きます。

例年ですと年末年始は、スノーサーフィンに出かけてしまいますが、2018年-2019年はスノーサーフィンには行かず、大掃除を兼ねて31日大晦日の午後7時くらいまで店を開け、元旦にはお休みを頂き、早朝より波乗りに行こうかと考えております。

そして翌1月2日、3日もお休みを頂き、波が良ければ海へ向かい、波が良くなければシェイプルームを製作しようかと思っております。年末年始は、殆どの方が何処かへお出かけされることと思います。ご来店される方はいらっしゃらないかと思われますので、このような日程でやらせて頂くつもりです。

31日が午後7時閉店。1月1日、1月2日、1月3日がお休み。
1月4日より通常営業となります。

元旦には余程の悪天候でない限り、ダベンポート・タツオスペシャルやグリーク・フルカスタムVボトムを積み込み、海へ向かいます。大貫4Beacheさんにいるかと思いますので、もし元旦に大貫へ行かれる方がいらっしゃいましたら、お気軽に声をお掛け下さいませ。板をお見せしたり、乗ったり、触ったりして頂くことが可能です。

2018年12月13日木曜日

used Davenport 9'7" Miscreant




Davenport Miscreant 
9'7" x 23 x 3 1/8

本日は、昨日急遽入荷した委託usedダベンポート・ミスクリーントの紹介です。

こちらのモデルは、サーフアピッグのマイク・ブラック氏とアダム・ダベンポート氏によってデザインされたモデルで、10oz x 6oz x 10ozボランクロス、クラシックウェイトブランク、 4ストリンガー、ノーズウェッジ、テイルブロック、ディケールなど、マイク・ブラック氏が所有しているミスクリーントと同じ仕様で作られた特別仕様。

委託主は、ダベンポート・サーフボードの他のモデルが気になってしまい、散々悩んだ挙句、売りに出すことを決意したようです。そして気になる板の状態は、フットマークが殆ど無く、かなり綺麗なのですが、リペア必要なヒビ箇所が3箇所ある為、リペア後の販売となります。

既にお店に持ち込まれておりますので、気になる方がいらっしゃいましたら、お気軽にお立ち寄り下さいませ。もちろん全国発送可能となっておりますので、お電話、メール、インスタグラムDMからでもお問い合わせ頂けます。

2018年12月12日水曜日

昨日、一昨日


 2018.12.10




2018.12.11

昨日、一昨日は定休日ということで、波乗りへ行って参りました。向かったのは両日とも茨城大貫4Beacheさん。

一昨日は、午前7時過ぎにダベンポート・タツオスペシャルにて入水。朝のうちは寒かったからか、腰前後の面ツル極上波が貸し切り状態。2回目のタツオ・スペシャル使用だったのですが、だいぶ板に慣れてきた気が致します。ロッカーやボリュームなどのバランスが凄く良いからか、パドルがスルスル進んでテイクオフがめちゃめちゃ早く、旋回性、ノーズライド性もとても素晴らしいのです。

結局、タツオ・スペシャルにてお昼過ぎまで入水してしまい、慌ててお昼のカップラーメンとおにぎりを食べ、午後からはグリーク・フルカスタム・Vボトムを使用。
午後になりサイズが下がってモモ位。風はオフショアで相変わらず面が良く、えらい勢いで板が走ってくれました。

グリークVボトムも少し慣れてきたからか要領を覚え、何本か乗ったうちコケたのは1回位。テイクオフと同時に波のフェイスにレイルを入れ、低い姿勢で乗ることによって板が安定し、セクションからセクションへ板がスルスル走ります。その走り具合は水面の抵抗を感じることなく、正にグライドといった感覚。なんとも気持ちの良い感覚です。

1時間くらいVボトムにて入水してから帰路についたのですが、既に午後2時を回ってしまっており「今日は、シェイプルームの土台作れないかも」と思いながら、とりあえず宇都宮のホームセンターを目指しました。木材やコンクリーブロックなどをチェックし、かなりの重さになること、木材をカットしてもらうのに時間がかかることなどが分かり、シースワロー号の中の荷物を全て下ろしてから、後日改めてホームセンターに行き、材料を調達することに致しました。

そして昨日は、カリフォルニア・エルセグンドから日本に観光で訪れているダベンポート乗りの仲間ザックさんと共に波乗りするべく、再び茨城大貫4Beacheさんへ・・・。せっかくなので、事前に近郊のダベンポート乗りの方々にお声がけし、皆で波乗り。

一週間予報では、火曜日には太平洋沿岸を低気圧が通過する為、天気が悪く北東の風が強く吹くとのことで「ジャンクorハードか!?」、「どうしましょ」なんて思っていたのですが、低気圧の通過がズレ込んだようで、昨日は北風がやや強かったものの、晴れて波乗りできるコンディション。ザックさんも日本での初波乗りを存分に楽しんで頂けたようで、大満足で帰路につきました。

セッションに参加された方々もザックさんと共に波乗りを楽しみ、コミュニケーションを図っておられたので「同じ趣味を持つ者同士、やはり国境なんてないな」と強く感じた次第で御座います。

2018年12月9日日曜日

10日、11日は定休日

明日、明後日、シースワローは定休日となります。そんな訳で、明日は午前中に軽く茨城大貫にて入水したのち、午後には宇都宮に戻り、ホームセンターに木材を買いに行くつもり。「木材で何を?」と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、いよいよシェイプルームの製作に取り掛かる考えなのです。

実弟が、今年より"ガレージ・シースワロー"という車屋を宇都宮近郊に開業し「借りている倉庫内に空きスペースがあるから使ってくれ」とのことで、空きスペースの大きさを測ってみてもらったところ、閃いてしまったのです・・・。そこにはサーフボードを作るのに丁度良い広さがあったのです。

とりあえず、明日は土台や床だけ決めてしまい、後日、壁やら屋根やらを作る考え。屋内に建てる小屋ということもあり、雨風の心配がいらず、ダストが外に漏れないようにシーリングさえしっかりすれば、ベニヤ板を上手く使って簡単にお手頃に作れそうな気がしています。たぶん、5万円前後で出来るはず。

「自分で作って売るつもりか?」と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、販売の為にサーフボードを作る訳ではなく、自分で乗ったり、友人、知人に貸して乗って頂ければと思っております。シェイプルーム製作記なども紹介出来ればと思っておりますので、気になる方がいらっしゃいましたら、たまにシースワローブログをチェックしてみて下さいませ。

そして火曜日は、再び茨城大貫4Beacheさんへ向かい、ダベンポート・タツオスペシャルやグリーク・フルカスタムをフルに使って、早々にモノにしたい考えです。

2018年12月8日土曜日

THE BOARDROOM SHOW JAPAN


先日、ダベンポート・サーフボードのアダムさんより"THE BOARDROOM SHOW"の資料を入手し「いよいよ日本でも開催か」と、少々ドキドキしてしまったのですが、本日、一足早くお店に届いたNALU1月号をペラペラめくると、ショーの広告を発見。2019年5月、TRC東京流通センターにて開催予定とのことです。

ボードルームショー がどのようなショーなのか、既にご存知の方も沢山いらっしゃるかと思います。上に貼らせて頂いたリンクに詳しく紹介されておりますので、まだご存知でない方、興味のある方がいらしゃいましたらチェックしてみて下さいませ。

簡単に書いてしまえばサーフィン関連の大規模な展示会といったところ。2007年にカリフォルニア・デルマーにて開催されたのが始まりで、毎年カリフォルニアで開催され、多くのサーフボードレーベル、サーフボード関連商品サプライヤーなどが出展します。シースワローが日本総代理店としてお取り扱いさせて頂いているダベンポート・サーフボードやエンジョイ・ハンドプレーンなども出展するショー。

日本で開催となれば代理店として出展し、日本の皆様にアピールすることが役目かと思うのですが、日本初開催ということで「果たしてどれ位の出展者が集まるのか?」、「どれ位の来場者があるのか?」といったことを慎重に見極める必要があると考え、まだ出展を決め兼ねております。カリフォルニアの約3倍の出展料ということもありますし・・・。

少々様子を見てからアダムさんと相談し、結論を出したいと思っております。万が一出展することになりましたら、再びご報告させて頂きます。

2018年12月7日金曜日