2018年6月17日日曜日

Craftsman

Gene Cooperさん(@gcoopa)がシェアした投稿 -

先週、クーパーフィッシュ・サーフボードのジーン・クーパー氏が、アップしたインスタグラム映像を観た波乗り仲間の方から連絡があり「ジーンさん、ダベンポートのTシャツ着ていますね!」とのこと。ジーンさんのインスタグラムをフォローしていますが、全く気が付かなかったため、再度よーく観てみたところ、ジーンさんの左胸にダベンポートロゴを発見。何だかジーンとしてしまいました。

ダベンポート・サーフボードのアダムさんは、ジーンさんと同じファクトリーをシェアしており、とても素晴らしい関係が築かれているのです。また、ファクトリーには週2回ほどランス・カーソン氏が訪れるなど、レジェンドシェイパー達からも多くを吸収し、シェイプ、グラス、サンディングなど全てにおいて日々スキルアップしています。

シースワローオープン当初から付き合いのあるアダムさんに一生物の自分用の板を作って頂きたいと考える今日この頃。

現在、デモボードとして使用している板を自分でも使用している訳ですが、デモボードは自分に合わせて作って頂いた訳ではなく、平均的日本人体型、波に合わせて製作して頂いており「出来ることなら今年中に自分用の一生物のダベンポート・サーフボードをオーダーしたい」なんて思ったりしているので御座います。

「どのモデルをオーダーするつもりなんだろ?」と気になった方もいらっしゃるかと思いますが、いずれ分かることと思いますので、まだ伏せておくので御座います。

ダベンポート・サーフボードも随時カスタムオーダーを承っております。気になる方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

2018年6月16日土曜日

Surf A Pig


昨日、今日、ここ宇都宮は、ついこの間までの暑さが嘘のように消え去り、薄手のジャケットを着て丁度良いくらいの気候になっております。また、台風6号が接近するようで、海はクローズになる予想。明日も茨城辺りでは、ジャンクコンディションなのではないでしょうか?

そのため、明日開催予定だった茨城大貫4Beacheさんでのプチ試乗会は、中止することに致しました。天気、波が良さげな第二、第三日曜日に開催したいと思いますので、ご理解のほど、どうぞ宜しくお願い致します。

さて、話は変わりますが、サーフアピッグ・カリフォルニア本部が主催する"Surf A Pig LUAU 8"が、いよいよ来週土曜日に開催されます。場所はサンオノフレ。

ピッグフリークな方で「ちょうどその日は、カリフォルニアトリップ中」なんて方がいらっしゃいましたら、ぜひサンオノフレに行ってみて下さいませ。ピッグを持って行かなくても、マイクさん所有のピッグをお借りできることと思います。(激混みの中、ノーリーシュでのサーフィンになるかと思いますが・・・)

そして今年2回目となるサーフアピッグジャパン・ルアウは、7月10日(火曜日)茨城大貫4Beacheさんでの開催予定となっております。4Beacheさん裏には大洗サンビーチキャンプ場なんていう絶好なロケーションのキャンプ場などもありますので「前日入りしてキャンプ」なんてことも可能。


近くに"潮騒の湯"といった温泉なんかもあります。(Tatoo、刺青のある方は入場不可)


ピッグフリークな方は勿論、ピッグに興味のある方もお気軽にサーフアピッグジャパンルアウにお立ち寄り下さいませ。

2018年6月14日木曜日

明日は17時開店予定


明日は、板を引き取りに行かなければならず、実店舗の開店は17時ごろになる予定で御座います。ご不便をお掛けいたしますが、どうぞ宜しくお願い致します。

それでは、本日も映像をペタッと貼り付けです。
次世代のロガーを紹介している映像。
気になる方がいらっしゃいましたら、チェックしてみて下さいませ。

2018年6月13日水曜日

AIDENTIFY





今日は、台風5号からのウネリが残っていたようで、グッドコンディションの中、波乗りを満喫された方もいらっしゃるのではないでしょうか?とても羨ましく思っております。

梅雨時では御座いますが、台風が来たり、意外と晴れの日があったりと、季節はすっかり夏。皆様、夏の準備はお済みでしょうか?

本日は、真夏に快適に波乗り出来るAIDENTIFY 1mm フロントジップロングスリーブジャケットとサイクルキャップの紹介で御座います。

まずは、1mm ジャケット(AIDENTIFY WEBより)
通常2mm厚のタッパーをフラットシーマー(4本針)という特別なミシンを使用し1mm厚の素材の使用を可能とした。素材、生産とメインドイン・ジャパンにこだわり海外製に多い1mm厚スーツの完全国内生産にこだわったアイテムです。

2018モデルはスーツ内側にロゴをプリント。
”ウエットを干しているその時に”にこだわりました。

バックジップの脱ぎ着に不安な方も多いと思いますが、通常使用するバックジップより長めの物を使用していますので安心の脱着感です!(ジップの長さはサイズによって異なります)。ウエスト部にはめくれ上がり防止のループが装着されていますので、トランクスの紐と結び合わせてご使用いただけます。

ロングボーダーにオススメはもちろん、スタイルにこだわるショートボーダーにも人気にフロントジップジャケット。通常の鉄製のジップではなく小さめのプラスチックタイプのジップを使用しているので、パドリング時のゴロツキ感も少なくジップを下ろしても着用いただけます。

サイクルキャップ(AIDENTIFY WEBより)
2018年のニューキャップ。ひさしの裏にロゴが入るタイプとなります。
プラス、顎紐は付いていますが、万が一海で流してしまった場合を考え、ひさし部分は浮力のある素材を使用していますので、海の藻屑となる心配はありませんので安心してご使用いただけます!


ナイロンの7 倍もの強度を持つ耐久性に優れた繊維 “CORDURA” を使用した新しいスタイルのサーフキャップ。
風に強いサイクリングキャップからイメージしたサーフキャップは海でも街でもご使用いただける仕様となっています。

Mサイズ:頭囲56~58cm
Lサイズ:頭囲58~60cm
※後部のアジャスターを使用することでサイズは前後伸縮可能となっています。

各少量ですが、すでにオンラインストアへアップ済んでおります。気になる方がいらっしゃいましたら、チェックしてみて下さいませ。



2018年6月12日火曜日

休日返上


Maren Channel Fish
5'8" x 20 3/4 x 2 5/16

Maren Quad Fish
5'10" x 20 1/2 x 2 3/8

本日は火曜日ということで、本来なら定休日のため、波乗りに行っているのですが、昨日、台風5号が通過したばかりで、茨城の海はクローズコンディションな上、ここ宇都宮では天候が不安定なこともあり、バイクにも乗れない始末・・・。「ならオンラインストアへアップしてしまえ」と思い、朝から仕事をしております。

昨日は左目の充血がまだ治らず、海に入って悪化するのも怖いので、波乗りはせずにマーサーフボードさんへ直行致しました。リペア依頼の板3本を引き渡し、その後、成田空港へ行きマレン・サーフボードをピックアップ。

ちゃちゃっと輸入通関、納税を済ませて板を引き取って帰路についたのですが、台風が接近していたからか風雨が激しく、シースワロー号がグワングワン揺れておりました!?そして、宇都宮が近くなり、信号待ちで「あと少し・・・」なんて思っていたところ「ガサガサガサ、バコーン!!!」と木の枝がボンネットとフロントガラスに・・・。

「絶対凹んだでしょ・・・」と思いながら帰宅してから、ボンネットを確認してみたところ、特に傷、凹みはなく一安心。「できることなら台風時などには車に乗りたくない」と思った次第です。

ここで、肝心な板についての情報を少々。
今回は、どちらの板もグロス&ポリッシュにてフィニッシュして頂きました。そのため、かなり艶やかで美しい仕上がりとなっております。気になる方がいらっしゃいましたら、ぜひ御来店頂き、見て触って頂ければと思います。

あと、クアッドフィッシュの方は、フューチャーフィン仕様なのですが、フィンは付属しておりません。

すでにオンラインストアへアップしておりますので、こちらをチェックしてみて下さいませ。

2018年6月10日日曜日

明日、明後日は定休日


明日は第2月曜日ということで、月、火と連休の定休日になります。台風が接近することもあり、明日の波乗りは絶望的な気が致しますので、火曜日の台風通過後を狙って海に向かえればと思っております。

そのため明日月曜日は波乗りせず、お預かりしているリペア依頼サーフボードをマーサーフボードさんへ搬入後、先週火曜日にすでに到着しているマレン・サーフボードを引き取りに成田空港へ行って参ります。

波の状況によっては火曜日には波乗りに行かず、引き取ってきたマレンの撮影、オンラインストアへのアップなど済ませる考えでおりますので、早ければ火曜日にはブログ、インスタグラム、フェイスブックなどで紹介出来るかも知れません。気になる方がいらっしゃいましたら、引き続きチェックお願い致します。

4フィート台から9フィート後半までラインナップするマレン・サーフボードも随時オーダーを承っております。アーティスト、デザイナー、シェイパーであるエイドリアン・ノットの感性を存分に感じて下さいませ。

2018年6月9日土曜日

選択

この頃、映像などをペタッと貼り付けてブログを済ませておりますが、どうも左目の調子が良くなく、なるべくPCやスマホ画面を観る時間を減らしているので御座います。何となくドライアイが激しいような気が・・・。充血しシバシバする状態が続いております。ドライアイ用の目薬を点し、幾分改善した気が致しますので、今日は少し書かせて頂こうと思いました。

まずは、以前「第2、第3日曜日、コンディションが良ければ、午前中に茨城大貫4Beacheさんにてプチ試乗会を開催します」と書かせて頂き「今月は明日10日と17日の予定」とのことだったのですが、台風5号接近のため、明日はコンディション悪化が予想されますので、海には行かないことに致しました。第2、第3日曜日のプチ試乗会は、コンディションが良い時のみ開催致しますので、ご了承下さいませ。

再び話が変わります。
シースワローがお取り扱いさせて頂いているサーフボードレーベル、特にトラディショナルロングボードをラインナップするダベンポート、ピーター、ロジャー・ハインズは、各々一人の手によってシェイプからフィニッシュまで行われており、そのクオリティの高さは、かなりの高評価を得ております。

また、シースワローにてトラディショナルロングボードをカスタムオーダーされたり、購入されるお客様は、重めの板を好む方が多く、皆様、確固たるスタイルを持っておられる方ばかり。

そのためか、カスタムオーダーをご検討され、来店されたり、お問い合わせ頂くお客様からは、よく「重い板しか扱わないのですか?」との質問をお受けすることがありますが、そんなことはなく、ライトウェイトでのカスタムオーダーも勿論可能で御座います。

特に重いダベンポートのクラシック仕様では、トップ10oz x 6oz、ボトム10oz、US Blanksのクラシックウェイトブランクを使用し、重さ12kg前後。ライトウェイト仕様では、トップ8oz x 6oz x、ボトム8ozのオールボランクロスにUS Blanksのライトウェイトブランクを使用することで、板の重さは10kg前後になります。

体重の軽い男性や女性の方で「重くて取り回しが心配」とか「持ち運びが不安」といった場合には、クロス、ブランクの組み合わせを変え、更に軽くすることも可能ですので、お気軽にご相談下さいませ。

また、ライトウェイト仕様の試乗用ボードなんてのも御座いますので、試乗会では乗り比べることが出来てしまいます。ぜひ乗ってみて頂き、比べて頂ければと思っております。