2020年7月30日木曜日

続9'8"






ここのところ営業時間中も何かと作業しており、ブログまで手が回らない状況となっております。

ブログを休みがちとなってしまっておりますが、手が空いている時には、何かしらポストしていきたいと思います。

さて本日は、先週より製作が始まったカスタムオーダーロングボードの写真を貼り付けさせて頂きました。

既にデッキ側、ボトム側のラミネートが終わっており、本日午前中、ディケールとレジンリーシュブリッジを取り付けてから、デッキ側のサンディングコートまで作業を進めて参りました。

残る工程は、ボトム側のサンディングコート〜サンディング〜デッキ側トップコート〜ボトム側トップコート〜サンディングですので、5工程。幾つもの工程を経てサーフボードが完成します。

特に時間を要するのがグラスワーク。
昨年の水害によって、店内の商品点数が約半分に減ってしまったこともあり、売り場面積を縮小して、店内半分をグラスルームとして有効活用するべく、現在、シースワロー店内を自らの手で改装しております。

シェイプは、ガレージシースワローで行い、グラスワークをシースワロー店内で行えば、時間を気にせずグラスワーク出来るため、サーフボード製作の効率を上げると共にクオリティも上げることが出来ると思うのです。

2020年7月26日日曜日

2020年7月25日土曜日

2020年7月22日水曜日

9'8"




一昨日午前中、9'8"のシェイプに取り掛かり、昨日、波乗り後にシェイプを終えました。

一昨日は、7'0" Hawk 2のボトム側をホットコートし、硬化を確認してから、9'8"のシェイプに取り掛かり、厚み、ロッカーを調整。そして昨日、波乗りから戻ってから、デッキ、ボトムをフォイルしてレイルを形成し、シェイプ完了です。

デッキ、ボトム共にレイルに向かってボリュームを落とし、マイルドなピンチドレイルにしたかったので、センターの厚みは3 1/8。いい感じのロールドボトムを形成出来たと思います。

木曜日の午前中にフィンボックスを取り付け、来週から本格的にグラスワークに取り掛かる予定です。

波乗りの方は、昨日朝6時ごろ茨城のポイントに到着。自作9'6"ログを手に入水です。

「大して良くないだろう・・・」と、全く期待していなかったのですが、いざ入水してみると腰前後位のサイズだったものコンスタントに波があり、面もまずまず。ライト、レフト共にいいブレイクをしており、その上、サーファーの数も少なかったので、良い波を何本も乗ることが出来てしまいました。

2020年7月19日日曜日

あと少し




写真は7'0" Hawk 2サンディングコート時のもの。サンディングを既に済ませ、デッキ側のトップコートまで工程が進んでおりますので、明朝、ボトム側のトップコートを済ませたのち、午後からロングボードのシェイプに取り掛かれればと思っております

今回製作するロングボードは、以前、自分、デモ用に製作したロングボードよりも「テイル側の幅をワイドにしてピッグアウトラインにして欲しい」とのカスタムオーダーを受け、念のため新たにテンプレートを製作して対応することに致しました。

下に貼り付けさせて頂いたアウトラインが、新たに製作したテンプレートを使用して製作するサーフボードのイメージ。


既にボトムやレイル形状、ボリューム配分、ロッカーなど、しっかりイメージ出来ており、アウトラインはピッグでもクラシックな感じにはせず、モダン寄なテイストを入れられればと思っております。

製作工程ごとにブログやインスタグラムなどで紹介できればと思っておりますので、気になる方がいらっしゃいましたら、引き続きチェックしててみて下さいませ。

2020年7月18日土曜日

New outline


ここのところ、ほぼオリジナルサーフボードの紹介しかしていない気が致しますが、今後はオリジナルサーフボード、エンジョイハンドプレーンのみお取り扱いしていく考えでおりますので、オリジナルサーフボードに関する投稿が増えてくることと思います。

そんな訳で、本日はnewアウトラインの紹介です。
先月、サイズがある時に7'0" Hawk 2に乗ってみて「サイズある時は、こんなにボリュームいらないな」と思い、これからの台風シーズンに向け、新たにテンプレートを製作することに致しました。

現在使用している7'0" Hawk 2は、幅が21 1/2、厚みが2 3/4。
ボリュームがあるのでパドル、テイクオフが楽な反面、ドルフィンスルーが少々キツいこともあり、全体的に幅を絞ったアウトラインに厚みも抑えて製作するつもりでおります。

コロナの状況にもよりますが「今年中にもう一度、四国へ行って波乗りしたい」といった想いもあり、パワーのある四国の波にも対応できるようアレンジする考えです。

ディメンションは、6'6" x 20 1/2 x 2 1/2。
お客様から頂いている数本のカスタムオーダーが完成次第、製作に取り掛かりたいと思います。

2020年7月16日木曜日

Glassing



7月初旬より製作が始まった、カスタムオーダー・7'0" Hawk 2 のボトム&デッキのラミネートを先週終え、火曜日の午後と今日の午前中にサンディングコートを行いました。残すところ5工程ほどで完成する予定です。

他には現在、ロングボードのオーダーが2本入っておりますので、こちらの板が完成次第順次シェイプを行い、グラスワークに取り掛かれればと思っています。

話は変わります。
火曜日の定休日に、茨城大貫へ波乗りに行って参りました。波が小さく、風向きが合わないのも分かっていたのですが、ロングボードは積んで行かず、7'0" Hawk 2だけ積んで行きました。スモール&面が良くない状況で、使用してみたかったのです。

波のサイズは、モモあるかないか位。風は北寄りの強めでクロスオン。面はガタついていました。ライト、レフト共、何本か乗ることが出来、そんな状況でもしっかり機能してくれることを確認。ガタついてパワーのない波でも板が走ってくれて、長さの割りにマニューバビリティーもあり、なかなかの好感触でした。

スモールからそこそこサイズのある波まで、オールラウンドに乗ることが出来るモデルとなっております。