2019年9月30日月曜日

明日は定休日

明日は定休日ということで、朝から波乗りに行って参ります。とりあえず、茨城大貫4Beacheさんに向かい、北東の風が強かったり、波が良くないようであれば、千葉北まで行くつもりです。

持って行く板は、ダベンポート・エルカデオの他、自作した板3本。茨城でコンディションが良ければ、朝だけ波乗りしてから午前中には宇都宮に戻り、シェイプ途中の板のシェイプだけでも終わらせてしまう考え。千葉北まで行った場合には、午前中一杯波乗りしてから一般道を使って、ゆっくり宇都宮に戻るつもりです。

ガラリと話しが変わります・・・。
ここのところ「ネットで検索して来ました」といった地元の方が、頻繁に来店されるようになり、お話を伺う機会が以前にも増して増えてきているような気がしております。

その多くの方は、オルタナ系ボードとかトランジショナルボード、トラディショナルロングボードに興味がある訳ではなく「検索して出てきたサーフショップが、ここだった」といった感じ。

どんな板を使っているのか尋ねてみると「普通のショートボード(スラスター)」といった方々が殆どで「普通のショートボードは扱っていないのですか?」と尋ねられることもしばしば。

大型チェーン店以外では、宇都宮の街中にはシースワローしかサーフショップが無く「メインストリームである、スラスターなんかも扱った方がいいのかな」なんて思ったり「スタイルを崩さず、このままでいいのでは」などなど、色々考えてしまう今日この頃なのです。

「ショートボードも扱って、がっつり儲けてやろう」というよりは「地元サーファーのお役に立ちたい」といった気持ちしかなく、もう少し様子をみてから、何らかの措置を講じたいと思っております。

2019年9月29日日曜日

FISH



昨日の午前中、早速、US Blanksを使用してシェイプを開始致しました。

「午前中でシェイプ終わるだろう」と思っていたのですが、電動プレーナーの刃が欠けてしまっていることに気が付かず、プレーナーを2往復させてしまった為、フォームが穴だらけに・・・。

しかし、ラッキーな事に、その穴は削りたい厚みまでには達しておらず、その後、電動プレーナーを使わずにハンドプレーナーだけを使い、デッキ、ボトムを平らに削り、厚みを2 1/2までもっていきました。

デッキ、ボトムを平らにするのに時間が掛かってしまい、結局、レイルを途中までシェイプした時点でタイムアップ。今度の火曜日にはシェイプを終わらせて、次のフィッシュのシェイプに取り掛かりたいと思っています。

ついでにシェイプの流れを簡単に紹介させて頂きます。
まずは、ブランクスにテンプレートを当ててアウトラインを引いてから、フォームを切り出し、その後、電動プレーナーを使って、厚みやロッカーを調整。

(シェイパーによっては、まず電動プレーナーを使って、厚み、ロッカーを調整してから、デッキ、ボトム面を整え、テンプレートでアウトラインを引き、フォームを切り出すなど、それぞれのやり方があります)

デッキ面、ボトム面、側面を整えた後、電動プレーナーを使って、レイルをある程度削ってから、手作業でレイルを整え、今度は、ボトム側の作業に移ります。ボトム側からもレイルを整え、その次にコンツアーを形成。最後にフィッシュのスプリット部分をカットして形成すれば出来上がりといった感じ。

2019年9月28日土曜日

2019年9月27日金曜日

USBlanks



注文していたブランクスが3本、今日、お店に届きました。
今まで作った板に使用したフォームは、US Blanks製ではなく、オーストラリア製。何年か前に一度に6本程まとめて仕入れたブランクスを倉庫にて保管しておりました。その為、US Blanksを使用するのは今回が初めてです。

3本共、フィッシュ、エッグなどに使用される6'2"Aといったブランクス。写真をよくご覧になって頂くと、ブランクスのノーズ部分が、グリーンに塗られているのを確認出来るかと思われます。このノーズの色はフォーム密度を表しており、スタンダードがブルー、ブルーよりもフォーム密度が少し多いものがグリーンになります。

そして、ストリンガーやロッカーなんかも、もちろん選択可能で、今回はストリンガーにはバスウッドをチョイス。ロッカーについては、本当はノーズロッカー抑えめにカスタムしたかったのですが「カスタムロッカーの場合には入荷まで2ヶ月程掛かってしまう」とのことでしたので、長めのブランクスをチョイスして、ロッカーを調整することに致しました。

明日から製作に取り掛かり、オリジナルアウトラインの5'8" Fishを2本、5'6"Fishを1本の計3本を作る予定。

製作状況など、ブログやインスタグラムなどで紹介出来ればと思っておりますので、興味のある方がいらっしゃいましたら、引き続きチェックしていてみて下さいませ。

2019年9月26日木曜日

2019年9月25日水曜日

昨日





昨日は定休日ということで、波乗りに行って参りました。
茨城大貫をチェックしてみて、波乗り出来そうにもなければ、鉾田方面での入水を考えていたのですが、国道51号を走行中に大貫を見た感じでは、何とか出来そうな気配。

とりあえず、4Beacheさんにシースワロー号を停め、海を眺めてみたところ、全然出来るコンディションであると判断し、ダベンポート・エルカデオを手に入水致しました。

朝のうちは風が弱く、綺麗な面をしており、たまに入ってくるセットの波でモモ位のサイズ。しかし、インサイドが深く、途中で波が無くなってしまう状況だったこともあり「波に乗った」といった感覚をあまり感じることが出来ませんでした。

波数の少なさ、力の無さに1時間程で飽きてしまい、一旦海から上がって休憩。海を眺めていると、潮が引いてきて幾分割れるようになってきた気がしたので、今度は自作ワイドバージョンフィッシュにて入水。

スモールコンディション用に作っただけあって、意外と乗れてしまい、ようやく「波に乗った」と感じることができ、2時間程入水した後、帰路についた次第です。

そして、お知らせです。
来月の第二月曜日(体育の日)は、シースワロー定休日と重なりますので、ダベンポート・サーフボードと自作サーフボードを積み込み、茨城大貫4Beacheさんにて一日中ボーッとしていようかと考えております。波、天気にもよりますが、その日、大貫にいかれる方がいらっしゃいましたら、お気軽に声をお掛け下さいませ。

板をお貸しすることが可能です。

2019年9月23日月曜日

明日は定休日

明日は火曜日ということで、定休日となります。そんな訳で、明日の風予測やら波浪予想などをチェックしてみたところ、茨城辺りでは北東の風が吹き、波がかなり小さく、コンディションあまり良くないような感じ・・・。

とりあえず、ダベンポート・エルカデオと自作フィッシュワイドバージョンを積み込み、茨城大貫をチェックしてから、ウネリを拾い易い鉾田辺りをチェックしてみて、波乗り出来そうにもなければ、宇都宮に戻ってサーフボード製作を進める考えでおります。

サーフボード製作の方は、現在製作中のハルっぽい板が完成してから、今度は、再び短めのフィッシュの製作に取り掛かる予定なのですが、何本か作って乗ってみて「サーフボードを製作する上で重要なのは、ボリューム配分とロッカーバランス」と感じました。

全体的にバランスが整った板をシェイプ出来るよう作業を進めると共にグラスのクオリティーも上げていきたいと思っております。

2019年9月22日日曜日

2019年9月21日土曜日

used


 Christenson Ocean Racer


Kookbox

ここのところ、委託usedが続々入荷しています。
先日は、上に貼らせて頂いた2本の板をお預かり致しました。お店の中が、サーフボードで溢れかえっております。

写真上がクリステンソン・オーシャンレーサー
写真下がクークボックスのツインフィン。
長さは、どちらも5'8"。

どちらの板も、フットマークが満遍なく見られるものの、リペア必要箇所は、既にリペアが済んでおり、リペア必要箇所は御座いません。

価格は、どちらも54,000円(税込)、10月からは55,000円(税込)になります。現金のみでの販売です。

どちらも地方発送はせず、店頭でのお渡しのみでの対応とさせて頂きますので、気になる方がいらっしゃいましたら、お気軽にご来店下さいませ。

2019年9月19日木曜日

昨日の続き


本日は、火曜日に大き目の波で使用した、自作ワイドバージョンフィッシュについてなど書かせて頂きます。

火曜日の大き目の波では、本当は自作ナローバージョンフィッシュを使いたかったのですが、朝一で使用していたこともあり、既に準備が整っていたことや「一刻も早くラインナップに辿り着きたいと」思い、そのまま使うことに致しました。

腰前後の波でしか使用したことがなく「オーバーヘッド+の波で機能するのだろうか?」と少々不安な気持ちを持ちながら1本目の波にテイクオフ。昨日、書かせて頂きましたように1本目の波は形の良いレギュラーで、ボトムに下り切った後、レイルを切り替えトップターン。トップターンしてからは、ダウンザラインで板を加速。その際、板の小刻みな縦振動を足裏に感じました。

自作フィッシュワイドバージョンは、軽いハルエントリーから浅いシングルコンケイブ。そして、テイルエリアでは浅いダブルコンケイブといったコンツアーに加え、全体的にアッパーレイルに仕上げているからか、マックススピードで板が走っている時、ハイドロプレーニングによって、小刻みな縦振動が発生したような気が致します。

ただ単に「体重に対してボリュームが有る」といったことかも知れません。バランスを崩すほどの振動ではなく、至って普通にドライブの効いたターンも出来ましたので、レイルやボトム形状に改良を加えることなく、次回は少しボリュームを落として作ってみたいと思います。

自分の手で作った板が、大き目の波でも十分機能したこともあり、少しだけ板作りに自信を持ちながら、海からの帰りにガレージ・シースワローへ・・・。

上に貼らせて頂いた、ハルっぽい板のグラスワークに取り掛かるつもりでいたのですが、今回は、フィンも自作するつもりでいるため、先にフィンを完成させてからラミネートに取り掛かることに致しました。

2019年9月18日水曜日

昨日


昨日は、定休日ということで、波乗りに行って参りました。

北東風が入る予想に変わった為、行き先を変更して千葉北へ・・・。朝6時過ぎ位にはポイントに到着。波のサイズが胸前後で、やや厚めのような気がしたので、自作ワイドバージョンフィッシュを手に入水致しました。

既に結構な人数が入水しており、人の多さ、波数の少なさにストレスを感じてしまい、1時間程入水後、誰もいないポイントへ移動。移動したポイントではセットで軽く頭オーバーに加え、ややセット間隔が短く、ハマってしまったらきつそうな感じ・・・。

セット間隔や流れなどを入念にチェックした後「いける」と判断し、再び自作ワイドバージョンフィッシュを手に入水。意外とすんなりラインナップに辿り着き、ラインナップに向かう途中、ドルフィンスルーしたのは5回位だったような気が致します。

ラインナップに着いても、すぐには波に乗らずにピークを入念にチェックした後、何本かの波にパドルしてみたのですが、バックウォッシュが入ってピークがズレてしまったり、強めのオフショアによって前が見えなかったり、入水から30 
分位は、なかなかタイミングを合わせられませんでした。

そして、徐々にポジションが決まりだした頃、目の前にレギュラーの波が!?全力で漕いで、板が滑り出したのを確認。一気に立ち上がったところ、全力で漕ぎながら慌てて立ってしまった為、バランスを崩して背中から倒れそうに・・・。

「絶対に倒れない!!」と、何とか体勢を立て直し、ボトムターンからトップへ・・・。その後、3回ボトムターンをした覚えがあります。なんと、今年一番のロングライドに加え、大きなラインでのサーフィンが出来てしまったのです。

しかし、2本目の波に乗る頃には人が増え始め、3本目に乗った波ではテイクオフと同時に両足ふくらはぎが攣ってしまった為、2時間程で海から上がり、今度は茨城大貫へ向かいました。

波乗りするつもりはなかったのですが、とりあえず1時間程入水。ガタガタの厚い波を一本も乗ることが出来ないまま帰路についた次第です。

2019年9月16日月曜日

明日は定休日

3連休最終日の敬老の日、第3月曜日ということで、例年ですと試乗会を開催しておりますが、本日は実店舗の営業を行う為、海へは行かずに待機しております。

天気図をチェックしてみると、太平洋沿岸を低気圧が通過しているようで、茨城大貫辺りではジャンクな様子。試乗会を開催したとしても、試乗する人はいなかったと思われ「なんだかんだで結果オーライだった・・・」と思ってしまいました。

さて、明日は火曜日ということで定休日になります。今日、低気圧が通過し、茨城辺りでは、波のサイズ十分ありそうな気配。その為、ダベンポート・エルカデオは持って行かずに、自作ナローバージョンフィッシュと自作ハルっぽいセミガン"Gull"を積み込み、茨城大貫4Beacheさんへ向かうつもりでおります。

午前中には北東の風が強まる予想となっておりますので、早目に切り上げて宇都宮に戻り、サーフボード製作作業などを進める考えです。

話は変わりますが、ここのところ、Surf Grip製グローブ、ブーツ、ヘッドキャップなどの防寒アイテムをご注文頂く機会が増えて参りました。

数量に限りがあり「冬本番には既に在庫が無い」なんてことがありますので「今年は、買い換えなきゃ」なんて方がいらっしゃいましたら、早めにご注文されることをお勧め致します。おおよその納期は、10月下旬〜11月中位になるかと思われます。

2019年9月15日日曜日

The Black




昨日、トランプウェットスーツの方が来店され、The Black 2018年モデルSteamer 3mmフル既製サイズLを2着、ストックとしてお預かり致しました。

2018年冬モデルということで割引販売の許可を得ておりますので、Lサイズ限定となってしまいますが、定価60,000円(税抜)から30%Offにて販売させて頂きます。

割引後の価格は45,360円(税込)です。
気になる方がいらっしゃいましたら、是非、見にいらして下さいませ。もちろん試着も可能です。

2019年9月14日土曜日

KATANA RAIL


今日の午前中、先週火曜日にシェイプしたハルっぽい板の手直しをして参りました。

先週、シェイプに掛かった時間が約4時間。今日は、午前9時頃から手直しを開始し「これ位でいいのでは」と思い、手を止めたのが午前11時頃。

一本の板を削り出すのにかなりの時間を要してしまっておりますが、シースワローシェイプのオーダーを頂いている訳でもなく、オーダーを抱えている訳でもないので、自分自身が納得するまで、時間かけ放題となっております。

「何を手直ししたのか?」と申しますと、フォイル加減を手直しし、レイルをかなり薄く仕上げてみたのです。

「意味が分からない」といった方が殆どかと思われますが、レイルを薄く仕上げるには、レイル部分だけをただ薄くすればいい訳ではなく、板の中心からレイルに向かって緩やかにラウンドさせフォイルしていかなければ、レイルに向かって綺麗なRを形成出来ないのです。

上に貼らせて頂いた写真が、フォイル済みの写真。
レイル部分に見られる影から、そのレイルの薄さを判断頂けるかと思います。名付けて"KATANA RAIL"(日本人ウケよりも外国人ウケを狙ったネーミング)

デッキ、ボトム共にまあまあエグいフォイル具合となっておりますので、乗り難いこと間違いなし。しかし、上手く乗りこなせれば、そのスピード、フローを感じられるはず・・・。

今度の定休日(火曜日)、時間に余裕があればグラスワークに取り掛かりたいと思っております。

2019年9月13日金曜日

臨時営業

今度の月曜日(16日敬老の日)は、第3月曜日となりますので、通常ですとお休みを頂いておりますが、先月末から今月頭にかけてお休みを頂いたこともあり、今月は火曜日以外の定休日である第2、第3月曜日を休まず営業することに致しました。

定休日と重なる祝日ということで、例年ですと茨城大貫4Beacheさんにて、ダベンポート・サーフボード試乗会を開催したりしていたのですが、昨年オーダーしたデモボードが未だ出来上がっておらず、今年は試乗会を開催出来ない状況となっております。

また、アックスクラシック早期予約購入キャンペーン終了まで、残り約10日となってしまい、明日、明後日を含めてキャンペーン終了まで、土日はあと2回しかなく「土日祝にしか動けないお客様の為にも、店を開けておきたい」といった考えもあったり致します。

因みに2019 FWアックスクラシック早期予約購入キャンペーンは9月23日(月)まで。キャンペーン対象モデルをオーダー頂いた場合には予約特典があり、通常ウェットスーツ価格の10%かかるフルオーダー料が無料に加え、5,000円の割引といった内容。是非、この機会にオーダーをご検討下さいませ。

2019年9月12日木曜日

AXXE Classic MINIMALISM


9月10日より受注が始まったAXXE Classic MINIMALISM SERIES。生地が無くなり次第、オーダー締め切りの数量限定となっております。

シースワローにはサンプルが御座いませんが、もちろんオーダーを承っております。

近隣、近郊にお住いの方で、ミニマリズムシリーズが気になる方がいらっしゃいましたら、早めにご来店頂き、オーダーされることをお勧め致します。

2019年9月11日水曜日

昨日




昨日は定休日ということで、茨城、千葉を激走して参りました。

朝6時前くらい、とりあえず茨城大貫4Beacheさんにて波チェック。しかし、波よりも何よりも、いつもとは違う光景に目が点に・・・。

4Beacheさん入口には小屋があり、小屋の前には日除けの屋根があったはずなのですが、どうやら台風によって吹っ飛ばされた様子。また、海側にも日除けの屋根が設置されていたのですが、その屋根も吹っ飛ばされた模様・・・。

波の方はと言いますと、腰前後のサイズがあるものの、まだまだ地形が良くないようで、ダンパーに加えてバックウォッシュといった状況。千葉方面に用事があることもあり、鹿島方面で入水するべく、4Beacheさんを後にしました。

鹿島方面へ向かう途中、気が付いたことが!?
殆どの信号が消えてしまっていたのです。
「海側は、結構な被害があったんだな」などと思いながら、鹿島のポイントに到着。やってやれなくもない状況だったので、自作のピンテイルハルを手に入水。どうやら、こちらのポイントも地形があまり良くないようで、厚めで波が張ってこない感じ。

ろくに乗れないまま3時間程入水した後、千葉旭のマーサーフボードさんへ向かったのですが、千葉へ向かう道中も広い道路以外の信号は、殆ど機能しておらず、あちこちで渋滞が発生。違う方向を向いている信号、屋根や壁が一部剥がれた家なども多数見られ、凄まじい風が吹いたことを容易に想像出来てしまいました。

そんな中、マーサーフボードさんにて板を引き取った後、再び鹿島のポイントへ向かい、夕方2時間ほど自作フィッシュで入水。厚めの波の影響で「波に乗った!」という気にはなれないまま帰路についた次第です。

2019年9月9日月曜日

明日は定休日

今日、ここ宇都宮では明け方より雨風が強くなり、風によって飛び散った木々の枝や葉っぱが、道路に散乱してはいたものの、雨量は大したことがなかったようで、近所の川の水位が少し上がった程度。午前中には晴れ間が現れ、現時刻では通常を取り戻しております。

そして、明日は火曜日ということで、シースワローは定休日となります。その為、朝のうち茨城大貫4Beacheさんにて波乗り後、千葉方面を回ってから宇都宮に戻り、先週の火曜日にシェイプしたハルっぽい板のシェイプの仕上げ、ボトムのラミネートを行ってしまう考えでおります。

(先週末から先週始めにお休みを頂いてしまいましたので、本日、第二月曜日では御座いますが、休まず営業致します。)

明日は、波のサイズが残っていそうな気配。自作ナローバージョンフィッシュとダベンポート・エルカデオを積み込み海へ向かう予定です。

フィッシュが完成してから、始めのうちは「果たして自分のシェイプは通用するのだろうか?」などと思いながら、おっかなびっくり波に乗っておりましたが、小波からオーバーヘッドのあらゆるコンディションで使ってみて、十分通用することが分かりましたので、自信を持って波に乗ることが出来てしまいます。

「乗ってみたい」なんて興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、海でお会いした際など、お貸しすることが可能です。また、常連のお客様方には数日間お貸しすることも可能ですので、お気軽にご来店下さいませ。尚、使用後には感想をお聞かせ頂きます。良いことも悪いこともお聞かせ頂けますと、今後に繋がりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

2019年9月8日日曜日

お気を付けください



皆さま、既にご存知のことと思いますが、何やら、静岡、関東甲信地方では、本日夕方くらいから明日明け方にかけて暴風に加え、雷を伴った猛烈な雨が降る予想となっているようです。

帰宅が遅くなる方がいらっしゃいましたら、お車の運転などくれぐれもお気を付け下さいませ。

台風15号は、明日のお昼頃には太平洋側へ進む予想となっていることもあり、茨城辺りの波情報などもチェックしてみたところ、波のサイズは明日午前中にピークを迎え、徐々にサイズダウン傾向。

災害など起きないことを切に願っております。

2019年9月6日金曜日

used surfboards

Josh Hall surfboards

Driftwood Caravan surfboards/Super Stubby

夏が終わったからか、先日紹介させて頂いたused Driftwood Caravan Shim-Fish以外にも、続々委託usedが入荷しております。

写真上が、ジョシュ・ホールのフィッシュ。今となっては珍しい旧ロゴのケルプロゴです。

写真下が、ドリフトウッド・キャラバン/スーパースタビー。サイドバイトフィンがグラスオンされたハルになります。とても乗り易いハルですので「ハル乗りたいけれど、乗れるか心配」なんて方にもお勧めの板で御座います。

どちらの板も既にオンラインストアへアップしておりますので、気になる方がいらっしゃいましたら、チェックしてみて下さいませ。

こちら↓

2019年9月5日木曜日

Hull


一昨日の火曜日、午後から波乗りに行くつもりでいたのですが、茨城辺りでは北東の風が吹いていたのと、疲れもあった為、波乗りに行く気になれず、午後よりガレージ・シースワローに向かい、ブランクをシェイプしておりました。

上に貼らせて頂いた写真が削り終えた写真。
フィッシュのテンプレートと以前製作したミニシモンズ用のテンプレートをミックスしたアウトラインとなっており、ディメンションは、6'6" x 21 1/2 x 2 7/8。

時間を掛けてしっかり作り込み、クオリティを更に上げたい考え。細かい所まで気を配り、自分自身が納得出来る仕上げに持っていければと思っています。

2019年9月4日水曜日

ご不便お掛け致しました





Driftwood Caravan/Shim-Fish
5'8" x 21 1/2 x 2 15/16

昨日早朝、出張より戻って参りました。

今回は、波乗りとはあまり関係のない出張だった為、内容等、割愛させて頂きます。

お休みとは知らず、ご来店頂いた方もいらっしゃるかと思います。ご不便をお掛けしてしまい、申し訳御座いませんでした。

さて本日は、お休み前にお預かりした、委託used Driftwood Caravan 5'8" Shim-Fish/ドリフトウッドキャラバン・シムフィッシュの紹介です。

こちらの板は、アーティストであるマウロ・フェラーロ氏デザインのアートをデッキ&ボトムにエアブラシで描いたスペシャルバージョン。

シモンズとフィッシュを合わせたようなモデルなので"シムフィッシュ"といったモデル名が付けられています。

その為、ボトム形状はハル/コンベックスエントリーからテイルエリアでは深めのダブルバレルVeeといったコンツアー。そしてレイルは、ダウンレイル。

気になる状態は、ほぼフットマークが無く、リペア痕、リペア必要箇所なども無い、ほぼ新品に近い状態となっております。

本日中にオンラインストア(下記URL)へアップ致します。
気になる方がいらっしゃいましたら、チェックしてみて下さい。