2019年7月31日水曜日

昨日






昨日は、波乗りへ行って参りました。向かったのは、茨城大貫4Beacheさん。

珍しく、信号に3回ほどしか捕まらず、その上、めちゃめちゃ遅いトラック等いなかったからか、午前5時前に4Beacheさんに到着。セットの波はコシ〜ハラ位あり、短い板でも楽しめる状況。まずは、自分で作ったフィッシュ小波スペシャルを手に入水致しました。

先週使用した際は、漁船やオンショアによる影響で、面がガタついてしまっていた為、フィッシュ小波スペシャルの調子がイマイチ分からないまま海から上がったのですが、昨日は何本かの切れ目のある波に乗ることができ、板を感じることが出来ました。

しかし、板の感覚、レギュラー、グーフィーといったことは鮮明に覚えているものの、全神経をサーフボードとの接点である足裏に集中していたからか、どんなブレイクだったのか全く覚えておりません・・・。たぶん、”ゾーン”に入っていたのだと思います。

「そんな訳ないだろ」と思う方が殆どかと思いますが、サーフィンを始める前の20代前半は、国内フォーミュラーカーカテゴリー最底辺であるFJ1600でレース活動をしていた際にも、”ゾーン”に入ることがしばしばあり、その際には限界域での車の挙動が手に取るように分かり、完璧に車をコントロール出来たのです。

話がズレてしまいました・・・。仕上げなどサーフボードとしての外見は不合格ではあるものの、サーフボードとしての機能面では合格点をあげたいと思います。まだ、自分以外に乗った人がおらず、他人の意見も聞かせて頂きたいと思っておりますので、海で見かけた際にはお気軽に声をお掛け頂き、ぜひ、乗ってみて下さいませ。出来ることならフィッシュ乗りの方に乗ってみて頂きたいです。

2時間ほどフィッシュで波乗りした後、今度はダベンポート・エルカデオに板を換え、ラウンド2に突入。が、徐々に潮干狩りの方達がインサイドに現れ始め、集中力を欠く始末。1時間程で海から上がり、その後、千葉へ向かいました。

そういえば、昨日は、サーファーと潮干狩りとの接触事故がありました。潮干狩りの方は、大貫海の子の禁漁区で潜って貝を採っていたようで、海面に浮かび上がったところ、サーフボードと接触。何やら1時間位ゴネていたようですので、潮干狩りの方達がインサイドにいる際には、トラブルに巻き込まれないよう十分注意して下さいませ。近付かない方がいいと思います。

潜っていられたら、サーフボードに乗っている方は、全く分かりません。もし何かあってトラブルになったら警察を呼ぶことをお薦め致します。

2019年7月28日日曜日

グラッシング


昨日午前中、ガレージシースワローにて現在製作中のピンテイルハルのボトム側をラミネートして参りました。

写真に写るテイル寄りの長方形のパッチは、フィンパッチ。フィンボックス用のジグやトリマーを持っていない為、ボックスにはせず、フィンをグラスオンしてしまいます。そして、今度の定休日には宇都宮に戻り次第、デッキ側のラミネートに取り掛かる予定。

できれば、来月の定休日となる8月12日、13日に使用したい考えでおりますので、作業の出来る日をカレンダーでチェックしてみたところ、あとは8月6日火曜日と8月10日土曜日の午前中しか作業出来る日がなく、残りの作業工程を終えることが出来ないと確信してしまいました。(お盆中、定休日以外は通常営業致します)

今度の火曜日にデッキ側のラミネートを終えることが出来たとして、残りの作業はフィンアップ、レジンリーシュブリッジの取り付けで1日。デッキ側のホットコートで1日。ボトム側のホットコートで1日。サンディングで1日。

どうしても8月12日に間に合わせたいと思いますので、今週木曜日、金曜日は午後4時頃から実店舗を開店させて頂く考えでおります。ご不便をお掛け致しますが、ご理解、ご了承の程、よろしくお願い致します。

2019年7月27日土曜日

used Almond 5'10" Kookumber



本日は、委託usedボードの紹介です。
アーモンド・サーフボードのクーカンバー。
ディメンションは、5'10" x 21 1/4 x 2 7/16。
ワックスを剥がす際についたスクレーパーによる線傷が見られるくらいで、リペア痕、リペア必要箇所なし。フットマーク少な目で、程度の良いusedとなっております。

usedフィン、usedハードケースが付属致します。
気になる方がいらっしゃいましたら、下記リンクをチェックしてみて下さいませ。

2019年7月26日金曜日

向上心


ここ宇都宮では、毎日、雨の降らない日はなかったものの、気温が然程上がらず、とても過ごし易かった先週とはうって変わって、今週は暑く湿度の高い日が続いております。まだ本格的な夏が始まったばかりにも関わらず、既に夏バテ気味・・・。皆様も熱中症などにはお気をつけ下さいませ。

さて明日は、午前中お手伝いに行っている自動車整備工場がお休みということで、シースワロー開店前の午前中、グラスワークを行う考えでおります。こう気温が高いと、すぐにレジンの硬化が始まってしまうかと思われますので、硬化剤の量を少なくして対処します。

とりあえず明日は、上に貼らせて頂いたピンテイルのボトムをボラン6ozでラミネートし、定休日の火曜日にピンテイルデッキ側のラミネートとミッドレングスフィッシュのシェイプに取り掛かるつもり

フィッシュのグラスに比べれば、ピンテイルのグラスは楽かと思いますので、クオリティーを上げるべく、しっかり下準備を行ってから作業に取り掛かります。

2019年7月25日木曜日

Duct Tape Portugal



現在、ダベンポート・サーフボードのアダム・ダベンポート氏が出張シェイプの為に訪れているポルトガルでも、ロギングが盛んなようです。

2019年7月24日水曜日

昨日





昨日は定休日ということで、波乗りへ行って参りました。午前3時に起床し、向かったのは茨城大貫4Beacheさん。5時頃に到着したにも関わらず、まあまあの人数が既に入水しており、速攻着替えて完成したばかりのフィッシュと共にラインナップに加わりました。

入ったばかりは風が弱く、漁船によるヨレがあるものの、面は然程悪くはなかったのですが、ブレイクが良くなく、切れている波を見つけるのが難しい状況。テイクオフ出来たとしてもブレイクが速く、なかなか板を走らせることが出来ませんでした。「少し走らせることが出来た」と思えたのは、北東の風によって面がガタつき始めた頃に乗ることが出来た一本だけ。

完成したばかりのフィッシュは、先に完成したオレンジ色のフィッシュよりも幅があり、ワイデストポイントでは21"、テイルエンドでは12"の幅があります。またテイルエリアにはやや厚みを持たせており、パドル、テイクオフがイージーな仕様。そんな仕様だからか、オレンジ色のフィッシュよりもフロー感、ルース感を感じました。

その他に感じたことは、ボラン6ozデッキパッチ+4oz、ボトム4ozのライトウェイトなグラスでテイル幅があるからか、荒れた面では凸凹の影響を受け易かったような気が致します。まだ、一度しか使ってなく、波があまり良くなかったこともあり、ポテンシャルを十分に発揮できていないかと思いますので、色々なコンディションで使用して、次に製作するフィッシュに活かせればと思っております。

2時間ほど完成したばかりのフィッシュで波乗りした後、今度はオレンジ色のフィッシュに板を変えて入水。やはりブレイクが良くなく「少し走らせることが出来た」と思えたのは、1時間半入水して一本だけ・・・。

こちらの板は、ワイデストポイントでは20 1/2"、テイル幅が11"、グラスがデッキ6oz+4oz、ボトム6ozのやや重めなグラスに加え、テイルエリアの厚みを抑えているからか、ガタついている面でも然程影響なく乗ることが出来ました。こちらの板と交互に使用し、改善点など探っていければと思います。

2019年7月22日月曜日

明日は定休日

ここのところ、ここ宇都宮では毎日どんよりとしており、雨が降らなかった日が何時だったのか、すでに覚えておりません。記録的な大雨が降り、甚大な被害が出ている地方もあり、早く天候が安定することを願う今日この頃で御座います。

さて明日は火曜日ということで、シースワローは定休日となります。そんな訳で、風予測、波浪予測などをチェックしてみたところ、茨城大貫辺りでは朝のうち風が弱く、波が胸前後ありそうな予感。先週おろしたフィッシュと完成したばかりのフィッシュの2本を使うつもりです。

完成したばかりのフィッシュは、長さ、厚みが同じものの、幅、全体的な厚み、コンツアーなどのアレンジを少々変えており、イージーパドル、イージーテイクオフ、パワーのない厚めな波での乗り易さをイメージして作ってみました。海で見かけましたら、お気軽に声をお掛け下さいませ。板をお貸しすることが可能です。

海から戻り次第、明日もサーフボード製作作業を行いたかったのですが、シースワロー号の車検が来月初旬に切れてしまう為、栃木陸運支局にシースワロー号を持ち込み、車検を通してしまう予定。「車検終わってからサーフボード作ればいいか」と思っていたところ、知人にバイクの車検も頼まれてしまいましたので、バイクと車の車検の為、陸事を往復しなければいけません。

なるべく、ちゃちゃっと車検を済ませ、先週、途中までシェイプした板のシェイプを終わらせてしまいたいと思っております。

2019年7月20日土曜日

サンディング開始


サンディング作業開始。
来週月曜日中に全ての作業を終え、火曜日に使いたいと思います。

2019年7月18日木曜日

FISH



本日は、昨日の続きを書かせて頂きます。

火曜日の定休日には海へは行かず、朝からサーフボード製作作業を進めておりました。月曜日にフィンのグラスオンを終え、今度はデッキ側にレジンリーシュブリッジを取り付け。乾くまで一旦放置し、夕方、再び作業を開始。レジンリーシュブリッジが乾いたのを確認してからデッキ側のホットコートを終えました。

先ほど、シースワロー開店前にシースワローガレージへ向かい、今度はボトム側をホットコート。ラミネートと比べてホットコートは、ホットコートレジンを刷毛で塗ればいいだけなので、マスキングさえしっかりしていれば、ものの数分で片付いてしまいます。

しかし、アセトンに浸けていた刷毛をウエスで簡単に拭き、よーく乾燥させないまま使用してしまったからか、ホットコートを終えたレジンの表面にツブツブが出来てしまいました・・・。刷毛代をケチったせいでクオリティーを落とすというダメダメな展開。

ホットコートが硬化してから軽くサンディングしてみて、ブツブツが消えないようなら、もう一度薄っすらホットコートするつもりです。「使い捨ての安い刷毛をまとめ買いし、毎回、新しい刷毛を使った方が何かと捗るし、クオリティーも上がる」と、気が付きました。

「時間に余裕がない」といったことも、全ての作業において影響してきますので「クオリティーをもっと上げるには、定休日以外の平日1日だけでもサーフボード製作作業に集中できれば」と思い始めており、暑さが幾分和らぐであろう9月位から、木曜日だけ午後5時開店といった形でやってみようかと考えております。

2019年7月17日水曜日

昨日、一昨日





昨日と海の日は定休日といことで、波乗りやら、サーフボード製作作業を行なっておりました。

海の日は、午前5時ごろ茨城大貫4Beacheさんに到着。思っていたよりもサイズがあり、出来上がったばかりのフィッシュを手に入水です。波のサイズは、たまーに入ってくるセットで腹〜胸位。風は朝から北東風が吹いてしまい、面がガタついている状況。

朝5時にも関わらず、海の日だからか既に結構な数のサーファーが波待ちしており「一本も乗れないかも知れない」と覚悟していましたが、3時間程の波乗りで何本か良い波に乗ることが出来ました。

板を作った本人が「この板、調子良い」といった話をしても、全く説得力がないことを重々承知しておりますので、特に調子については、何も言うつもりはありません。とりあえず、至って普通に乗れてしまいます。

見た目はかなり汚いですが、海でお会いした際など、自分が作った板をお貸しすることが可能です。興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひ、お気軽に声を掛けて頂き、乗ってみて感じて頂ければと思っております。

波乗り後、午前9時には4Beacheさんを後にし、作業場のあるガレージシースワローへ直行。製作中のフィッシュのフィン取り付け作業を済ませ、グラスオンフィンのグラスが落ち着いてから、フィッシュを作業場の外へ・・・。次の板のシェイプに取り掛かりました。

と言っても、以前シェイプして放置していたミッドレングスのリシェイプなので、大して時間は掛からずに大方のシェイプを完了。フィッシュのグラスワークを終えてから、ミッドレングスのグラスワークに取り掛かる予定です。

明日は、フィッシュの製作状況について書かせて頂くつもりでおります。

2019年7月14日日曜日

2019年7月12日金曜日

人手不足

月曜日が海の日ということで、明日から3連休の方が殆どかと思われます。シースワローは、もちろん土日通常営業ですが、海の日が定休日と重なるため、お休みとなります。海の日は、朝のうちだけでも茨城大貫で入水するつもり。そして、海から戻り次第、サーフボード製作作業を進めて参ります。

定休日以外では、いつ作業しているのかと申しますと、4月より午前中だけお手伝いさせて頂いている自動車整備工場が日曜日、祝日、第二、第四土曜日が定休日のため、自動車整備工場が定休日の午前中、シースワロー開店前にサーフボード製作作業を行なっておりました。

しかし、ついこの間、以前勤めていたハーレー・ダビッドソンディーラーより「土日の午前中だけでもいいから助けて欲しい」との連絡が・・・。かなり切迫した様子だったので「日曜日午前中のみであれば行くことが出来ます」と回答。今週日曜日からお手伝いが始まりました。

お手伝いしている自動車整備工場、ハーレーダビッドソンディーラー共に「人が来ない(働き手)」、「いない(働き手)」といった状況の中、午前中には比較的時間に余裕があり、大抵の作業をこなせてしまう僕に「オファーしてみよう」となったようなのです。

時間に余裕がある時には出来る限りサーフボード製作作業を進めたいこともあり、あっさり断っても良かったのですが、現場のメカニックの負担を考え、お手伝いすることに致しました。

自動車やオートバイ整備士の仕事というのは、仕事内容の割には薄給(会社にもよるかと思います)で、お客様の命に関わっていることもあったりで、意外と精神的な負担もあり、鬱になってしまう人もいたりする程。本当に車だったりオートバイが好きでなければ、長くは続けられない仕事ではないかと思います。

「どこでも整備士が不足している」といった話も聞きますが、処遇が変わらなければ、整備士は益々減ってくる気が致します。新たに人が入ってくれれば、僕が行かなくても済むかと思いますので「何とかなってくれれば」と思う今日この頃です。

そんな訳で、サーフボード製作作業を進められるのは、第二、第四土曜日の午前中と定休日に海から戻ってから午後7時くらいまでの限られた時間。段取り良く作業を進め、少ない時間でクオリティーを上げていきたいと思っております。

2019年7月11日木曜日

続グラスワーク

ここ宇都宮は、今日もどんよりと曇っており、いつ雨が降り出してもおかしくない状況。連日、Tシャツでは少し肌寒い位の気温となっております。体調など崩さぬようお気をつけ下さいませ。

さて本日は、昨日の続きで御座います。
「サーフボードが出来る過程なんて興味ない」なんて方も、いらっしゃるかと思いますが「何故に高額なのか?」、「一本のサーフボードが出来るまで、どれ位の時間や労力が掛かるのか?」といったようなことが、少しでも伝わればと思っています。

時間に全く余裕がないこともあり、千葉から宇都宮まで高速を使用し、約3時間ほどでガレージシースワローに到着。
一切休憩など取らずに、そのまますぐにグラスワークに取り掛かりました。デッキ側のグラスが硬化しているのを確認した後、ボトム側のラップカットと共にマスキングを剥がし、フィンアップやレジンリーシュブリッジを取り付ける為の下準備を開始。

しかし、レジンが浸透していない箇所を発見してしまい、レジンをしっかり浸透させ、硬化を待たなければならず、それ以上の作業が出来ない状態に・・・。仕方がないので、最初に作ったフィッシュのサンディングを再開です。が、レジンを塗ったばかりのフィッシュの近くで電動ポリッシャーを回す訳にはいかず、全て手作業でのサンディングとなり、大部分のサンディングを終えた時点でタイムアップ。

最初に作ったフィッシュは、あちこちにオーバーサンディング箇所や小さいクレーターが見られ、かなり汚い仕上がりではあるものの、すでにリーシュブリッジの取り付けも済み、ほぼ乗れる状態。今度の定休日に早速乗ってしまいます。

ほぼ出来上がった自分のフィッシュと店内にあるサーフボードの仕上がりを比べてみて「何本も何本もラミネートやサンディングを繰り返し、これだけのクオリティーのものを作り出せるようになるんだな」と改めて感じてしまいました。

2019年7月10日水曜日

昨日、一昨日







昨日、一昨日は定休日ということで、波乗りやらサーフボード製作に取り掛かっておりました。

月曜日午前中、以前勤めていた自動車整備工場での手伝いを終えてから、午後には作業部屋のあるガレージシースワローへ向かい、デッキ側をラミネート。今回は、ボラン6ozデッキパッチ+4ozクロスを使用したため、まずはデッキパッチをカットした後、上から4ozクロスを乗せて、その間にディケールを入れてみました。

前回のラミネートよりは少しは綺麗になったものの「もっともっと細かい所まで気を配って作業しなければ、クオリティは上がらない」と思ったと共に自分の未熟さを痛感です。

そして昨日は午前3時ごろ起床し、まっすぐ千葉北へ・・・。なんだかんだで7時半ごろポイントに到着。「サイズはあるだろう」と思っていたので、70'sシングルフィンしか持って行かなかったのですが「ダベンポート・エルカデオも持って来れば良かった」と少々後悔してしまいました。セット間長く、腰前後の厚めの波だったのです。

仕方がないので70'sシングルで入水。始めのうち力のない厚めの波に少々苦戦しながらも何本か乗ることができ、その後、人が増えてきた為、なるべく人がいないラインナップへ移動。一番沖で波待ちしていると、大き目の胸サイズのレギュラーが目の前に!?「これに乗る」と思い、全力でパドルしているとショルダー側でパドルしているスポンジボーダーが・・・。

「今だ!立つ!」と思った瞬間。ショルダー側にいたスポンジボーダーが立ち上がり、レフト方向へ・・・。僕の方へ向かってきたので、立ち上がりませんでしたが、グーフィーフッターで、どうやらレフト方向にしか行けないようなのです。気を取直し、小さい波には手を出さず、じーっと波を待っていると、さっきと同じような波が・・・。が、さっきと全く同じ状況になってしまった為、ラインナップを移動しました。

その後、10時ごろには千葉北のポイントを後にし、千葉にて用事を済ませてから、ガレージシースワローへ向け激走。続きは明日書かせて頂きます。

2019年7月7日日曜日

明日、明後日は定休日

明日は、第二月曜日ということで、月曜日、火曜日が定休日となります。定休日といっても、ここのところサーフボード製作作業なども行なっており、ほぼ休みなしの状況。波乗りへは行かず、もちろん明日も午後よりサーフボード製作に取り掛かります。

明日の作業は、ボトムのラミネートを終えたフィッシュのラップカット部分を軽く整えた後、デッキ側のラミネート。それと、もう一本のフィッシュのホットコートを終わらせてしまうつもりです。

火曜日には、デッキ側のレジンが乾いていることと思いますので、フィンの仮止めとレジンブリッジの取り付け、ホットコートを終えたフィッシュのサンディングなど出来ればと思っているのですが、朝一に軽く波乗りした後、千葉方面を回らなければならず、予定通り進められるのか少々不安な状況となっております。

天気図や風予測、波浪予測をチェックしてみたところ、火曜日、茨城では北東の風が強目に入る予想となっており、ジャンクな気が・・・。茨城の波はチェックせずに千葉北辺りで入水し、ちゃちゃっと千葉方面での用事を済ませ、午前中には宇都宮に向けて出発したい考え。

現在製作しているフィッシュを来週の月曜日(海の日)にお披露目するつもりで作業を進めていたのですが、どうやら完成が間に合いそうにもありません。しかし、ダベンポート・エルカデオを積み込み、午前中だけ茨城大貫4Beacheさんにいるかと思いますので、ダベンポート・サーフボードに興味のある方がいらっしゃいましたら、お気軽に声をお掛け下さいませ。

2019年7月6日土曜日

SPOON

TRAILER - Spoons: A Santa Barbara Story from Wyatt Daily on Vimeo.

少し涼しくなる時期から製作を開始し、今年中になんとかスプーンを完成させたいと思っています。

「いつか作ってみたい」と思っていたスプーン。もちろん、ジョージ・グリーノウインスパイアド・ベロです。

2019年7月5日金曜日

そろそろ準備を

既に7月ということで、消費税増税まであと3ヶ月ない状況となって参りました・・・。シースワローオンラインストアでは、消費税8%込の価格を表示しており、現在在庫のある物に関しましては、税額を変更せずにそのままの価格で販売させて頂くつもりでおります。

10月1日以降入荷分の商品につきましては、消費税10%を含めた価格で販売させて頂く考えですが、増税によって少々困るのは、増税までに頂いたサーフボードのカスタムオーダー。カスタムオーダーを頂く場合には、前金として板の総額の半額を頂戴しており、完成後にお渡し出来る状態になってから残額を頂戴するといった形を取っております。

既にオーダーを頂いているサーフボードに関しましては、消費税増税後のお渡しとなってしまった場合でも、消費税8%にてやらせて頂く旨をお話しておりますが、これからサーフボードのカスタムオーダーを頂いた場合、間違いなく増税後のお渡しとなり、板が完成し輸入申告の際に納税する税率は10%に・・・。

色々と考えた結果、9月一杯までにオーダーを頂いた個人のお客様に関しましては、消費税8%での計算でやらせて頂くことに致しました。尚、10月1日以降のサーフボードカスタムオーダーに関しましては、消費税10%とさせて頂きますので、ご理解、ご了承の程、何卒宜しくお願い致します。

2019年7月4日木曜日

グラスワーク

本日は昨日に引き続き、火曜日に行ったサーフボード製作作業について書かせて頂きます。

日曜日の午前中、フィッシュ2本目のグラスワークに取り掛かり、ボトムのラミネートを完了。火曜日には、すっかりレジンが乾いており、デッキ側のマスキングを余分なクロスと共にカットした後、デッキ側ラミネートの準備に取り掛かりました。

フィッシュ2本目のボトムは、4ozクロスを使用してクリアでラミネートした為、デッキ側をラミネートしてもクロスのカット部分は目立たず、マスキングの必要はないかと思われますが「出来る限りのことを行い、クオリティを上げたい」といった想いがあり、デッキ、ボトム共、しっかりマスキングしてからラミネートに取り掛かっています。

出来るだけ丁寧に作業していたこともあり、結局、デッキ側ラミネートの為の下準備だけでタイムオーバー。そして、同時進行で作業しているもう一本のフィッシュは、フィンベースの修正とレジンリーシュブリッジの取り付けを行いましたが、サンディングに手間取り、完成までにはもう少し時間が掛かりそうです。

今度の月曜日(定休日)、少しでも作業を進められればと思っております。

2019年7月3日水曜日

昨日





昨日は定休日ということで、波乗りへ行ってまいりました。と、言っても正味3時間程しか波乗りしておらず、殆どの時間を費やしたのは運転とサーフボード製作。

午前3時に起床し、一般道を使い茨城大貫4Beacheさんへ・・・。午前5時頃に4Beacheさんに到着。波が小さいのは分かっていたので、迷うことなくダベンポート・9'6"エルカデオを手に入水致しました。

波のサイズは膝〜モモ位で、風は無風。面は良かったのですが、セット間長くて待ちくたびれてしまう程。波数少ないからか、人の数も然程多くなく、場所を選べば貸切状態だった為、意外と波には乗れた気が致します。

先週下ろしたばかりのダベンポート・エルカデオにも徐々に慣れてきたこともあり、ノーズへ行ってみたところ、安定感、リフト感が半端なく、とても気持ち良かったです。

ついこの前まで乗っていたタツオスペシャルは、極浅ノーズコンケイブ仕様だったので、力のない波、小さい波ではリフト感をあまり感じなかったのですが、現在仕様しているエルカデオは、やや深目のノーズコンケイブが入れられており、力の無い波、小さい波でも十分にノーズをリフトしてくれます。

クラシックウェイトブランクに10oz x 6oz x 10oz ボラン巻きといったヘビーウェイトでも浮かべてしまえば重さは感じず、パドルの初速は遅いものの、勢いがついてしまえば、うねりから余裕でテイクオフ出来てしまいます。が、やはりノーズコンケイブ&ステップデッキの影響からか、波に乗り終えてからラインナップに戻るのが少々キツい気が・・・。ただ単に体力が衰えてきたのかも知れません。

波乗り後、午前9時頃には4Beacheさんを出発し、ガレージシースワローへ・・・。サーフボード製作については、明日のブログにて書かせて頂きます。

2019年7月1日月曜日

明日は定休日

ここ宇都宮では、毎日、梅雨らしい気候となっており、青い空、強い日差しが恋しい今日この頃となっております。明日は定休日ということで、茨城の天気予報などをチェックしてみたところ、どうやら明日もパッとしない天気の様子。天気はダメでも、朝のうち風は合いそうな気配で、波は膝〜腰位とのこと。

ダベンポート・9'6"エルカデオだけ積み込み、茨城大貫4Beacheさんへ向かう予定です。5時頃から9時頃まで入水した後、宇都宮へ戻り、午後一位から作業場のあるガレージ・シースワローにてサーフボードの製作を再開出来ればと思っております。

サーフボード製作では、フィッシュをメインに製作しており「何故フィッシュばかり?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますので「何故にフィッシュばかり作るのか」といったことを少々書かせて頂きます。

一言で言えば「ただ単にフィッシュが一番好きだから」といったこと。お店の名前から、すでにお気付きの方もいらっしゃるかと思います。特に「お客様にフィッシュを乗らせよう」といった意図は全くなく、自分が乗りたい板を作っているだけなのです。

因みに初めてフィッシュと出会ったのは、今から約25年前くらい。ごく一般的なショートボード(薄くて尖ったボリュームの無い、凄く反ったトライフィン)でサーフィンを始めた頃、友人が持っていた70年代のフィッシュ(日本人シェイプでトレーラーフィンが付いていました)を見てしまった時から、ずっとフィッシュが好きなのです。