2019年5月31日金曜日

準備完了



ここのところ、サーフボード製作についての投稿が多くなっておりますが、本日も再びサーフボード製作活動について書かせて頂きたいと思います。

あとは、シェイピングスタンドの設置を終えれば、シェイプに取り掛かれることもあり、Newシェイプルームで1本目に作る板の下準備を開始。当初の予定を変更し、1本目は5'8" x 20 1/2 x 2 1/2のツインフィン・フィッシュを製作することに致しました。

上に貼らせて頂いた曲線を持つ"板"が、テンプレートになります。テンプレート後方より撮影している為、実際のアウトラインと異なりますが、やや細身のフィッシュを作るべく、自分なりにアレンジして製作したテンプレート。

このテンプレートを予め設定したノーズ幅、ワイデストポイント、テイル幅に合わせてブランクに置き、テンプレートに沿って片側ずつ左右に鉛筆で線を引けば、サーフボードのアウトラインを引くことが出来ます。

そして、写真下は5'8"フィッシュに使用するフィン。こちらのフィンは、ラリー・ゲッファートテンプレートで作られたトゥルーエイムス製バンブーキールフィンで、もともとグラスオン用にラインナップされていたフィンになります。一応、フィンのテンプレートも作成したので、次回作るフィッシュ用のフィンは、自分で作ってしまうつもりです。

先日、シェイプルームの写真をインスタグラムにアップしたところ、早速、マレン・サーフボードのエイドリアンから「誰のシェイピングベイ?」と質問があり「自分のシェイピングベイ」と答えたところ「いつか、ヌーサにテストしに来い」とのこと。

また、海外のシェイパーの方々からも"いいね"を頂くなど、日本とは違った反応に、ちょっと嬉しくなってしまいました。全身全霊で取り組みます。

2019年5月29日水曜日

昨日




昨日は定休日ということで、茨城、千葉方面を激走して参りました。

月曜日の夜、翌日の準備を終えたのが午後10時頃だったこともあり、この時期としては少し遅い午前3時40分に起床し、茨城大貫4Beacheさんへ・・・。高速道路は使わず、いつものように一般道を走り、午前6時前には4Beacheさんに到着。

面の状況だけ確認して、すぐに着替えてダベンポート・タツオスペシャルにて入水。が、漁船が出て行ったばかりなのか、波がヨレてしまっているうえ、かなり厚め。さらに波が2段に!?

なかなか「波に乗った」という感覚を得られないまま1時間程経過した頃、徐々にヨレが収まってグッドコンディションに・・・。風が入り出す前の数十分間だけ、何本か良い波に乗ることが出来ました。

ここのところ、定休日には波のサイズがあり、短い板を使用することが多かったからか、はじめのうち、板がしっかり走り出す前にターンしようとして波に置いていかれたり、レイルを切り替えるタイミングが合わなかったり等しておりましたが、徐々に調子を取り戻し、久しぶりのグライド感を堪能してしまいました。

波乗り後は千葉方面を周り、千葉を出たのが午後3時30分位。その時点で「今日は、シェイプルーム製作作業は出来ない」と判断。一般道を使い、ゆっくり宇都宮に戻ってきた次第です。

千葉方面では、マーサーフボードさんにも伺ったのですが、インスタグラムを見て、僕がシェイプルームを作っているのを既に知っていたようで、シェイプルームやらグラスワークについて色々とアドバイス頂きました。腕利きのリペアマンであり、サーフボードビルダーでもあるマーさんを頼れるのは、かなり心強いです。

2019年5月27日月曜日

明日は定休日

何やらいきなり暑くなった今日この頃、身体が未だ暑さに慣れていないからか、普段よりも疲れる気が致します。
皆様も熱中症などにならぬよう、こまめな水分補給をしっかりして下さいませ。

さて、明日は定休日ということで波乗りへ行って参ります。
風予測をチェックしてみたところ、茨城辺りでは南西の風が強く吹く予想となっており、面ザワつく予感。そして、波の方はヒザ〜コシということで、ダベンポート・タツオスペシャルのみ積み込み、海へ向かいます。

千葉方面での用事をなるべくちゃちゃっと済ませ、ガレージシースワローに直行し、シェイピングスタンドだけでも設置を終えたいと思っております。スタンドの設置を明日終えられれば「今度の日曜日午前中に一本だけでもシェイプ出来るのでは」と考えているのです。

「午前中で一本削れるの?」なんて思った方もいらっしゃるかと思われますが、プロフェッショナルなシェイパーで皮剥きから2時間〜2時間半位(早い人は2時間かからないかも)で一本の板を削ります。プロフェッショナルではない僕は、思いっきりプレーナーを走らせるのが億劫なこともあり、一本削るのに3時間〜3時間半を要します。

数年前に屋外でイベントテントを建て、ブルーシートで覆った簡易的なシェイピングルームで削ったブランクがあるのですが、削り終える前に台風が来てしまい、台風によって簡易シェイピングルームが崩壊。それ以来、倉庫に放置されていたシェイプ途中のブランクを使用すれば、腕慣らしに加え、短時間でシェイプすることができ、日曜日午前中だけでも余裕で削れるかと思っています。

2019年5月26日日曜日

午前中


本日も、朝からガレージ・シースワローへ行き、せっせと作業して参りました。

とりあえず、サイドライトの設置は終わり「シェイピングスタンド設置も終わらせたい」と思っておりましたが、片側を組み付け終わった時点で、お昼位になってしまった為、お店に戻って参りました。

当面の間、5フィート台から長くても8フィート台を作る予定でおり、シェイピングスタンドの幅は、その辺りの長さを考慮して決定。

4月中旬位から作業に取り掛かり、シェイピングスタンドからシェイピングルーム、テンプレートまで、自分の手のみで製作し、ここまで掛かった材料費は約7万円〜8万円位。

電動プレーナーや集塵機、ハンドプーレーナーなどのシェイピングに必要な道具は、以前使用していたものがあるので、購入する必要がありません。

次回の作業は、来週日曜日の午前中。
再来週の定休日には、シェイプに取り掛かれることと思います。

2019年5月25日土曜日

ほぼ完成





今日、明日は、横浜に行っておられる方が多いのではないでしょうか? 天気が良くて最高の2日間になるのは間違いないのでは。

シースワローは午前中、実弟が経営するガレージ・シースワローにて、シェイプルームを製作して参りました。
明日午前中、直管蛍光灯を左側に2本追加、右側に4本取り付けて、換気、扇風機用の空きスペースを塞ぎ、シェイプスタンドを設置すれば、ようやく作業を始められる状態になります。

定休日に波乗りから戻り次第、早速、シェイプに取り掛かろうと考えておりましたが、定休日には千葉方面を周ることになってしまった為、シェイプはお預けです。

板の製作が始まりましたら、製作状況をこちらのブログやインスタグラムなどで紹介させて頂きますので、気になる方がいらっしゃいましたら、引き続きチェックしててみて下さいませ。

2019年5月24日金曜日

2019年5月23日木曜日

どっち派

先週末、ボードルームショー 視察のため、東京方面に行った際、東京で働いている友人と東京駅で待ち合わせ、飲みに出かけたところ、友人より「ロングとショート、どっちの波乗りがメインなの?」といった質問がありました。

どうやら、シースワローのインスタグラムを見ていると、短い板を使用している頻度が多く「無理してロングにも乗っているのでは」なんて思ったようなのです!? 僕の中では、どちらがメインといったことはなく、波や気分で乗り換えているだけなのですが、SNSのイメージだと、そんな風に写ってしまうのかもしれません。

波が胸以上で、さらに掘れ気味の時などにはロングボードよりもミッドレングス、ショートレングスを使用することが多く、胸以上でも厚めの波の場合には、ロングボードにも乗ったりしますし、波が小さい時でもミッドレングス、ショートレングスにも乗ったりします。後は気分的なものもあって、特に「どちらがメイン」といったことは全くないのです。
(今年は、定休日にサイズのある日が多いような気が致しますが)

人によっては「ロングボードなんて絶対乗らない」とか「ロングボード以外絶対乗らない」なんて方が結構いらっしゃるようですが、物は試しに違ったタイプの板に一度だけでも乗ってみることをお勧め致します。サーフボードの長さや重さ、形が違えば、波に乗った時に得られる感覚も、全く違うものになりますし、色々なサーフィンがあって良いと思うのです。

来月から本格的にサーフボードの製作に取り掛かれそうですので、とりあえずショートレングス、ミッドレングス数タイプを何本か作ってテストした後、海の日にでもお披露目したいと考えております。ぜひ、物は試しに乗ってみて下さいませ。

2019年5月22日水曜日

昨日、一昨日




先週金曜日と土曜日にお休みを頂いたにも関わらず、昨日、一昨日もお休みを頂き、波乗りしたりシェイプルームを作っておりました。金土は、来年のための視察ということで、ほぼ仕事といった感覚で御座います。

そして、上に貼らせて頂いた写真は、一昨日の茨城大貫4Beacheさんにて撮影した写真。ボードルームショー の朝、デジタルカメラを操作していたところ、おもいっきり落としてしまい、デジタルカメラを壊してしまった為、いつもとは違う感じの写真となっております。

一昨日は、午前5時30分頃に茨城大貫4Beacheさんに到着。まだ風は吹いていなかったのですが、漁船が出て行って間もないからか、ヨレてしまっている状況。よく観察してから「やってやれなくもない」と判断し、70's 6'2"シングルフィンにて入水致しました。

波のサイズは頭前後。数名しか入っておらず、人がいないピークで波待ちしていたので、ほぼ貸切状態。そんな中、1本目に乗ったのはレギュラー。ロングライド出来たものの、ヨレがあるからか板が跳ねてしまい、思うようなラインを走らせることが出来ません!?

「単に下手だから」、「脚力がない」といったことがあるかも知れませんが、2本目のレギュラーでは「しっかりボトムに降りてからターンだ!」なんて思いながら乗っていると、ボトムに降りきる前に物凄く板がバタついてしまい、耐えられずに吹っ飛ばされる始末・・・。3時間程の入水で、激しく吹っ飛ばされたのは3回です。

物は試しに、細かくレイルを抜き差しして乗ってみたところ、ヨレによる凹凸の影響を最小限に抑えられたような気が致します。コツを掴んでからは、何本かの良い波に乗ることが出来ました。波乗り後、午前9時前には帰路につき「ボリューム有りすぎても、ろくなことない」などと思いながら宇都宮へ・・・。

宇都宮に戻ってからホームセンターへ行き、今度はシェイプルームの製作を進めるべく、材料の買い出し。
壁、天井、サイドライトの為の板などを購入し、実弟が経営するガレージ・シースワローへ向かい、製作再開です。

そして一昨日、壁面が何とか組み上がり、昨日午後からは天井に取り掛かったのですが、板を貼り付けていると、あちらこちらに隙間が・・・。ちょっと悲しくなってしまいました・・・。来週の定休日には完成させるべく、隙間対策などをしっかり考え、同時にシェイピングスタンドの製作にも取り掛かりたいと考えております。

2019年5月19日日曜日

The Boardroom Show Japan










昨日、一昨日は、お休みを頂き、日本初開催となるボードルームショー に行って参りました。初開催といったことと、出展ブランドもあまり多くないこともあり、正直なところ「大して盛り上がらないのでは」なんて思っていたのですが、開場から入場者がまあまあいらっしゃり、ライブシェイピングの際には黒山の人だかりができる程。平日の割に人が入っていたように思います。

また、ダベンポート・キャップを被った僕に声を掛けて頂いた方もいらっしゃり、何処からいらしたのか尋ねてみたところ「関西方面」との回答。遠方からいらっしゃった方も多くいらしたようです。お取り引きのあるレーベルや知っている業者の方々ともお会いすることができ、その中でちょっと嬉しかったのはジョシュが僕に声を掛けてくれたこと。(ジョシュとは、ジョシュ・ホールです)

シースワローを始めて間もない頃、シースワローでもジョシュ・ホール・サーフボードをお取り扱いしていた時期があり、グリーンルームフェスティバルやフィッシュフライでジョシュが来日した際、会ったことがあるのです。今や日本のオルタティブボーダーの方で彼の名を知らない人はいないのではないでしょうか。

金曜日の初日にはライブシェイプが行われ、午前中、アルメリックのシェイパーとジョシュがシェイプ。午後にはYUの植田 義則氏がシェイプ後、ウェイン・リッチ、リッキー・キャロル、クリス・クリステンソンの3人が、共同で8'2"のカリフォルニア・ガンをシェイプ。彼らのシェイプに非常に興味があったこともあり、観入ってしまいました。

しかし、シェイピングブース周辺にて開場から立ちっぱなしだったこともあり、ガラスの腰が限界を迎えてしまい、フィニッシュを迎えるまでは耐えられず、敢え無く退散。予約していたビジネスホテルまで40分かけて徒歩で移動して休息。

2日目も開場と同時に入場し、出展されている同業の方達に「泊まり!?」と驚かれる始末。2日目には日本人シェイパー3人によるシェイピングコンテストがあり、お題は「五十嵐 カノア選手の板をどれだけ忠実にレプリカ出来るか」といったもの。そして、1番完成度の高いレプリカをシェイプしたシェイパーが、来年のカリフォルニアデルマーで開催されるボードルームショーに招待されるとのこと。


制限時間90分でシェイプしなければならず「日本人シェイパーの方達は、どんなシェイプをするのだろうか」と興味津々でシェイピングブースに張り付いていたのですが、2人目のシェイパーがフィニッシュした辺りで、再び腰が限界を迎えてしまった為、帰路につきました。数名のシェイパーのシェイプを観ることが出来た訳ですが、それぞれが全く違った手順でシェイプを進め、最終的にはしっかり形にしていく様子を観ることができて、なかなか面白かったです。

カリフォルニアで開催されるボードルームショーに比べたら規模が物凄く小さく、出展数、来場者数は比べ物にならない程だったかとは思いますが、来年は出展数、来場者数がもっと増えるような気が致します。来年、ダベンポート・サーフボード&エンジョイ・ハンドプレーンを出展出来るよう動いて参ります。

2019年5月16日木曜日

2019年5月15日水曜日

昨日




昨日は定休日ということで、波乗りに行って参りました。
向かったのは、いつもの茨城大貫4Beacheさん。

午前5時30分頃4Beacheさんに到着し、着替えながら波チェックしてみたところ、小さく厚い波が弱々しくブレイクしており「ロングでも厳しいのでは!?」といった感じ。とりあえずダベンポート・タツオスペシャルにて入水です。

テイクオフがやっとの波で2時間程粘ってみましたが、セット間が長いこともあり、身体が冷え、集中力も無くなってしまった為、一旦休憩。休憩後「テイクオフの練習だけでも」と思い、今度は6'2" 70'sシングルにて入水。

奇跡的に入ってきたモモ位のレギュラー1本だけ板を走らせることができ、やや満足して海から上がったのが午前11時頃だったように思います。天気、波が良ければ一日4Beacheさんにいるつもりでおりましたが、波が無いうえ天気も悪く、宇都宮に戻ってシェイプルームの製作を進めることに致しました。

そしてシェイプルームの方は、心配だった床の補強が済んで、壁、天井を貼り付ける準備が完了。時間のある時に作業を進めてしまいたいと思っております。

2019年5月13日月曜日

明日は定休日

本来、毎週火曜日と第二、第三月曜日を定休日とさせて頂いておりましたが、先月より午前中だけお手伝いしている自動車整備工場では、どうにもこうにも人手が足らず「出来ることなら月曜日も来て欲しい」とのことで、シースワロー定休日である第二月曜日にもお手伝いに行かなければならず、シースワローは第二月曜日を休まないことに致しました。当面、毎週火曜日、第三月曜日が定休日となります。

明日は火曜日ということで、定休日となります。
そんな訳で風予測をチェックしてみたところ、茨城辺りでは朝のうち弱い南西の風から次第に風向きが南に変わり、強くなる様子。そして波のサイズは、ヒザ〜コシ位の予想。

ここのところ、サイズがあるorありすぎるコンディションだったこともあり、短い板ばかり使っておりましたが、久しぶりに長い板でも楽しめるコンディションのような気がしております。ダベンポート・タツオスペシャルと一応6'2" 70's シングルを積み込み茨城大貫4Beacheさんへ向かいます。

午後には雨が降り出すようですので、コンディションが悪化してしまった場合には宇都宮に戻り、シェイプルームの製作を進めてしまいたい考え。どの程度まで出来たのかと申しますと、ほぼ形になっており、床、壁、天井を貼り付ければ大方の作業は終了。それらの組み付けが終われば、シェイプに必要なシェイプスタンド、サイドライトなどを設置し、板の製作に取り掛かることが出来ます。

明日、床だけでも作業を終わらせてしまいたいと思っております。

2019年5月12日日曜日

2019年5月10日金曜日

17日、18日は臨時休業

来週17日(金)、18日(土)、日本で初めてボードルームショー (サーフボードなど、サーフィン関連商品の展示会といった感じ)が開催されるのを既にご存知の方も沢山いらっしゃることと思います。

出展料がリーズナブルであれば、ダベンポート・サーフボードを出展したいと考えておりましたが、カリフォルニア・デルマーで開催されるボードルームショー と比べ、約3倍の出展料であることや、日本初開催といったこともあり、出展せずに視察に行くことに致しました。

その為、来週17日金曜日、18日土曜日は実店舗を臨時休業させて頂きます。

「どんなブランドが出展するんだろうか?」と思い、チェックしてみたところ、カリフォルニアのショーに比べて、かなり少ない感じ・・・。2日間共視察に行くつもりでおりますが、場合によっては「土曜日の午後一に宇都宮に戻り、お店を開ける」なんてこともあるかも知れません。

多分、ダベンポート・クラシックロゴTシャツとダベンポート・キャップのコーデで歩く広告となり、会場をウロウロしているかと思います。ダベンポート・サーフボードに興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、お気軽に声をお掛け下さいませ。

また、当日はインスタグラムにて、ショーの様子をお伝え出来ればと思っております。「行かないけど興味ある」なんて方がいらっしゃいましたら、当日のシースワローインスタグラムをチェックしてみて下さいませ。

2019年5月8日水曜日

昨日




昨日は定休日ということで、千葉、茨城を激走して参りました。

朝は、千葉北にて入水。波のサイズはモモ位。風は強めのサイドオフ。波数あまり多くなく、ピークにはロングボーダーが何名か入っておられたこともあり、6'2" 70'sシングルを使用。

1時間程入水したのですが、レギュラー、グーフィー共に切れた波が入ってきており、とても乗り易い波だったからか、板をある程度思い通りに動かせた気が致します。そして波乗り後は、用事を済ませるため移動。

午前中に千葉にて用事を済ませた後、再び千葉北のポイントに戻って波チェックしてみたところ、波のサイズが落ちた上セット間隔も若干延びたような気がしたこともあり、風が弱くなるかと思われる茨城大貫へ移動することに致しました。

茨城大貫4Beacheさんには午後2時30分頃到着。まだ北東の風が強めに吹いているようで、面ガタガタの状態。しばし海を眺めていたのですが、風が若干弱まったのを感じ、急いで着替えて再び70'sシングルを手に入水です。

始めのうちガタついていたものの、次第にガタつきが収まって面ツルに・・・。また、潮が上げていたからかサイズが幾分上がり、なかなかのコンディション。セットで肩前後位だったように思います。しかし、グッドコンディションは長く続かず、再び北東の風が入り出してしまい終了。

朝の千葉北で70'sシングルの扱い方を少しだけでも攻略でき、先週よりも自信を持って突っ込んで行くことが出来ました。サーフボードが進化する過程を感じられたような気が致します。

2019年5月6日月曜日

明日は定休日

GW最終日、皆さま如何お過ごしでしょうか? 天候、波に恵まれ、GWを満喫されたことと思います。ほとんどの方がお仕事を再開するであろう明日、シースワローは定休日となりますので、波乗りがてら千葉方面を周って参ります。

風予測をチェックしてみたところ、茨城辺りでは朝から北風が強いようで、コンディションあまり良くない様子。午後には次第に風が弱くなる予想となっており、朝のうち千葉北辺りで入水後、マーサーフボードさんなどを周り、夕方にでも茨城大貫で入水出来ればと思っております。

現在、止まってしまっているシェイプルームの製作は、まだ設置場所の片付けが出来ておらず、来週にならないと作業に取り掛かれない状況の為、少々焦りが出てきた今日この頃。本来ならGW中に何本か作り終え、GW明けに乗ってみる気満々だったのです。

これから一気に気温が高くなると、空調機器のない密室での作業は肉体的にキツいばかりか、グラスワークも難しくなってくるような気が致します。「とりあえず、シェイプに向けて下準備だけでも・・・」と思い、アレンジした数値に従ってテンプレートでアウトラインを引き、全体的なアウトラインやロッカーを確認してみたりしているのですが、なかなか面白くて何本もラインを引いてしまっております。

今月中にサーフボード製作に取り掛かれるよう、シェイプルーム製作が再開出来ましたら、急ピッチで作業を進めて参ります。

2019年5月5日日曜日

2019年5月4日土曜日

2019年5月3日金曜日

ボリューム

GWいよいよ後半ですね。GW特に関係のないシースワローは「早く通常に戻って欲しい」と切に願っております。何故なら、市内を車でちょっと移動するにも、運転に不慣れであろうドライバーが運転する車に出くわしたり、おしゃべりに夢中になっているorスマートフォンを眺めているのか、信号が青になっても発進まで時間のかかる車がいたりなど、普段よりも酷い気がするのです!?

申し訳御座いません。少々取り乱してしまいました・・・。

話は変わります。昨日は、なかなかアウトに出られず、ラインナップに辿り着くために時間を要してしまったことを書かせて頂きました。昨夜、そのことについて1人反省会を行い「よく波チェックしなかったのが大きな原因だが、板のボリュームが問題だった」といった考えに至り、板のボリュームについて考えておりました。

皆さまにとっての理想のサーフボードって、どんな感じの板でしょうか?
サーフボードをカスタムオーダーされる方に要望を伺うと、殆どの方がオーバーフロー気味のディメンションを好まれているような気が致します。パドルが楽でテイクオフも早いといったことがあるかと思われます。

ここのところ使用している6'2" 70'sシングルフィンも結構なボリュームが有り、パドルが楽でテイクオフも早い反面、レイルにもかなりのボリュームがあるからか、動きがややモッサリとしている印象。また、ドルフィンスルーでも板を沈め難く、ボリュームがある事によってのデメリットも感じられます。

ここ最近の僕の場合、大きめの波で波数が多い時には「ボリュームor長さのある板でのドルフィンスルーによって体力を消耗してしまい、なかなかアウトへ出られない」なんて事があったり致します。まあまあオーバーフロー気味のディメンションをチョイスしていることもあり、当然のことなのかも知れませんが・・・・。

そこで「ドルフィンスルーし易く、尚且つパドルが楽でテイクオフも早い」といった「三拍子揃っている板のアウトラインて、どんなアウトラインだろ」と考えてみたところ「やはり、マニューバビリティも優れている6'0"あるかないかのフィッシュなのではなかろうか」といった考えに至りました。

6'2"のフィッシュ用ブランクスを既に持っておりますので、シェイプルームが完成次第、早速、自分なりのディメンション、コンセプトで作ってみたいと思っております。

2019年5月2日木曜日

朝活



今日は、波が良さそうな気がしたもので、午前3時30分に起床して茨城大貫へ行って参りました。3時間ほど海に浸かり、既に宇都宮に戻っております。

茨城大貫4Beacheさんに着いたのは午前5時30分位。国道51号からチラッと見えた海の様子で「サイズある」と確信。ろくに波チェックせずに着替えて、70'sシングルフィンを手に入水致しました。

しかし、セット間隔が短く波数が多く「今だ!」と思い、全力でパドルしても、すぐに次のセットが入ってきてしまって、なかなかアウトへ出られない状況・・・。また、板にボリュームがある為「ドルフィンスルーで板を深く沈めることが出来ない」といったことも大きく影響していたように思います。

ろくに波チェックしなかったこともあり、最適なルートや沖へのカレントも見つけられず、一旦、足の着く水深まで戻って仕切り直し。よーく波をチェックしてから、セットの波を何本かやり過ごし、後続のセットが来ていないことを確認。全力でパドルしたところ、何とか次のセットがブレイクする前にラインナップに到着することが出来ました。

なんだかんだで、ラインナップに辿り着くまでに要した時間は30分程です・・・。

ラインナップにて、軽く休憩ついでに波をよーく観察してみると、波のサイズはオーバーヘッド位。レギュラー、グーフィー共に切れた波も入ってきており、面も良く、なかなかのコンディションだったように思います。

まず最初に手を出したのはレフトの波。上手い具合にテイクオフするも、抜けられそうもなく、とりあえずプルアウト。次に手を出したのもレフトの波。が、すごーく良い波だったにも関わらず、テイクオフ時に前足を滑らせてしまい、リカバリー出来ずにワイプアウト・・・。

その後、レギュラー、グーフィー共に何本か突っ込んだのですが「波乗りした」といった感覚をあまり持てないまま終了してしまいました。言い訳としましては「久しぶりの素足に加え、ワックスが固く滑りやすかった」といった感じ。何となく70'sシングルフィンに慣れてきた気が致しますので、次回こそ板の真価を発揮させたいと考えております。

波が徐々に落ち着き、明日の茨城は、波乗り日和になるのではないでしょうか!? また、明日は大潮ということで、潮干狩りの方々も多くなるかと思います。インサイドでは、十分注意して下さいませ。

2019年5月1日水曜日

New era


新たな時代の幕開け。
令和も宜しくお願い致します。

昨日は、定休日ということで、予定通り波乗りに行って参りました。向かったのは茨城大貫4Beacheさん。朝のうち、風が弱く面ツルで、波のサイズは腰前後といった感じ。6時前位に着いた時点で、雨の降る中、既に入水されている方が思いの外いらっしゃり、とりあえず70'sシングルを手に入水です。

沖で北東の風が吹いているのか、波が2重になってしまい、なかなか難しいコンディション。また、入水後すぐにサーファーの数が増え始めたこともあり、2、3本乗ってからコストコボードに板をチェンジ。しかし、徐々にオンショアが強くなってしまい、面がガタガタに・・・。

コストコボードが壊れてしまっても大した痛手がない為、ダンパーの波でも何でも突っ込んでいってみたところ、意外と乗れてしまい、何本かロングライドすることが出来ました。人が多い時やインサイドで潮干狩りをしている人がいる時などは、極力コストコボードで波乗りしようかと思っております。

明日5月2日(木)は、何となく波が良さそうな気がしますので、早朝に茨城大貫4Beacheさんへ向かい、午前中だけ波乗りし、午後一には宇都宮に戻って開店準備する予定です。