2018年2月23日金曜日

Tools






本日は、以前ファイバーグラスハワイのブログにて紹介されていた記事”ダベンポート・サーフボード/アダム・ダベンポートの5つの重要なツール”より、普段アダムさんが使用しているツールの中でも最も重要なツール"プレーナー"について少々紹介させて頂きます。

シェイパーによって使用するツールは様々で、特にプレーナーなどは、拘りの逸品を使用されておられる方が、殆どかと思います。

アダムさんが使用しているプレーナーは、ファクトリーをシェアしているクーパー・フィッシュ・サーフボードのジーン・クーパー氏から格安で譲って頂いた60's中期製造のロックウェル653ベルサプレーナー。

アダムさんが生まれ育ったサウスベイでは、1960年代にリック、ビング、ジェイコブスといったシェイパーが、ロックウェルのプレーナーを使用していたこともあり、60'sスタイルのトラディショナルロングボードをこよなく愛するアダムさんも先人達と同じプレーナーを使用しています。

太いバルサストリンガーや3ストリンガー、4ストリンガーなど、クラシックなストリンガーがとても削り易く、ロックウェルのプレーナーを手に入れてから、益々シェイプが楽しくなった様子。
60'sに拘り、更に腕に磨きがかかることと思います。

他のツールも紹介されておりますので、興味のある方がいらっしゃいましたら、こちら↓をチェックしてみて下さい。
https://compositecorner.wordpress.com/page/3/

0 件のコメント:

コメントを投稿