2017年2月27日月曜日

3月1日水曜日

お知らせ

3月1日水曜日、急遽お休みを頂きます。
ご不便をお掛け致しますが
どうぞ、宜しくお願い致します。

急遽、ダベンポート・サーフボードが
明日、成田に到着することになり
先週同様、夕方まで貨物の確認が
取れないかと思われますので
確実に確認が取れて、余裕を持って通関
貨物の積み込みが出来るよう、明日から明後日まで
成田に滞在する事にしたので御座います。

Davenport 4065



明日は火曜日ということで、お休みを頂き
千葉、茨城方面を走り回って参ります。
ブログのアップが遅くなるか
アップ出来ない可能性も御座いますが
引き続き、何卒よろしくお願い致します。

さて、本日はダベンポート・サーフボードの
もっともポピュラーなモデル
4065を簡単に紹介させて頂きます。

因みにモデル名となっている"4065”とは
以前、ダベンポートのシェイピングベイがあった
ファクトリー住所。
(現在は、ジーン・クーパー氏と同じ
ベンチュラのファクトリーで
シェイプからフィニッシュまで行っています)

モデル名からも分かるように
ダベンポート・ラインナップの中でも
ベーシックなモデルとなっており
クセのない、ノーズライダーです。

ベースとなったモデルは、リックUFO。
そのため、テイルには”スクープ”が施され
ノーズライド時、スクープ上を水が流れることにより
テイルをロックする効果があります。
レイルは50/50。

テイルボトム側は、ラウンドしており
とてもスムースなターンが可能。
またノーズボトムには、ノーズから板の1/3ほどの長さで
浅目のコンケイブが施され
ノーズライド性能も抜群で御座います。

上に貼らせて頂いた映像内では
4065をシェイプしておりますので
気になる方が、いらっしゃいましたら
ぜひ、チェックしてみて下さいませ。

2017年2月26日日曜日

Davenport surfboards/ダベンポート・サーフボード

今日も天気が良く、千葉、茨城辺りでは
波も良かったようで、波乗りを満喫された方が
沢山いらっしゃることと思います。

火曜日の波予想をチェックしてみたところ
今週も微妙な感じ・・・
ちょこっとだけ入水し、成田へ向かう考えです。

今度の火曜日は、マレン・サーフボードを
引き取りに、再び成田空港に行く訳ですが
昨日、ダベンポート・サーフボードのアダムさんより
「スコット・アンダーソンさんの所に運送会社が
貨物を引き取りに来た」との連絡がありました。
そのため貨物は、3月7日火曜日成田着の便に
載せられることと思います。

貨物到着当日には、貨物の確認が遅れ
引き取り時間が遅くなってしまうこともあり
確実に貨物の確認が取れる水曜日に
通関、引き取り、開梱、チェックまで行い
宇都宮に戻ってくる考えです。

完成から発送までの期間
大変お待たせしてしまいましたが
もう少しで、日本に到着致します。
あと、ほんのちょこっとお待ち下さいませ!!
どうぞ宜しくお願い致します。

2017年2月25日土曜日

Davenport Surfboardsさん(@davenport_surfboards)がシェアした投稿 -

2017年2月24日金曜日

火曜日はマレン

Photo from Maren's Tumblr

エイドリアン・ノット氏のアートワーク

昨日、JALから連絡があり
「シドニーから貨物が届きました」
「シッパーは、マレンサーフボードです」とのこと
「何故にシドニーなんだ???」と思い
マレンのエイドリアンに確認してみたところ
新たに運送会社を見つけたそうで
シドニーからの発送となったようで御座います。

「シドニーまで行ったの???」と
メールで聞いてみたところ
その質問について回答はなかったのですが
送料からすると、エイドリアンがシドニー空港まで
運んだような気がします!?

因みにマレンの本拠地ヌーサから
シドニーまでは片道1200km位・・・
オーストラリアからの送料は
カリフォルニアからの送料よりも、かなり高く
結果、サーフボードの値段も高くなってしまうこともあり
「何とかならないものか」と一生懸命
色々試してくれているようです。

ヨーロッパやハワイ、アジアなど
オーダーの入る地域が、徐々に広がっている
マレン・サーフボード。
今後が、楽しみで御座います。

2017年2月23日木曜日

Driftwood Caravan/ドリフトウッドキャラバン



本日は、火曜日に成田から引き取ってきた
ドリフトウッドキャラバン
シムフィッシュの紹介で御座います。
他にも入荷致しましたが
既に梱包、発送してしまっているため
こちらのモデルのみの紹介になります。

こちらのシムフィッシュも
お客様よりカスタムオーダー頂いた板で
ご厚意により、少しの間お店に置いておくことが出来ます。
「どんな板なんだ!?」なんて気になる方が
いらしゃいましたら、ぜひ見にいらして下さいませ。

ディメンションは
5’8” x 21 1/4 x 2 15/16

シモンズとフィッシュを合わせた
シムフィッシュの特徴は
独特なアウトラインとボトムコンツアー。
ボトムは、ハルエントリーから
テイルに向け、ダブルバレルVeeが形成され
スムース&ルース&スピーディーな乗り味を
容易にイメージすることが出来ます。

そしてレイルは
板のボリュームをしっかり保ち、ダウンレイル。
こちらのモデルには乗ったことがありませんが
全体的に幅、ボリュームがあるので
短く乗ってもパドル、テイクオフは
かなり早いと思われます。

カラーは、アーティストとのコラボで
デッキ、ボトム共にアートプリントが施されています。

また、フィンはFibre Glas Fin Co.の
ラリー・アリソン氏とグラハムさんがデザイン
製作したスペシャルなフィンをグラスオン。
かなりスペシャルな仕様となっております。

アーティストとのコラボモデル
Driftwood Caravan x surfing with friends
も、もちろんオーダー可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

2017年2月22日水曜日

昨日

昨日は、宇都宮に戻ってきたのが
午前12時30分頃になってしまったため
ブログをアップするのを諦めました!?

朝5時頃、波乗り道具を積み込み
先ずは、海に行くつもりで出発。
ところが、すでに風が強く
「海に行っても厳しいかな!?」なんて思い
成田空港へ進路変更。

9時15分成田着のフライトなので
10時前に運送会社を訪問。
書類が欲しかったのですが
「まだ、書類が届いていない」とのことで
一旦、マーサーフボードさんへ・・・

マーさんにてリペア依頼の板を降ろし
再び成田の運送会社へ・・・
(成田空港からマーサーフボードさんまで
片道約一時間)
書類を受け取り、とりあえず申告書の作成だけ行い
運送会社からの貨物確認連絡を
待つことに致しました。

しかし、いつになっても連絡が無く
あっさり午後5時近くに!?
「税関窓口閉まるのでは!?」と不安になり
税関にて確認したところ
「午後7時までは、開いてます」とのこと。

外は、すでに暗くなり
「最悪、成田近辺のビジネスホテル泊まろう」
と、スマホをチェックしていたら
税関職員の方が「貨物、確認取れたよ~!!」
と駐車場まで走ってきてくれました。

申告書は、作ってあったので
もう一度、申告書をチェックして頂いた後
納税し、ようやく貨物を引き取ることが
出来たので御座います。

確か、成田を出たのは午後6時過ぎ・・・
再びマーさんへ行き、ピックアップした貨物を開梱し
板をくまなくチェック。
チェック後には、石井さんにお手伝い頂き
再び梱包し直し、発送出来る状態に。
(お疲れのところ、お手伝い頂き
石井さんに感謝で御座います)

何だかんだで、マーさんを出たのが午後9時近く。
途中、30分ほど意識を失っていたため
午前12時を余裕で過ぎてしまったので御座います。

昨日は「車が飛んでいるのでは!?」と思う位の強風。
(空飛ぶレンガが、本当に飛んでしまったら
シャレになりません)
車の運転も、ちょっと怖かったです。

今度の火曜日も、再び成田ピックアップ。
来週は何事もなく、すんなり帰ってこられることを
心より願っている次第で御座います。

2017年2月20日月曜日

Snowsurf

本日は、何処へ行くか悩んだ挙句
福島方面へスノーサーフに行って参りました。
向かったのは、会津高原だいくら。

スキー場に着いた時、ちょうど雪が降りだし
勢いが凄かったので「ミラクルあるかな!?」
なんて思いながら、リフト乗り場に到着。

すでに人が乗っていたため、乗ろうとしたところ
「大会関係者のためにリフトを動かしている」とのこと。
何やら大会が有るそうで
早めにリフトを動かしていたようで御座います。

運行開始時間まで少々待ち
いざ、上に行ってみると
見た目、柔らかそうな感じ・・・
しかし、滑り出してみると固めで
面が、やや荒れておりました。

相変わらず凄い勢いで降る雪のお蔭で
徐々に面の固さは無くなり
「この勢いなら、本当にミラクルあり得る!」
と思ったのも束の間、雪が徐々に湿り気を帯びだし
結局、雨に・・・

板が全く滑らなくなってしまい
2時間程で、撤退してきた次第で御座います。

明日も定休日では御座いますが
板のピックアップやら、リペア依頼
板の梱包などなど
丸一日走り回らなくてはいけません。
安全運転で走り回って参ります。

2017年2月19日日曜日

明日は定休日

明日は、第3月曜日ということで
月に2回ある連休の定休日となります。

そんな訳で、海の状況やら山の状況を
チェックしてみたところ
明日は、日本海側から太平洋側へ
低気圧が移動するらしく
茨城辺りでは、南寄りの風が強い予報となっており
海は、明後日火曜日に行くことにして
スノーサーフに行くことに致しました。

軽~く滑って、早めに宇都宮に戻り
明後日の準備をしたい考えでおります。

何の準備かと申しますと
波乗りに行く準備ではなく
成田引き取りの準備。
先週末「貨物をピックアップ致しました」
とのことで、運送会社から連絡があり
上手くいけば、火曜日に貨物が到着するので御座います。

ただ、フライトが到着してみないと
その日のうちに引き取れるか
引き取れないかといったことが、分からないため
とりあえず、準備だけして
運送会社の連絡を待つしかありません。

フライトの到着が遅れたり
予定のフライトに貨物を積むことが出来なかったり
フライトが定刻に着いていても
貨物の確認が取れず、税関窓口が閉まるまでに
通関出来ないなどといったことが
稀にあるので御座います。

もし、火曜日に貨物を引き取れなかった場合
金曜日に成田に行く考えでおりますので
もしかすると、今度の金曜日24日に
臨時にお休みを頂くかも知れません。

ご不便をお掛けするかもしれませんが
何卒、宜しくお願い致します。

因みに到着する貨物は
ドリフトウッド・キャラバン・サーフボード
です。

2017年2月18日土曜日

Davenport The Thing

The Thing
Photo from Davenport's blog

今朝、ダベンポート・サーフボードの
アダムさんからメールがあり
「発送しなければならない板は
スコット・アンダーソン氏の
アクアテック・グラッシングにて
段ボール箱待ちの状態」とのこと。

全てがオンフィンのため
通常のロングボードサイズの箱では入らないようで
箱を発注していているそうで御座います。

アダムさんからスコットさんに確認してもらったところ
「来週には、梱包作業が終わり発送できる」
とのことですので、早ければ今月中に
日本に到着することと思われます。

そして今日、アダムさんにメールを返信する際
ついでに、デモ用の"The Thing”を
オーダーしてしまいました。
長さは9'6"で、巻きはクラシック。
10oz x 6oz x 10ozボランの
クラシックウェイトブランクです。

(シースワローストックの
ダベンポート・サーフボードは
全て、巻きはクラシックで
クラシックウェイトブランクを使用)

The Thingは
ワイドピッグアウトラインに
デビッド・ヌイーヴァロッカー。
10インチ幅の幅広テイルにVeeなど
てんこ盛りのモデル。

ダベンポート・ラインナップの中では
一番深め、長めでノーズコンケイブが
入れられます。

小波でも安定したノーズライドが可能ですので
ぜひ、暖かくなってから開催する
ダベンポート試乗会で、乗ってみて下さいませ。

2017年2月17日金曜日


Nica Mixtape from Davenport Surfboards on Vimeo.

今日、関東、北陸で春一番が吹いたようで
ここ宇都宮でも、少し動くと
若干汗ばむ陽気となっております。

再び、寒気が入ってくるようですが
もう春は、すぐそこまで来ており
少々ウキウキしてしまう今日この頃。

サーフボード、春夏物アパレルなども
動き出すなど、色んな意味で
「ようやくガクブルの冬が終わる」
と、ホッとしている次第で御座います。

また、暖かくなってきたからか
ここにきて、ダベンポート・サーフボードが
気になってしまっている方が多くなっているようで
お問い合わせを頻繁に頂いております。

今や、メールやらSNSなどで写真を共有できる時代。
写真などを巧みに使い、板の感じなどお伝えすることも
出来てしまいますので、遠方からのお問い合わせも
大歓迎で御座います。

お気軽にお問い合わせ下さいませ。
深夜以外は、極力速攻で対応させて頂きます。

2017年2月16日木曜日

2017年2月15日水曜日

ボディーサーフィン



昨日のいつものポイントでの波乗りでは
周りに人がおらず、人が増える感じも無かったので
ノーリーシュでスポンジボードを使用致しました。
(ロング使用時、人がいない時や仲間しかいない時
ノーリーシュで入っております)

「無理だろう・・・」とは分かっていたものの
「この板でノーズ行ったらどうなる?」
なんて思い、ノーズ方面に行ってみたところ
案の定、フィンが抜けて全くコントロールが利かなくなり
豪快にワイプアウト。
あっさり板を流す始末。

大したサイズではなかったのですが
泳ぐのも少々怠いので
何本かの波をボディーサーフィンして
インサイドまで流れた板を取りに行きました。

ボディーサーフィンでは
波待ち中、海上に出るのは首から上だけなので
水温が低い時期には、体が直ぐに冷えてしまうため
寒くなってからは、流れた板を取りに行く時しか
ボディーサーフィンしていない感じで御座います。

エンジョイ・ハンドプレーンを使い
ボディーサーフィンしたい気持ちで一杯の
今日この頃、春が待ち遠しくて仕方がありません。

暖かくなってから開催するダベンポート試乗会には
いつも、各サイズのダ・フィンと
何枚かのハンドプレーンを持って行きますので
試乗して頂く事が可能で御座います。

興味のある方が、いらっしゃいましたら
ぜひ、試乗会にお越し下さいませ。
ボディーサーフィンも体験可能です。

2017年2月14日火曜日

Surfing





本日も、定休日ということで
波乗りに行って参りました。
向かったのは、茨城のいつものポイント。

午前7時半頃、いつも駐車している
有料駐車場4Beacheさんに到着。
思っていたよりも波があり
とっとと着替えて、スポンジボードで
入水致しました。

波のサイズは、ヒザ~モモ位。
風は、若干強めのオフショア。
漁船によるヨレと、風によるザワつきがあったものの
全然出来るコンディション。

3時間半程入水しましたが
日差しの勢いが増してきたからか
身体が冷え切ることは無く
気持ち良く波乗りすることが出来ました。

ここで、スポンジボードについて少々。
最近使用しているスポンジボードは
上に貼らせて頂いた写真に写る9'0"トライフィン。
フィンは、ソフトフィンのためグニャグニャです。

初心者の方が、テイクオフの練習をする分には
十分な浮力があり、運動神経の良い方であれば
1回で立つ事が出来るかと思います。

何故に、最近こちらの板を
使用しているのかと申しますと
「スポンジボード流行っているから」とかではなく
ただ単に持っているロングが
現在、この板だけだからなので御座います。

たぶん、今月中には
ダベンポート・サーフボードより
貨物が届くことと思いますので
その貨物の中の一本
"Tatsuo special"を年内使う考えです。

2017年2月13日月曜日

山へ

本日は、第二月曜日ということで
お休みを頂き、スノーサーフに行って参りました。
向かったのは、群馬県片品村。

先週末、関東北部や福島辺りでも雪が降り続き
「もしかしたら、パウダー狙えるかも!?」
なんて思い、気象情報やらスキー場情報を調べ
片品村に行くことに致しました。

2代目シースワロー号のVOLVO 240で
雪道を走行するのは、初めてだったため
少々不安が有りましたが
スタッドレスのみで、雪道をグイグイ上り
リフト運行前にスキー場に到着。

素早く準備を終え、運行が始まったリフトに乗り
コースの状況をチェックしてみたところ
圧雪されていない面ツルのコースもあり
ドキドキしながら、面ツルコースへ・・・

やや重めでは御座いましたが
久々にディープなやつを何本か頂き
午後2時半頃には既に足が痛くなり
スキー場を後に致しました。

明日、波の方は、あまり期待できないようですが
とりあえず海に向かうつもりでおります。

2017年2月11日土曜日

Maren surfboards/マレン・サーフボード

Maren surfboards V-Bottom
Photo from Maren's Tumblr

西日本~東北の日本海側では
雪が降り続いているようで
大変なことになっている地域の方も
沢山いらっしゃることと思います。
事故が多くなっているようですので
雪下ろしや車の運転など
お気を付け下さいませ。

さて本日は、オーストラリア・ヌーサの
マレン・サーフボードタンブラーから
画像を拝借し、貼り付けてみました。

マレンのファウンダーでもありシェイパーでもある
エイドリアン・ノット氏が、持ち上げている板は
Vボトムモデル。
これからハワイへ発送されるそうで御座います。

こちらのモデルは
ショートボードレボリューション期の
ボブ・マクダビッシュ氏"Vボトム"にインスパイアされ
作られたモデル。

マレンでは、ミニシモンズやフィッシュなど
4フィート代~9フィート後半のロングまで
多種多様のモデルをラインナップ。

アーティスト、デザイナイナーといった側面を持つ
エイドリアン・ノット氏だけに
独創的なアイデアがサーフボードにも
詰め込まれています。

2017年2月10日金曜日

Driftwood Caravan/ドリフトウッド・キャラバン







 Rand-Pan
Blue & Green
Driftwood Caravan x Surfing with Friends
For BRAVERY青森

今日、ドリフトウッドキャラバンの
グラハムさんから
「完成したぞ」とのことで、写真を送って頂きました!

何だか乗ってしまうのが勿体なく思えてしまうほど
美しいアートワークです。

グラスワークは、世界的に超人気のレーベルや
皆様が、間違いなく知っているレジェンドシェイパーの
グラスワークも担当しているLights Out Glassing。
いい仕事してます。

2017年2月9日木曜日

enjoy handplanes/エンジョイ・ハンドプレーン

Ed Lewisさん(@enjoyhandplanes)が投稿した動画 -


今日は、多くの地域で雪が降っているようで御座います。
雪が、あまり積もらない地域でも積雪があるようですので
お車の運転など、お気を付け下さいませ。

さて、本日は
先日、エンジョイ・ハンドプレーンのインスタグラムに
アップされていた映像を貼り付けてみました。
こちらのリクレイムドウッドハンドプレーンは
塀などに使われていた木材を再利用しています。

1枚、1枚、切り出しからシェイプ、ラミネート
フィニッシュまで、全て手作業で行われ
サーフボード製作と全く同じ工程を経て作られており
クオリティの高い、ハンドプレーンです。

折れたり、要らなくなって捨てられた
サーフボードを再利用し、ハンドプレーンを作ったのが
最初ですが、現在ではマッシュルームボードや
リクレイムドウッドなど、再利用出来る物を
積極的に利用し"3R"を実践しています。

{リクレイムドウッドの意味は、再利用された木。
3Rは、リサイクル、リユース、リデュースの略。
マッシュルームボードは
農業廃棄物(主にトウモロコシの茎)を
キノコの菌を使って接着させ
接着後に圧縮して作られる板。}

エンジョイ・ハンドプレーンを設立する前
エンジョイの設立者エド・ルイス氏宅に
近所に住むジョン・ペック氏が訪れ
「こんなの面白いんじゃないか?」と
ハンドプレーンを持ってきたことがきっかけとなり
ハンドプレーンの試作が始まりました。

エド・ルイス氏とキップ・デンスロー氏の
2人によって作られるエンジョイ・ハンドプレーン。
彼らの人柄が現われているようで
環境にも、人にも優しいプロダクトとなっております。

日本では、Sea Swallowの他には
Patagonia 
サーフ東京
サーフ千葉
札幌北
仙台
大阪
京都
福岡
でもお取扱い頂いております。

ぜひ、店頭にて手に取って
じっくり眺めてみて下さいませ。
クオリティの高さに驚くことと思います。

2017年2月8日水曜日

used Driftwood Caravan 7'2" Dirty Blade










Origin
Photo from Graham P Day

本日は、usedボードの紹介です。
ドリフトウッド・キャラバン
ダーティーブレード。
7'2" x 22 1/4 x 3

ドリフトウッドのグラハムさんは
60's後半からハルに乗っている
スティーブ・クラウスキー氏と共に、マリブなどで
波乗りし、オリジナルのハルにも乗った事があるそうで
そのスティーブ・クラウスキー氏の”ダート”モデルを手本に
こちらのダーティーブレードモデルを
製作したそうで御座います。

ボードセンターからレイルに向かいボリュームが落とされ
刃のようなレイルに仕上げられており
上に貼らせて頂いた写真でも分かるように
コンベックスボトムが形成されております。

乗った感じは、ハル特有の面に張り付くような乗り味と
セクションからセクションへスルスルと抜けていく
スピード感が心地良く、病み付きになってしまいます。

いつもシースワローブログをご覧頂いている方は
ご存知かと思われますが、こちらの板は
カリフォルニアに行った際、現地で受け取り
使用していた板で御座います。
日本に戻ってから使用した回数も含め
10回程度の使用。

いつも半年ほど使用した後、デモボードを販売するため
お客様より「あまり調子良くないのですか?」
と聞かれる事が、しばしば御座います!?
調子悪いから販売するのではなく
「良い状態のうちに販売したい」
といった想いがあるので御座います。

「出来る事なら、ずっと持っていたい」
と思ってはいるものの
「商いとして板を扱っている以上
中古も流通させていかなければ
より多くの方々に良さが伝わらない」とも思うのです。

そして、肝心な板の状態は
使用に伴うフットマークが見られるのと
ボトムに極浅い凹みが3箇所御座います。
うち2か所は、クモの巣状のヒビを伴っておりますが
マーさんの手によりリペア済み。
もう1カ所の凹みは、ヒビなど無く
リペアの必要も御座いません。

実は・・・
リペアして頂いたのをすっかり忘れてしまっており
「凹みの中のヒビに何か盛ってある!?」
と不思議に思っていたところ
マーさんにリペアして頂いたこと
カリフォルニアから板を持ち帰る輸送中に凹まされたことを
今朝、思い出しました・・・

そんな訳で
昨日、インスタグラムよりお問い合わせ頂いた方々には
凹みについてお知らせ致しましたが
リペアしてあることをお伝えしておりません・・・
正確な情報をお伝えせず、申し訳御座いませんでした!!

すでにオンラインストアへアップしておりますので
気になる方が、いらしゃいましたら
こちら↓をチェックしてみて下さいませ。

2017年2月7日火曜日

Surfing








すでに2月では御座いますが
今年「波乗りした!」と思えるような波に当たっておらず
本日も朝一に入水し、波を追いかけてはみたものの
大して波に乗ることが出来ず、惨敗!?
次回に期待で御座います。

今日は、午前2時30分に目が覚めてしまい
1時間程、布団の中で眠気が訪れるのを待機・・・
しかし、完全に目が覚めてしまい
海に向かってしまうことに致しました。

急いでも仕方がないので、下道をゆっくり走り
午前5時半頃、いつものポイントに到着。
うっすら海が見えたので、車内から波を眺めていたところ
かなり長いセット間隔で、腹前後のサイズ。
風は、朝のうち吹いてなく
面が整っておりました。

「何とか出来るか!?」と思い
ドリフトウッド・キャラバン・ダーティーブレードにて入水。
が、いざ入水してみると、トロ速い波のため
なかなか行くに行けず
ショートライド中心の波乗り。

そんな訳で、2時間程で切り上げ
久しぶりに阿字ヶ浦へ・・・

「あの頃の阿字ヶ浦で、もう一回波乗りしたい・・・」
と思いながら、ちょこっと阿字ヶ浦を眺め
宇都宮に戻って参りました。
タイムマシンが有れば、何とかしたいと思う
今日この頃で御座います。

2017年2月6日月曜日

明日

ここのところ、日差しに春を感じられ
寒さが和らいでいるようでは御座いますが
今日から明日にかけて冬型の気圧配置となり
北風が強く吹くそうで御座います。

明日は、火曜日ということで
茨城のいつものポイントへ波乗りに行く予定。
確か、先週の火曜日も冬型が強まって
北風ビュービューだったような気が・・・

オフショアによって、どれ位ウネリが抑えられるか
さっぱり見当が付きませんが
とりあえず、ドリフトウッドキャラバンのミニシモンズ
5'10"シムモデルとディスプレイスメントハルの
7'2"ダーティーブレードモデルをシースワロー号に積み込み
海へ向かう予定です。

現在、今シーズン使用するつもりの
ダベンポート・Tatsuo special待ちのため
使えるロングが無く
短めの板で何とか凌いでおります。

そして、Tatsuo specialは
お客様からオーダー頂いている板
ストック分の板と共に
スコット・アンダーソン氏のファクトリー
アクアテックグラッシングにて
梱包待ちの状態になっており
アダムさんがファクトリーに持ち込んでから
すでに2週間が経過致しました。

お待ち頂いているお客様も
「まだ届かないのか・・・」
と、モヤモヤしていることと思います。
どうか忍耐で乗り切って下さいませ!!
現地でのピックアップが済みましたら
再びお知らせ致します。

そんな訳で、明日は一瞬でも色々忘れるべく
めちゃめちゃ身体を動かしてくるつもりです。
見かけましたら、お気軽に声をお掛け下さいませ。